久保田后子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久保田 后子
くぼた きみこ
生年月日 (1955-01-29) 1955年1月29日(66歳)[1]
出生地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
山口大学大学院経済学研究科修士課程
前職 宇部市長
所属政党無所属→)
自由民主党[2]

Flag of Ube, Yamaguchi.svg 第27 - 29代 山口県宇部市長
当選回数 3回
在任期間 2009年7月18日 - 2020年10月22日

選挙区 (宇部市・美祢郡選挙区→)
宇部市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年4月30日 - 2009年6月

当選回数 1回
在任期間 1995年4月 - 1999年4月
テンプレートを表示

久保田 后子(くぼた きみこ、1955年昭和30年〉1月29日 - )は、日本政治家。前山口県宇部市(3期)。

来歴[編集]

東京都渋谷区出身[3]東京都立青山高等学校を経て、1978年昭和53年)に早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後、ドイツミュンヘンで1年間学ぶ。1980年に帰国後は民間企業に勤務。1990年平成2年)11月に夫の故郷である宇部市にIターン1995年(平成7年)山口大学大学院経済学研究科修士課程修了。

1995年(平成7年)4月、宇部市議会議員に初当選。

1999年(平成11年)4月、山口県議会議員(宇部市・美祢郡区)に無所属で立候補。得票数トップで初当選した[4]2007年(平成19年)4月、3期目の当選を果たす。県議時代は「新政クラブ」に所属。同じ会派の議員としては中尾友昭(元下関市長)、木村健一郎(元周南市長)らがいた[5]

2009年(平成21年)6月28日に行われた宇部市長選挙に立候補し、日本共産党公認の五島博、無所属の中司正彦らを破り初当選。7月18日に市長に就任し、山口県内では初の女性市長となった。

2013年(平成25年)6月23日に行われた市長選で、自由民主党山口県支部連合会の推薦[6]を受けた元宇部市職員の木藤昭仁を破り再選[7]

2017年(平成29年)7月2日告示の市長選挙を前に自由民主党に入党し[2]、7月9日執行の市長選挙で無投票により3選。

2020年(令和2年)10月15日、8月後半からの体調不良や10月に入ってからのリハビリ中の骨折により「治療は長期にわたる」と診断された事で、「市政の停滞は許されない」と判断し市議会議長に辞職願を提出[8][9]、同月22日の市議会臨時議会で辞職が全会一致で同意され、同日付で辞職となった[10]

久保田は後継の市長候補を指名をしなかった[9]一方、11月15日に告示された宇部市長選挙には同市政策広報室長の望月知子が「久保田市政の後継者」として立候補[11]11月22日に行われた投開票の結果、望月は前山口県議会議員の篠﨑圭二に敗れた[12]

市政[編集]

2009年
  • 7月21日山口県豪雨災害が襲うなかの初登庁。対応を指示[13][14]
  • 11月10日、高齢による運転免許証の返納に対し、身分証明に必要な住民基本台帳カードの交付手数料を実質無料化[15]
  • 市民の考えに直接ふれることを目的として、校区単位での地元住民との懇談会と、地産弁当を囲んでの市民グループとの昼食会を始めた[16][17]
  • 市財政改革の観点から、市長、副市長に重点をおいた特別職給与の削減に着手[18]
2010年
  • 3月26日、地域経済の活性化に対して革新的な取組で貢献する事業を奨励する「宇部市イノベーション大賞」の創設を発表[19]
  • 宇部市の都市公園であるときわ公園と県内の動植物園などとの連携を進める[20]
2011年
2012年
  • 7月9日、震災がれきは現状の宇部市焼却施設では安全な処理が困難であることをいち早く表明[27]
  • 7月、ルネサスエレクトロニクスの経営合理化にともない、宇部市にある同社の山口工場が売却・閉鎖対象なっていることに対し、ルネサス本社を訪れて、工場の存続と雇用の維持を要望した[28]。その後、山口工場からの再就職希望者に対する支援に取り組むとした[29]
2020年

脚注[編集]

  1. ^ 宇部市ホームページ 市長の部屋 プロフィール.2015年2月18日閲覧。
  2. ^ a b 山口県内の首長、全て自民党員 入党相次ぐ「保守王国」 首長「仕事進めやすい」/野党「多様さ反映せず(2018年12月26日掲載)」『中国新聞デジタル』中国新聞社、2020年2月19日。2020年10月29日閲覧。
  3. ^ “久保田宇部市長、無投票で3選”. 宇部日報. (2017年7月3日). http://ubenippo.co.jp/%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%83%BB%E9%81%B8%E6%8C%99/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7%94%B0%E5%AE%87%E9%83%A8%E5%B8%82%E9%95%B7%E3%80%81%E7%84%A1%E6%8A%95%E7%A5%A8%E3%81%A7%EF%BC%93%E9%81%B8/ 2017年7月5日閲覧。 
  4. ^ 山口県議選 平成11年 - 選挙マニア 選挙資料室
  5. ^ なお、現在の新政クラブは合志栄一(元山口市長)の1人会派である。
  6. ^ 宇部市長選終盤情勢 両陣営、一歩も譲らず - 山口新聞/ニュース-2018/5/27閲覧
  7. ^ “宇部市長選 久保田さん再選 市政継続訴え、「市民党」浸透”. 読売新聞. (2013年6月24日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20130624-OYT8T00041.htm 2013年6月24日閲覧。 
  8. ^ “宇部市の久保田后子市長が辞任を表明”. 宇部日報. (2020年10月15日). https://ubenippo.co.jp/2020/10/15/131357/ 2020年10月15日閲覧。 
  9. ^ a b “「責任を果たせない」 宇部市長、体調不良で辞職表明”. 朝日新聞. (2020年10月16日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASNBH75JLNBHTZNB01L.html 2020年10月17日閲覧。 
  10. ^ 宇部市議会が久保田宇部市長の辞職に同意 - KRY山口放送 2020年10月22日
  11. ^ 前県議と前室長 一騎打ち/宇部市長選告示 22日投開票」『山口新聞電子版』みなと山口合同新聞社、2020年11月16日。2020年11月23日閲覧。
  12. ^ 【速報】宇部市長に篠崎氏」『山口新聞電子版』みなと山口合同新聞社、2020年11月22日。2020年11月23日閲覧。
  13. ^ “久保田后子市長が初登庁、早速大雨被害の対応指示”. 宇部日報. (2009年7月21日). http://ubenippo.co.jp/2009/07/post-49.html 
  14. ^ 山口県 (2009-12-07). 21日豪雨災害~ Ⅰ 災害の状況 (Report). http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a10900/bousai/20090721saigai/apd1_3_2009021204132002.pdf. 
  15. ^ “住基カード無料に、運転免許自主返納をサポート”. 宇部日報. (2009年11月11日). http://ubenippo.co.jp/2009/11/post-484.html#more 
  16. ^ “宇部の食材囲み「うべ弁ミーティング」”. 宇部日報. (2009年11月17日). http://ubenippo.co.jp/2009/11/post-511.html#more 
  17. ^ “新「元気懇」厚南会場で第1弾”. 宇部日報. (2012年5月25日). http://ubenippo.co.jp/2012/05/post-2847.html#more 
  18. ^ “報酬審、初の減額答申”. 宇部日報. (2010年11月19日). http://ubenippo.co.jp/2010/11/post-1502.html#more 
  19. ^ “市イノベーション大賞に上限1億円の奨励金を交付”. 宇部日報. (2010年3月27日). http://ubenippo.co.jp/2010/03/post-905.html#more 
  20. ^ “ときわ公園との連携施設情報交換会の開催及び「夏休み おひさまクラブ」の視察” (プレスリリース), 宇部市, (2010年8月19日), http://www.city.ube.yamaguchi.jp/script/diary/?year=2010&month=8 2013年6月4日閲覧。 
  21. ^ 苦渋、ハクチョウ殺処分 宇部のシンボル消える
  22. ^ “平成23年3月市議会定例会本会議[個人質問”] (プレスリリース), 宇部市, (2011年3月14日), http://www.city.ube.yamaguchi.jp/script/diary/?year=2011&month=3 2013年6月4日閲覧。 
  23. ^ “復興支援バス、福島から帰着”. 宇部日報. (2011年5月6日). http://ubenippo.co.jp/2011/05/post-1908.html 
  24. ^ “復興支援うべ、再開を約束し福島っ子帰郷”. 宇部日報. (2011年8月8日). http://ubenippo.co.jp/2011/08/post-2147.html 
  25. ^ “大震災から1年「3・11」忘れない、市民の集い 交流と支援に誓い新た”. 宇部日報. (2012年3月12日). http://ubenippo.co.jp/2012/03/post-2666.html#more 
  26. ^ “宇部志立市民大学が入学式、次代担う1期生126人”. 宇部日報. (2011年6月25日). http://ubenippo.co.jp/2011/06/post-2037.html 
  27. ^ “震災がれき受け入れ困難、処理法、安全性に懸念”. 宇部日報. (2012年7月10日). http://ubenippo.co.jp/2012/07/post-2960.html 
  28. ^ “ルネサス合理化、知事、市長ら上京し要望”. 宇部日報. (2012年7月6日). http://ubenippo.co.jp/2012/07/post-2952.html 
  29. ^ “ルネサス希望退職、山口工場716人応募”. 宇部日報. (2012年10月10日). http://ubenippo.co.jp/2012/10/post-3188.html#more 
  30. ^ “都民の"台所"に宇部の鮮魚、築地場外市場”. 宇部日報. (2012年9月28日). http://ubenippo.co.jp/2012/09/post-3161.html#more 
  31. ^ “市長、6月の期末手当を全額カット【宇部】”. 宇部日報. (2020年5月26日). https://ubenippo.co.jp/2020/05/26/108413/ 2020年5月26日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
藤田忠夫
Flag of Ube, Yamaguchi.svg山口県宇部市長
2009年 - 2020年
次代:
篠﨑圭二