山口ケーブルビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口ケーブルビジョン本社(増築前)。1階は「ぱそら」(2007年3月)
山口ケーブルビジョン
基本情報
団体名 株式会社山口ケーブルビジョン
コミュニティ
チャンネル愛称
C-able
MSO 独立
系列 独立
メインセンター所在地
〒753-8538
山口県山口市中園町7番40号
デジタル放送上位事業者 JC-HITS(ジャパンケーブルキャスト株式会社)
開局年月日 1993年12月21日
エリア内地方自治体
4 市(政令指定都市を除く)
配信チャンネル数
地上波放送 7 Ch
(うち、地上波区域内数 5 Ch、地上波区域外数 2 Ch)
BS放送 12 Ch
CS放送 91 Ch
自主放送 1 Ch
地デジ自主放送 ()
ラジオ放送 2 Ch
通信サービス種別
インターネット接続 あり
プライマリ電話 あり
公式ホームページ
トップページ
テンプレートを表示

山口ケーブルビジョン株式会社(やまぐちケーブルビジョン)は、山口県山口市に本社がある、山口県央部をサービスエリアとする中四国最大のケーブルテレビ局である。通称 "C-able"(シー・エイブル)

概要[編集]

山口市及び周辺の自治体と民間企業との出資による第三セクターとして、1984年に設立された。

元々は山間部の難視聴対策を目的としているが、他県のテレビ局の電波を受信できるエリアが多い山口県にあって、山口県内波以外の受信が困難である県央部の大部分での視聴対策の意味合いもある。特に、(県内に系列局のない)FNNTXN系列の番組が、通常では受信できないことが多い。このような事情もあって、サービスエリア内の加入率は80%を超えている。

県域地上波テレビ局(TBS系列)であるテレビ山口とは、同じ山口トヨタ自動車の系列傘下。県域民放FM局であるエフエム山口とは、業務提携関係にある。また読売新聞西部本社も株主のひとつで関係が強い。

沿革[編集]

  • 1984年(昭和59年)5月14日 - 会社設立。
  • 1993年(平成5年)
    • 4月5日 - 有線テレビジョン放送施設設置許可取得。
    • 12月21日 - ケーブルテレビ事業を開始。
  • 2000年(平成12年)11月17日 - 第一種電気通信事業許可取得。
  • 2001年(平成13年)
    • 2月1日 - ケーブルインターネット接続サービス事業を開始。
    • 5月 - BSデジタル放送(トランスモジュレーション方式)のサービス開始。
  • 2003年(平成15年)12月 - ケーブルインターネット接続サービス広帯域化完了。
  • 2005年(平成17年)7月 - 「JC-HITS」を用いたデジタル放送サービス開始。
  • 2006年(平成18年)
    • 4月7日 - セキュリティ認定「P」マーク取得。
    • 10月1日 - 地上デジタル放送(パススルー方式)のサービス開始。
  • 2007年(平成19年)3月6日 - セキュリティ認定「安全・安心」マーク取得。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月 - 旧阿東町でケーブルテレビ事業を開始。地元県域局である山口放送の再送信が行われないままの開局となった[1]。当初は2007年6月末の開局を予定していたが、山口放送と山口朝日放送、福岡県域局5局が再送信に反対したため開局が延期されていた[2]
    • 5月12日 - 旧阿東町で山口放送の再送信を開始[3]
    • 8月7日 - 旧阿東町でテレビ西日本のアナログ区域外再放送を開始[4]
    • 8月24日 - プライマリ電話サービス「ケーブルプラス電話」を用いた『C-able電話』サービス開始。
    • 11月10日 - テレビ西日本のデジタル区域外再放送を開始。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - 現社屋横に2号棟が完成。美祢市有線テレビから業務を委託される。
    • 12月 - 美祢市(旧美祢市域)でインターネット接続サービス事業を開始。
  • 2010年(平成22年)
    • 6月28日 - 「JC-data」を利用したデータ放送をコミュニティチャンネルで開始。
    • 11月17日 - 秋芳町有線放送(美祢市秋芳町内の有線放送事業)でインターネット接続サービス事業を開始。
  • 2011年(平成23年)

今後の予定[編集]

  • 2015年(平成27年)3月31日 - 地上放送デジアナ変換暫定的提供の終了予定。

主な放送チャンネル[編集]

地上波系列別再送信局[編集]

NHK-G NHK-E NTV ANN JNN TXN FNS JAITS
NHK山口 NHK山口 山口放送 山口朝日放送 テレビ山口 TVQ九州放送 テレビ西日本

テレビ局[編集]

  • 2016年9月1日現在。
  • デジタル放送はJC-HITS経由のパススルー方式を採用している(ただしデジタルBS/CSは全局セットトップボックスが必要)。
  • 地上デジタル・BSデジタル以外のデジタルチャンネル表記は、特に表記ない場合『CATV###』(詳細は公式サイト参照)
デジアナ
変換[6]
デジタル
チャンネル
放送局 備考
1 011 NHK山口総合
2 021 NHK山口Eテレ
3 031 テレビ山口 Gガイドホスト局
4 041 山口放送
5 051 山口朝日放送
6 071 TVQ九州放送
10 081 テレビ西日本
12 012(HD)
J701(SD)
C-able 山口ケーブルビジョン 自主放送チャンネル
C13 BS101 - 102 NHK BS1
C22 BS103 - 104 NHK BSプレミアム
C16 BS141 - 143 BS日テレ
C17 BS151 - 153 BS朝日
C18 BS161 - 163 BS-TBS
C21 BS171 - 173 BSジャパン
C20 BS181 - 183 BSフジ
BS191 WOWOWプライム
BS192 WOWOWライブ
BS193 WOWOWシネマ
BS200 スター・チャンネル 1
BS201 スター・チャンネル 2
BS202 スター・チャンネル 3
BS211 BS11
BS222 TwellV
BS231 - 233(テレビ)
BS531(ラジオ)
放送大学
J115(HD) パーフェクトチョイスプレミアム2
J162(HD) パーフェクトチョイスプレミアム1
J513(HD) フジテレビNEXT
J514(HD)
J739(SD)
フジテレビONE
J515(HD)
J721(SD)
フジテレビTWO
J522(HD)
J722(SD)
MONDO TV
J523(HD)
J723(SD)
アクトオンTV◆大人の趣味とライフスタイル
J524(HD)
J724(SD)
囲碁・将棋チャンネル
J525(HD)
J725(SD)
女性チャンネル♪LaLa TV
J529(HD)
J729(SD)
旅チャンネル
J530(HD)
J730(SD)
J sports 3
J531(HD)
J731(SD)
J sports 1
J532(HD)
J732(SD)
J sports 2
J533(HD) J sports 4
J534(HD)
J734(SD)
スカイ・A sports+
J535(HD)
J735(SD)
GAORA
C29 J536(HD) 日テレG+
J537(HD)
J737(SD)
ゴルフネットワーク
J538(HD) FOXスポーツ&エンターテイメント
J540(HD) FOXクラシック
J541(HD)
J741(SD)
釣りビジョン
J546(HD)
J718(SD)
IMAGICA BS
J547(HD)
J747(SD)
KBS WORLD J717chでの放送は、2016年6月30日で終了
J548(HD)
J748(SD)
チャンネル銀河
J549(HD)
J749(SD)
アジアドラマチックTV★So-net
J550(HD)
J750(SD)
チャンネルNECO
C30 J551(HD) ファミリー劇場
J552(HD)
J752(SD)
日本映画専門チャンネル
J553(HD)
J753(SD)
時代劇専門チャンネル
J554(HD)
J754(SD)
FOX
J555(HD)
J755(SD)
スーパー!ドラマTV
J556(HD)
J756(SD)
ムービープラス
J557(HD)
J757(SD)
AXN
J558(HD)
J758(SD)
AXNミステリー
J559(HD) ザ・シネマ
J561(HD) KNTV
J562(HD) TBSチャンネル2
J563(HD) 衛星劇場
J564(HD) 東映チャンネル
J565(HD) TBSチャンネル1
J566(HD)
J766(SD)
テレ朝チャンネル1
J567(HD)
J767(SD)
日テレプラス
J568(HD)
J768(SD)
ホームドラマチャンネル
J569(HD)
J769(SD)
V☆パラダイス
J570(HD)
J770(SD)
スペースシャワーTV
J571(HD)
J771(SD)
Mnet Japan
J572(HD) MTV
J573(HD)
J773(SD)
M-ON!
J574(HD)
J774(SD)
歌謡ポップスチャンネル
J575(HD) クラシカ・ジャパン
J580(HD)
J780(SD)
カートゥーン ネットワーク
C14 J581(HD) キッズステーション
J582(HD) アニマックス
J583(HD) AT-X
J590(HD)
J790(SD)
日経CNBC
J591(HD)
J791(SD)
BBCワールドニュース
J592(HD)
J792(SD)
CNNj
J594(HD)
J794(SD)
TBSニュースバード
J595(HD)
J795(SD)
テレ朝チャンネル2(旧・朝日ニュースター)
J596(HD)
J796(SD)
ディスカバリーチャンネル
J597(HD)
J797(SD)
アニマルプラネット
J598(HD)
J798(SD)
ヒストリーチャンネル
J599(HD) ナショナルジオグラフィックチャンネル
J700 チャンネル700
C19 J702 MALL OF TV
C23 J710 ショップチャンネル
J711 QVC
C15 J712 ウェザーニューズ BS910chにてデータ放送を実施。
(BS910chでの放送は、2016年9月30日で放送終了予定)
J716 スペシャプラス
J720 食と旅のフーディーズTV 2016年4月30日24時(JST)で放送終了
J789 TV5MONDE
J793 日テレNEWS24
J812 SPEEDチャンネル1
J820(HD) グリーンチャンネル1
J821(HD) グリーンチャンネル2
J851 SPEEDチャンネル2
J852 SPEEDチャンネル3
J853 レジャーチャンネル1
J854 レジャーチャンネル2
J855 レジャーチャンネル3
J856 レジャーチャンネル4
J857 ベターライフチャンネル
J859 FIGHTING TV サムライ
J950 プレイボーイチャンネル
J951 レインボーチャンネル
J952 ミッドナイトブルー
J953 パラダイステレビ
J954 ピンクチェリー

地上デジタル放送への対応[編集]

総務省の要請に応じ、アナログ(デジアナ変換)サービスを2015年3月末まで実施予定[7]。2011年5月20日に総務省から発表された資料[8]によると、「デジアナ変換」を実施する予定日及び視聴可能チャンネルは「未定」と発表されたが、7月24日にNHK山口総合、NHK山口教育山口放送テレビ山口山口朝日放送テレビ西日本TVQ九州放送と自主製作番組のデジアナ変換が開始された。

アナログでは5局全ての再送信を行っていた在福民放局については、九州朝日放送RKB毎日放送福岡放送のデジタル区域外再放送J:COM 下関以外開始されておらず、県内に系列局が存在しないテレビ西日本、TVQ九州放送のみ視聴可能である。

山口ケーブルビジョンは再送信同意に係る総務大臣裁定について総務省に申請[9][10]し、総務省は2011年6月21日に当ケーブルテレビ局からの再送信同意に係る裁定申請についてはテレビ西日本以外の在福4局[11]も同意すべきとの大臣裁定が出された[12]。これについては日本民間放送連盟広瀬道貞会長の話として「“無秩序な区域外再放送”が容認されたことは極めて遺憾」とのコメントを発表している[13]。TVQ九州放送のデジタル再送信は同年7月24日に開始された。中止した在福3局について、裁定[14][15]当事者間で「協議を進めてきた」と宇部市長が2012年6月に議会答弁[16]した。同年9月に防府市長も同じ内容の答弁をし「引き続き当事者間の協議を見守っていきたい」との考えを示したのに対し、協議していないことを市議会議員が指摘[17]したが、再送信(放送)は始まらなかった。

ラジオ局[編集]

MHz 放送局
82.1 FM山口
85.9 NHK山口FM

地域情報サービス[編集]

高齢者家庭向けに「ライフチャンネルサービス」を試験実施中[18]日本電気 (NEC) の開発した地域情報システム「テレとも」を利用するもので、テレビ電話サービス・ショッピングサービス・見守りサービスなどを行っており、一般的なビデオ・オン・デマンドとはやや異なる。

主な自社制作番組[編集]

開局当初は山口市、旧小郡町の広報番組などの制作にとどまっていたが、現社屋に移転した頃から番組制作が活発となる。また、社屋移転の直前頃からCMの放送も開始した。情報番組だけでなく、ケーブルテレビでありながらバラエティや音楽番組なども制作している。日本国内にあるその他の地方ケーブルテレビ局と比べても、格段に制作率が高い。

主な番組は下記のとおり。

  • 市広報番組
    • 発見! やまぐち(山口市
    • ほうふほっとライン(防府市
    • やっちょる!でちょる!みんなのテレビ(山口市市民活動支援センター)
    • 宇部発信!ウチの商品、ウチのサービス!!(宇部観光コンベンション協会)
    • やまぐちものづくりtv山口県

  • 情報番組
    • 地元ユーセン 週刊C-スタジオ
    • まちかどNEWS
  • 音楽番組
    • バンドの花道〜ケンコ寛子〜
    • 山口でうまれた歌
  • バラエティ番組
    • にんげんのGO!
  • ドキュメンタリー番組
    • 維新碑探訪〜長州人の生きた道

過去に放送していた自社制作番組[編集]

  • 情報番組
    • えぶり・あい
    • 週刊なんでもジョッキー
    • 知っちょる通信
    • ネッチリ!
    • ソレ~ネ!〜こちら中園町7番地情報局〜

マスコットキャラクター[編集]

  • しいちゃん(2006年7月 - ) - テレビ(モニター)をモチーフとしたキャラクター。名前は「C-able」の「C」から。

脚注[編集]

  1. ^ 阿東町役場企画課『広報あとう』2008年12月号 (PDF) p.2
  2. ^ 阿東町議会『あむ 阿東町広報』2007年6月定例議会号 (PDF) pp.4-5
  3. ^ 阿東町役場企画課『広報あとう』2008年7月号 (PDF) p.4
  4. ^ 阿東町役場企画課『広報あとう』2008年12月号 (PDF) p.3
  5. ^ 美祢市議会平成23年12月7日総務企業委員会会議録15~17ページ
  6. ^ 2015年3月31日まで。
  7. ^ “「デジアナ変換」を実施するケーブルテレビ事業者の決定状況(第2回目決定状況)” (プレスリリース), 総務省, (2010年12月22日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu12_01000002.html 2011年1月3日閲覧。 
  8. ^ “「デジアナ変換」を実施するケーブルテレビ事業者の公表” (プレスリリース), 総務省, (2011年5月20日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu12_01000009.html 2011年5月20日閲覧。 
  9. ^ 美祢市議会平成22年第4回定例会本会議(第1日)会議録23~24ページ
  10. ^ 美祢市議会平成22年12月7日総務企業委員会会議録6~9ページ
  11. ^ 当時TVQ九州放送の再送信は開始されていなかった。
  12. ^ “高知県及び山口県の有線テレビジョン放送事業者3者からの再送信同意に係る裁定申請に関する情報通信行政・郵政行政審議会からの答申” (プレスリリース), 総務省情報流通行政局衛星・地域放送課, (2011年6月20日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu12_01000013.html 2011年7月1日閲覧。 
  13. ^ “2011年06月20日 (報道発表)ケーブルテレビ区域外再放送の「大臣裁定」答申に関する会長コメント” (プレスリリース), 日本民間放送連盟, (2011年6月20日), http://www.nab.or.jp/index.php?2011%C7%AF06%B7%EE20%C6%FC%20%A1%CA%CA%F3%C6%BB%C8%AF%C9%BD%A1%CB%A5%B1%A1%BC%A5%D6%A5%EB%A5%C6%A5%EC%A5%D3%B6%E8%B0%E8%B3%B0%BA%C6%C1%F7%BF%AE%A4%CE%8E%A2%C2%E7%BF%C3%BA%DB%C4%EA%A1%D7%C5%FA%BF%BD%A4%CB%B4%D8%A4%B9%A4%EB%B2%F1%C4%B9%A5%B3%A5%E1%A5%F3%A5%C8 2011年7月1日閲覧。 
  14. ^ 美祢市議会平成23年第2回定例会本会議(第4日)会議録3~4ページ
  15. ^ 美祢市議会平成23年第4回定例会本会議(第4日)会議録17ページ
  16. ^ 宇部市議会平成24年6月定例会(第2回)会議録232ページのキャッシュ
  17. ^ 防府市議会平成24年第4回定例会(9月13日)会議録142~146ページ
  18. ^ “地域情報システム「テレとも」を山口ケーブルビジョンに納入” (プレスリリース), 日本電気株式会社, (2010年5月27日), http://www.nec.co.jp/press/ja/1005/2701.html 2011年1月3日閲覧。 
  19. ^ アニメ、ゲームを深くマニアックに取り上げた番組。低予算ながら高橋名人桂正和が出演した事もあった。
  20. ^ テレビ山口エフエム山口との3社共同制作番組。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]