小松剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小松 剛
[[ファイル:
小松剛
|275px]]
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県室戸市
生年月日 (1986-09-26) 1986年9月26日(31歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト3位
初出場 NPB / 2009年4月19日
最終出場 NPB / 2010年5月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
派遣歴

小松 剛(こまつ たけし、1986年9月26日 - )は、高知県室戸市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。広島東洋カープの一軍広報を経て2018年シーズンからは2軍マネージャー兼広報に就任。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

1986年に高知県高知市で生まれる。小学3年生の時に室戸市へ転居すると、室戸市で知り合った友人の影響で野球を始める。小学5年生から投手を始め、室戸市立佐喜浜中学校を経て高知県立室戸高等学校に進学、3年生でエース主将を務めた。

高校卒業後は法政大学へ進学し、2年春にリーグ戦デビューするといきなり3勝を挙げ、優勝決定戦でも完投して胴上げ投手となった。その後もチームの主戦投手の一角を任せられるが勝ち星が伸び悩み、4年生秋期では背筋痛で出遅れるが、対早稲田大学1回戦で斎藤佑樹に完投勝利するなど、復調した。リーグ通算42試合登板で11勝16敗・防御率2.82、195奪三振。

2008年のドラフト会議において、広島東洋カープから3位指名を受け、入団。同年11月17日に契約金8000万円・年俸1200万円(金額は推定)で仮契約した。背番号は41

プロ入り後[編集]

2009年4月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で3番手としてプロ初登板を果たすと、2回を投げて1失点に抑えた。同年5月17日の対読売ジャイアンツ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)でプロ初先発、7回をソロ本塁打による1失点に抑えるも打線の援護がなく勝ち星がつかなかった。次の登板となった同年5月24日の対埼玉西武ライオンズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では5回5失点と乱調も、打線の援護によってプロ初勝利を果たした。シーズン前半は主に先発として起用されたが、後半戦は篠田純平コルビー・ルイス前田健太の活躍によって出番が減り、中継ぎとして起用される。中継ぎでも不安定な投球が続いたが5勝を上げるなど、シーズン通して一軍に帯同した。同年12月9日に、大学時代の1学年先輩の女性と入籍。

2010年4月4日の対読売ジャイアンツ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で先発するが、長野久義にプロ第1号本塁打を場外まで運ばれるなど調子を落とし、同年は一軍定着すら果たせないまま、5試合の登板に終わった。

2011年から2012年までは一軍登板がなく、同年10月3日に球団から戦力外通告を受けたが、育成選手としての再契約を打診され[1]、同年11月13日に育成選手として再契約したことが発表された[2]。背番号は141となる。

2013年四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックスに派遣され[3]、先発の柱として、チーム2位の9勝をマーク。徳島の後期優勝に大きく貢献した。しかし、10月29日に戦力外通告を受け[4]10月31日、自由契約公示された[5]。その後、現役を引退し、カープ球団広報に転身した。2018年シーズンからは2軍マネージャー兼広報に就任。

選手としての特徴[編集]

最速149km/hの速球とスライダー、さらに落差の大きいフォークボールを主な持ち球としている。他にも縦に割れるカーブカットボールシュートも投げる本格派速球投手である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 広島 25 7 0 0 0 5 3 0 0 .625 271 60.0 75 9 19 2 4 41 3 0 37 35 5.25 1.57
2010 5 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 110 22.2 36 5 8 0 1 19 1 0 21 20 7.94 1.95
通算:2年 30 12 0 0 0 6 6 0 0 .500 381 82.2 111 14 27 2 5 60 4 0 58 55 5.99 1.67

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初打席・初安打:2009年5月17日、対読売ジャイアンツ9回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回裏に東野峻から中前安打

独立リーグでの投手成績[編集]












































2013 徳島 2.62 18 9 2 0 2 1 1 116.2 491 105 4 81 39 3 46 34 5 1
通算:1年 2.62 18 9 2 0 2 1 1 116.2 491 105 4 81 39 3 46 34 5 1

背番号[編集]

  • 41 (2009年 - 2012年)
  • 141 (2013年)
  • 34 (2013年) ※徳島インディゴソックスでの背番号

脚注[編集]

  1. ^ “【広島】末永、小松、永川弟らを戦力外”. 日刊スポーツ. (2012年10月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121003-1027104.html 2012年10月6日閲覧。 
  2. ^ “【広島】戦力外小松が育成で再契約”. 日刊スポーツ. (2012年11月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121113-1046428.html 2012年11月15日閲覧。 
  3. ^ 広島東洋カープより育成選手派遣のお知らせ 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2013年3月22日)
  4. ^ 来季の選手契約について 広島東洋カープ公式サイト(2013年10月29日配信)2013年11月3日閲覧。
  5. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]