岩崎達郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「岩﨑達郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
岩﨑 達郎
中日ドラゴンズ #0
Iwasaki tatsuro.jpg
 楽天時代
2013年7月31日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市瀬谷区
生年月日 (1984-12-28) 1984年12月28日(32歳)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2006年 大学生・社会人ドラフト5巡目
初出場 2008年6月22日
年俸 400万円(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩﨑 達郎(いわさき たつろう、1984年12月28日 - )は、中日ドラゴンズに所属する神奈川県横浜市瀬谷区出身のプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

横浜商大高から社会人野球新日本石油ENEOSを経て、二塁手遊撃手の守備を評価され、2006年大学・社会人ドラフト中日ドラゴンズに5巡目で指名された。プロ入り以降は守備の人のイメージが強いが、高校通算41本塁打を記録している。

中日時代[編集]

中日時代

2007年は、レギュラーシーズンでは一軍昇格は無かったものの、正遊撃手の井端弘和がシリーズ前にケガをし、状態に不安があるため、バックアップとしてクライマックスシリーズ第1ステージを前にした10月13日に、初の一軍昇格を果たした。10月18日の同クライマックスシリーズ第2ステージ第1戦(巨人戦)の8回に新井良太の代走として一軍戦初出場し、初得点も記録している。

2008年は開幕を二軍で迎えたが、6月17日に井端弘和の故障によりシーズン初の一軍登録。その後井端の復帰で登録抹消されたが、8月に荒木雅博北京五輪へ出場するために再び一軍昇格。荒木のチーム合流で抹消されるも井端が再び怪我をしたためわずか5日で再び一軍に昇格した[1]。その後、井端の復帰で再び抹消されるもシーズン終盤に再び一軍登録されて一軍と二軍を4度も往復した。

2009年から2012年まで春季キャンプでは井端が目の異常で離脱した影響もあり、監督の落合博満から直々にノックを受けた。オープン戦では遊撃手や二塁手として出場し、適時打を放つなど課題である打撃面でも着実に成長が見られ、初の開幕一軍入りを果たす。

2010年9月1日の広島戦(ナゴヤドーム)で大島崇行からプロ入り初本塁打となるサヨナラ2点本塁打を放った[2]。また、このシーズンは開幕から一軍に帯同し続けた。

2011年9月、4歳年下の一般女性と結婚。出場試合数こそ減少したもののスタメン起用が増え、打率も自己最高の.218を記録した。

楽天時代[編集]

2013年3月11日、東北楽天ゴールデンイーグルスへの金銭トレードが発表された[3][4]。公式発表の約1週間前にトレードの報道がなされ、中日監督の高木守道や球団社長もそれを認めた[5]ため、楽天監督の星野仙一から「順番が違う」と苦言を呈された[6]。岩﨑本人は楽天からのトレードのオファーをコーチから聞き「勝負したい」と答えるなど移籍に前向きであった[7]。楽天での背番号は「67」に決まった。 2013年6月27日の西武戦(県営大宮)で、プロ7年目にして初の3安打猛打賞を記録した[8]

2016年には、一軍公式戦への出場機会がなく、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[9]。12月2日、自由契約公示された[10]

中日復帰[編集]

楽天からの戦力外通告後に、中日時代の一軍監督であった落合からの勧め[11]で、中日の秋季キャンプに参加した。参加中に入団テストを受けた結果、2016年11月25日に、育成選手として中日と契約することが球団から発表。5シーズン振りに中日へ復帰することになった、そして7月10日に支配下登録をされることとなった[12]。10月3日に球団から戦力外通告を受けた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 中日 20 19 18 3 1 1 0 0 2 0 1 0 1 0 0 0 0 1 0 .056 .056 .111 .167
2009 19 14 11 0 2 0 0 0 2 0 0 1 1 0 2 0 0 2 0 .182 .308 .182 .490
2010 78 85 60 13 11 2 0 1 16 4 3 2 17 0 8 0 0 13 0 .183 .279 .267 .546
2011 51 91 78 9 17 3 1 0 22 3 0 1 6 0 7 0 0 13 1 .218 .282 .282 .564
2012 36 24 20 5 2 0 0 0 2 1 0 0 2 0 2 0 0 3 1 .100 .182 .100 .282
2013 楽天 74 112 101 17 22 5 0 0 27 12 0 2 5 1 5 0 0 18 3 .218 .252 .267 .519
2014 56 63 54 8 10 2 1 0 14 7 0 1 3 0 5 0 1 12 1 .185 .267 .259 .526
2015 44 42 38 5 10 1 0 0 11 6 0 0 2 0 2 0 0 12 0 .263 .300 .289 .589
通算:8年 378 450 380 60 75 14 2 1 96 33 4 7 37 1 31 0 1 74 6 .197 .259 .253 .512
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

内野守備

遊撃:7季 二塁:8季 三塁:7季 一塁:2季
















































2008 7 2 4 0 1 1.000 10 10 22 0 2 1.000 - -
2009 - 5 10 5 0 1 1.000 3 1 1 0 0 1.000 -
2010 15 8 21 1 7 .967 57 45 70 0 17 1.000 1 0 0 0 0 .000 -
2011 36 32 72 4 12 .963 4 2 5 0 2 1.000 10 0 5 1 0 .833 -
2012 8 2 8 1 3 .909 7 7 12 0 2 1.000 3 0 0 0 0 .000 -
2013 44 25 57 4 8 .953 17 20 27 1 7 .979 14 1 12 1 1 .929 -
2014 7 8 7 0 2 1.000 9 11 7 0 1 1.000 26 9 15 1 2 .960 10 29 1 0 4 1.000
2015 17 15 21 0 4 1.000 6 7 17 0 5 1.000 7 1 3 0 0 1.000 3 12 0 0 3 1.000
通算 134 91 191 10 37 .966 115 112 165 1 37 .996 64 12 36 3 3 .941 13 41 1 0 7 1.000
外野守備

外野:3季












2009 1 2 0 0 0 1.000
2014 1 1 0 0 0 1.000
2015 2 1 0 0 0 1.000
通算 4 4 0 0 0 1.000
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (2007年 - 2012年)
  • 67 (2013年 - 2016年)
  • 206 (2017年 - 同年7月9日)
  • 0 (2017年7月10日 - 同年終了)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本来、日本プロ野球の出場選手登録では抹消後10日間は再登録できないことになっているが、北京五輪による特例措置で再登録することができた。
  2. ^ 失敗帳消し!?中日4年目の守備固め要員 初本塁打がサヨナラ弾スポーツニッポン 2010年9月2日
  3. ^ 岩崎達郎選手トレードのお知らせ”. 中日ドラゴンズ (2013年3月11日). 2013年3月11日閲覧。
  4. ^ 金銭トレードに関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年3月11日). 2013年3月11日閲覧。
  5. ^ “岩崎達のトレード了承、楽天側は明らかにせず”. SANSPO.COM. (2013年3月3日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130303/dra13030320500003-n1.html 2013年3月11日閲覧。 
  6. ^ “星野監督 トレード情報先行の中日に不快感「何も決まってない」”. Sponichi Annex. (2013年3月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/05/kiji/K20130305005321810.html 2013年3月11日閲覧。 
  7. ^ “岩崎達なぜ放出?中日内部でも異論”. 東スポWeb. (2013年3月7日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/116336/ 2013年3月11日閲覧。 
  8. ^ “「守備の人」楽天岩崎プロ初の猛打賞”. nikkansports.com. (2013年6月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130628-1149004.html 
  9. ^ 来季の選手契約に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  10. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  11. ^ “楽天戦力外の岩崎が中日と育成契約 5年ぶり復帰”. 日刊スポーツ. (2016年11月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1743062.html 2016年11月25日閲覧。 
  12. ^ “楽天戦力外の岩崎、育成契約で5年ぶり中日復帰「戻ってこれてよかった」”. スポニチアネックス. (2016年11月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/25/kiji/K20161125013789880.html 2016年11月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]