山田康太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田 康太 Football pictogram.svg
名前
愛称 こうた,プリンス,ヤマのプリンス
カタカナ ヤマダ コウタ
ラテン文字 YAMADA Kota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-07-10) 1999年7月10日(23歳)
出身地 神奈川県
身長 175cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 モンテディオ山形
ポジション MF/ FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2018-2021 横浜F・マリノス 9 (1)
2019 名古屋グランパス (loan) 0 (0)
2020 水戸ホーリーホック (loan) 35 (3)
2021 モンテディオ山形 (loan) 42 (8)
2022 モンテディオ山形 35 (5)
2023- 柏レイソル
1. 国内リーグ戦に限る。2022年11月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山田 康太(やまだ こうた、1999年7月10日 - )は、神奈川県出身のプロサッカー選手Jリーグ柏レイソル所属。ポジションはミッドフィールダー

略歴[編集]

2017年に横浜F・マリノスのトップチームに2種登録選手に登録されると5月3日のJリーグカップでトップチームを経験[1]。9月4日、翌シーズンのトップチーム昇格が発表された。

2018年、横浜F・マリノスへ入団。3月14日、Jリーグカップ第2節のベガルタ仙台戦でプロとして公式戦初出場[2]。4月28日、リーグ第11節の鹿島アントラーズ戦に先発出場し、J1リーグデビュー[3]。6月5日、先述の鹿島戦で規定の出場時間を満たしたため、プロA契約を締結[4]。7月23日、第17節のFC東京戦でリーグ戦初得点を決めた[5]

2019年6月23日、第16節の松本山雅FC戦で今季初出場を果たした[6]。同年8月13日、名古屋グランパスへの期限付き移籍が発表された[7]

2019年12月26日、水戸ホーリーホックに期限付き移籍を発表した。

2020年12月24日、モンテディオ山形への期限付き移籍が発表された[8]。2021年6月26日、J2第20節・ツエーゲン金沢戦の前半9分の自身のゴールが6月度J2月間ベストゴールに選出された[9]。また、山形ではシーズン通してレギュラーで活躍した。

2021年12月24日、モンテディオ山形への完全移籍が発表された[10]。 2022年4月17日、J2第10節・町田ゼルビア戦の後半35分の自身のゴールが4月度J2月間ベストゴールに選出された[11]

2022年11月24日、柏レイソルへの完全移籍が発表された[12]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 横浜FM 41 J1 0 0 2 0 1 0 3 0
2018 38 8 1 7 0 0 0 15 1
2019 14 1 0 5 0 1 0 7 0
名古屋 38 0 0 0 0 0 0 0 0
2020 水戸 7 J2 35 3 - - 35 3
2021 山形 14 42 8 - 1 0 43 8
2022 10 35 5 - 0 0 35 5
2023 J1
通算 日本 J1 9 1 14 0 2 0 25 1
日本 J2 112 16 - 1 0 113 16
総通算 121 17 14 0 3 0 138 17
その他の公式戦
出場歴

タイトル[編集]

代表[編集]

神奈川県選抜
個人[編集]
  • J2月間ベストゴール : 2回 (2021年6月、2022年4月)

代表歴[編集]

  • U-18日本代表
    • U18リスボン国際トーナメント(2017年)
    • U19-Four Nations(2017年)
  • U-19日本代表
    • インドネシア遠征(2018年)
    • ロシア遠征(2018年)
    • メキシコ遠征(2018年)
    • AFC U-19選手権(2018年)
    • ブラジル遠征(2018年)
  • U-20日本代表

脚注[編集]

  1. ^ プレミアリーグEAST 際立つプレー、トップ公式戦出場、周囲の高評価もMF山田康太が何より欲する横浜FMユースの白星ゲキサカ(2017年5月7日)
  2. ^ 板倉退場も…仙台、GK川浪が好セーブ連発!吉尾躍動の横浜FMとスコアレスドローゲキサカ(2018年3月14日)
  3. ^ 「一つの夢だった」横浜FMの18歳ルーキー山田康太が本拠で“満点デビュー"ゲキサカ(2018年4月28日)
  4. ^ 横浜FM、MF山田康太とのプロA契約締結を発表「さらなる飛躍を目指します」”. 超ワールドサッカー (2018年6月5日). 2018年6月5日閲覧。
  5. ^ 東京五輪世代のFC東京・岡崎&横浜FM・山田がそろってリーグ戦初ゴールゲキサカ(2018年7月23日)
  6. ^ “インパクト”求めるも、あえて下がった横浜FM山田康太「相手を見てみようと…」ゲキサカ(2019年6月23日)2019年6月23日閲覧。
  7. ^ 山田 康太選手、期限付き移籍加入のお知らせ名古屋グランパス(2019年8月13日)2019年8月13日閲覧。
  8. ^ “山田康太選手 期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), モンテディオ山形, (2020年12月24日), https://www.montedioyamagata.jp/news/p/10783/ 2021年1月1日閲覧。 
  9. ^ J2受賞者 モンテディオ山形 MF14山田 康太:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール” (日本語). Jリーグ.jp. 2022年12月3日閲覧。
  10. ^ “山田 康太選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), モンテディオ山形, (2021年12月24日), https://www.montedioyamagata.jp/news/p/11311/ 2021年12月24日閲覧。 
  11. ^ J2月間ベストゴール受賞者 モンテディオ山形 MF 10 山田康太” (日本語). Jリーグ.jp. 2022年11月24日閲覧。
  12. ^ “山田 康太選手 移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 柏レイソル, (2022年11月24日), https://www.reysol.co.jp/news/topteam/035384.html 2022年11月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]