宇野自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇野バスから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇野自動車株式会社
Uno Bus Company, Limited
UNO BUS.jpg
種類 株式会社
略称 宇野バス
本社所在地 日本の旗 日本
700-0822
岡山県岡山市北区表町二丁目3番18号
設立 1941年(昭和16年)4月1日
業種 陸運業
法人番号 1260001000674
事業内容 乗合バス事業
代表者 代表取締役社長 宇野泰正
主要子会社 宇野不動産(100%出資)
外部リンク www.unobus.co.jp/
テンプレートを表示

宇野自動車株式会社(うのじどうしゃ、通称:宇野バス)は、岡山県東部をエリアとする一般路線バス専業の会社である。

概要[編集]

宇野バス限定発行のHareca

岡山市東区瀬戸上道)、赤磐市を中心に、県東部の備前市瀬戸内市美作市美咲町に路線網を展開する。創業以来路線バス事業のみを展開するバス事業者で、一時期運行していた定期観光バスを除けば、高速バス貸切バス等の運行を行ったことがない。

社名は創業家である宇野家に因んでおり、県南部の地域名である玉野市宇野地区とは無関係で、宇野家による同族経営が行われている。社紋は「うの」を図案化したものが使われている。

「日本最低運賃」を目指し、対キロ区間制運賃を採用している30両以上保有のバス事業者の中で鹿児島市交通局に次いで2番目に安い(民間事業者では最安[1][2])基準賃率23円20銭を1994年(平成6年)以来採用しながら、回送を極力減らすなどの企業努力により、運行にかかる補助金を受け入れず無借金経営を持続している[3]

岡山市中心部では同業他社と競合する区間もあるが、他社と一線を画す営業施策をとっているのも特徴の一つであり、他社との競合区間で1998年(平成10年)に規制緩和を求め、公共交通では異例の「運賃値下げ」申請を行っている[3]。また、岡山市の中心部である表町北区)には、多くのバス路線が乗り入れる天満屋バスステーションがあるが、当社は天満屋バスステーションには乗り入れず、本社と同居する形で独自に設けた表町バスセンターに発着する。

非接触型ICカードシステムHarecaが使用出来るが、両備バス岡山電気軌道下電バスと異なりスルッとKANSAI協議会に非加盟のため、全国相互利用サービス対応のICカードは利用不可能[4]

車両[編集]

三菱ふそう日野車を併用している。

前後の屋根上に取り付けられた5つの橙色マーカーランプが外見上の特色であり、車体後部にも乗務員名を車外名刺としてマグネットで取り付けている。

過去に、台風の影響で他社のトラックの横転があったことを教訓に、原バス停(岡山市北区)、八日市バス停(瀬戸内市長船町)の屋根の上に風速計を設置し、台風シーズンの運行可否の判断材料としている。

沿革[編集]

  • 1918年(大正7年) 3月: 岡山県和気郡香登村字香登本(現・備前市香登本)在住の宇野三郎が、岡山県で最初のバス事業者として創業。
  • 1936年(昭和11年): 片上 - 日生間運行開始。
  • 1941年(昭和16年)4月1日: 宇野自動車株式会社設立。
  • 1955年(昭和30年): 日生 - 日生駅間運行開始。
  • 1964年(昭和39年)5月1日: 日生駅 - 寒河間運行開始。
  • 1996年(平成8年)3月1日岡山県共通バスカードを導入。
  • 1998年(平成10年)7月31日: 岡山市内の競合路線の運賃値下げ(他社競合路線の最低運賃: 150円)
  • 1999年(平成11年)
    • 12月14日: バス停の増設(中国銀行本店前、番町口、植物園口)
    • 12月14日: 岡山駅 - 表町バスセンター間の運賃を150円から100円に値下げ
    • 12月14日: 岡山市内の競合路線の運賃値下げ(通常140円、一部区間100円・120円)
  • 2000年(平成12年)
    • 5月20日: 中国銀行本店西バス停(岡山駅・弓之町→表町バスセンター行きのみ)を設置
    • 9月1日: 深夜バス(表町バスセンター→岡山駅→山陽団地中→ネオポリス西9丁目)を運行開始
    • 12月11日: 公共車両優先システム(PTPS)を導入(国道250号上道北方 - 古京間の主要交差点)
  • 2001年(平成13年)
    • 2月1日: バス優先レーン運用開始(岡山市長岡・長岡西バス停→岡山市国富・国富交差点)
    • 2月1日: 四御神線・国道2号の岡山駅前行きについて、岡山駅構内乗り入れ開始
  • 2002年(平成14年)7月12日: 美作線・東岡山線の富田町バス停を休止し、柳川交差点経由に変更
  • 2003年(平成15年)
    • 1月20日: 表町バスセンター→岡山駅→ネオポリス西9丁目の直行バスを開始
    • 3月20日: 作陽短大岡山キャンパス閉鎖に伴い、東岡山 - 作陽短大間の運行を休止
  • 2004年(平成16年)8月17日: ダイヤ改正により、山陽団地中経由湯郷温泉林野駅行きが新設される
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 8月25日: 赤磐市穂崎に駐車場が完成。パーク・アンド・バスライドを開始。
    • 9月2日: 岡山駅前(ドレミの街)バス停にすべてのバスが停車するようになる。また、同バス停の待ち合わせ場所が冷暖房完備となる。
    • 11月: 中旬より、車両前面・側面・後部にある行先表示のLED化を順次実施。
    • 11月30日: この日限りで備前市西片上の「片上」バス停 - 備前市日生町寒河の「寒河」バス停間を廃止。(廃止後、備前バスに路線移管) これに伴い、寒河車庫も廃止され、八日市車庫に集約された。
    • 12月28日: 車両前面・側面・後部にある行先表示のLED化が完了。
  • 2007年(平成19年)
    • 8月20日: JR東岡山駅構内(長岡・駅前バス停)乗り入れ開始
    • 12月24日: ダイヤ改正により、山陽団地中経由湯郷温泉・林野駅行きが休止される。
  • 2008年(平成20年)
    • 1月1日: 表町バスセンターの県道沿い待合所の改良工事が完成。同時にバスロケーションシステムを運用開始。
    • 3月20日: 赤磐市内で赤磐循環バスの運行開始
    • 5月: 表町入口バス停(岡山駅方面)待合所の改良工事が完成。同時にバスロケーションシステムを運用開始。
    • 8月1日: 岡山市牟佐に「岡山東部脳神経外科前」バス停を設置。東岡山線「生研前」バス停の名称変更。
    • 10月1日: 岡山県共通バスカードの廃止に伴い、代替カード「宇野バス専用バスカード」の販売を開始(岡山県共通バスカードは宇野バス発行分のみ利用可能)。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月3日: 東岡山線の東岡山バス停、岡山東支援学校前バス停を廃止し、表町BC - ろう学校前間の運行に変更。
    • 11月30日:美作線・表町バスセンター - 林野駅間大幅減便。
    • 12月21日:東岡山線のろう学校前 - 四御神車庫間の回送区間を営業区間として路線延長。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月1日:車内の運賃表をすべてLED表示から液晶画面に順次変更
    • 3月12日:ICカード Harecaを導入[4]
    • 3月31日:宇野バス専用バスカードの販売終了。
    • 4月1日:東岡山線の経路変更(中島 - 就実大学前 - 浜間の従来の経路を休止し、中島 - 竹田・ハートクリニック前 - 西川原 - 東川原 - 林病院入口 - 中区役所前 - 浜の経路に変更。一部区間は岡電バス藤原団地線のバス停と重複。)
    • 同時期:美作線・下市 - 林野駅間大幅減便(9往復→4往復)とともに、自治体による代替バス3往復(新道穂崎 - 林野駅)運行開始。
    • 7月31日:この日をもって岡山県共通バスカード(宇野バス発行)及び宇野バス専用バスカードの利用停止。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月1日:同業各社が運賃値上げを行う中、運賃値上げを行わなかった。
    • 4月5日:八日市線、ネオポリス瀬戸線ダイヤ修正(到達時間の変更のみ)

2015年(平成27年)

  • 5月19日:赤磐循環バスを除く全路線にHareca定期券のサービスを開始。従来の紙の定期券は継続時などに順次Hareca定期券に切り替えられる。
  • 7月1日:路線バス車両全車で無料Wi-Fiサービスの正式運用を開始(岡山県内の路線バス事業者で初)[5]
  • 7月23日:横浜国立大学にて、岡山市都市整備局、日野自動車、ブリジストン、日本交通計画協会と共に縁石のカッセルカーブプラス工法の実証実験の検証を行う。
  • 10月1日:日本の民間事業者で運賃の賃率が日本最安となる。(次節で後述)
  • 11月20日:表町バスセンターにPepperを導入。「宇野バス太郎」と名付けられた[6]
  • 2016年(平成28年)
    • 3月14日:GPSを利用してパソコン・スマートフォン・携帯電話からバスの位置を確認できるロケーションシステム「バスまだ?」の試験運用を開始[7]
    • 6月17日より上記の本格運用を開始。
    • 7月22日より岡山駅東口11番・12番乗り場にて「バスまだ?」確認用の大型4Kモニタを設置。
  • 2017年(平成29年)
    • 4月27日:「岡山後楽園バス」運行開始。
    • 10月27日:美作線「長泉寺停留所」(表町バスセンター・岡山駅方面行き)にバスロケーションシステム「バスまだ?」のデジタルサイネージの設置。
    • 12月9日:「岡山後楽園バス」の片道運賃を140円から100円への届出をする。
    • 12月:安全性向上の為、Mobileye570を試験導入。
    • 同月末:表町バスセンターにて停留所縁石の正着性向上/バリアフリー推進の為のカッセルカーブプラスへの改良工事完了。
  • 2018年(平成30年)
    • 1月19日:自社も運行に携わっている「岡山後楽園バス」の片道運賃100円への届出が受理される。
    • 2月1日:「岡山後楽園バス」の片道運賃100円(小児、障がい者手帳をお持ちの方は50円)に変更。
    • 4月6日:SBドライブ株式会社と「バス自動運転サービスの実用化に向けた実証」に関する合意書を締結。自動運転でのバス運行事業化の早期実現を目指し、SBドライブ、先進モビリティ、行政と共に白ナンバーでのデータの蓄積・運行基準の思案などを進めていく。それに伴い、4月の13日~15日の三日間に赤磐市の赤磐市立中央公民館を基点とし約1kmを公道にてLevel3で周回する試乗会を実施した。

車庫の所在地[編集]

本社車庫
表町バスセンターを参照
四御神(しのごぜ)車庫
※比較的新しい車庫ながら車庫建屋はなく、車両は全て露天駐車となっている。
長岡車庫
※東岡山テクノセンター内の廃止となったテニスコートを利用している為に、車庫建屋はなく全て露天駐車となっている。
八日市車庫
※宇野バス伝統的な車庫だが立地の関係で、敷地外からの車庫内部は一切見えない。
林野車庫
※バスは正面の右側(バスの後部が写っている通路部分)から進入し、建屋を抜けた奥の広場でU-ターンして左端側から出場する。
※建屋中央部の上部二階部分で( バスのりば )と表示された四角い部位は、昭和30年代に営業所としての機能を有していた名残りである。
※営業所が機能していた頃は、中央のベンチの置いてある場所に区画で仕切られた待合室や、きっぷ売り場があった。
※建屋の裏側でU-ターンしたバスは、正面の左側(バスの正面が写っている通路部分)から出場する。
ネオポリス東車庫
※宇野バスの出先車庫としては珍しい二棟式車庫。
※車庫全体は地理的環境の影響で、画像右側(西側)から左側(東側)へと三段階で棚田的に下がっている。
※全体の区画分けは、画像右側の車庫一棟とその建屋右端裏の入り口部位が、同一で(西側の区画)となり、続く画像中央の少し左寄り側の車庫が一棟単独で(中央側の区画)となり、残る左端側にバスの全長が写っている露天状の回転場(東側の区画)へと繋がっている。
※車庫右側の45°方位に車庫の出入り口があり、車庫の奥裏側の幹線道路へと繋がっている。
※車庫左端側は更に一段下がる地形で、回転場のある東側の区画へと繋がっている。
ネオポリス西車庫
仁堀車庫
※車庫全風景右側の二階建て倉庫は、無関係の施設

休止中の車庫[編集]

町苅田車庫
※一番左側の 「3134」 番は、もと岡山定期観光用車両の一員であった

過去の車庫[編集]

坂辺車庫
※現在は資材置き場として車庫建屋が現存
矢田車庫
周匝(すさい)車庫
小野車庫
※現在は路線を引き継いだ美作共同バスが車庫建屋をそのまま使用している。
※宇野バスでは非常に珍しい一台のみの収容で、建屋はトンネル状に抜けているので、回転出来る敷地となっている。
※入り口側の高さと比べて、突き抜ける奥側の高さはやや低めである。
豊沢車庫
※現在は路線を引き継いだ豊沢交通が車庫建屋をそのまま使用している。
※林野車庫同様に通り抜けが出来る。
寒河(そうご)車庫
※2006年11月30日限りで廃止
東岡山車庫 
※上記空撮関連でのストリートビュー画像では、廃止後の露天車庫 (元々はバスの回転場) としての最後の画像が写っているが、現在は民間企業へ払い下げられ建物が建っている
西大寺車庫
両備バス西大寺営業所の南西側角先

主なターミナル[編集]

路線[編集]

一般路線バス[編集]

  • 岡山後楽園バス
  • 赤磐循環バス(赤磐市)

定期観光バス[編集]

現在は廃止され運行していない。

バスロケーションシステム[編集]

音声案内機能付きバス接近表示機[編集]

2005年3月より、バス接近表示機を以下のバス停に導入した。接近の際、「まもなく○○行きのバスが参ります」と自動音声により放送される。

  • 表町バスセンター(2008年1月より県道沿いの岡山駅行き乗り場に1台。岡山駅・駅前行きと美作線・東岡山線始発の案内)
  • 表町入口バス停(岡山駅方面のみ:2008年6月より1台)
  • 岡山駅バスターミナル11番乗り場、12番乗り場(各乗り場に1台合計2台)
  • 岡山駅前バス停(中国銀行駅前支店前:美作線・東岡山線のみ1台)
  • 岡山駅前バス停(ドレミの街:2006年9月より2台)
  • 県庁前(四御神、長岡団地、長岡・駅前、瀬戸駅、八日市、片上行きのみ1台)
  • 原尾島住宅前(表町バスセンター・岡山駅行きのみ:2006年2月より1台)

バスまだ?[編集]

2016年3月から独自開発のバスロケーションシステム『バスまだ?』を運用している。全てのバス車両にGPS機能付きタブレット端末を装備し、バスの位置情報とタブレットで撮影された前方画像をリアルタイムで把握して、主要バス停および公式サイトで公開している[8]。公式サイトで公開されているものは以下の4バージョンがある。

  • 時刻表タイプ - 主要停留所の接近予想時刻を表示するもの
  • 地図タイプ - 地図上にバスの位置情報を表示させたもの
  • 一覧タイプ - 路線に関係なく運行中のバスを一覧表示させるもの
  • マニアタイプ - 地図タイプの亜種で、業務用のバス運行管理システムの画面をそのまま表示させたもの

2016年7月から、以下のバス停で「バスまだ?」確認用の大型モニターを設置している。

  • 岡山駅バスターミナル11番乗り場、12番乗り場(各乗り場に1台合計2台)  2016年7月22日から
  • 岡山駅バスターミナル1番乗り場(岡山後楽園バス)   2017年5月3日から
  • 長泉寺バス停(岡山駅方面)  2017年10月27日から
  • 南方交番前バス停(岡山駅方面:トマト銀行本店前)  2017年12月28日から
  • 南方交番前バス停(赤磐・美作方面:ベネッセコーポレーション本社前)  2017年12月28日から

なお、宇野自動車ではバスの位置情報をオープンデータとして公開している。また、岡山県内では2017年2月20日から下津井電鉄でも導入している。

深夜バス[編集]

  • 表町バスセンターから岡山駅・三野・新道穂崎・山陽団地中・下市経由で桜が丘西9丁目・桜が丘運動公園口まで運行。
  • 運賃は全区間800円均一。

パーク・アンド・バスライド[編集]

  • マックスバリュ桜ヶ丘店駐車場
    • スーパーの駐車場を利用。
    • 「桜ヶ丘中央」バス停から乗車する。特に指定の乗車券等は必要ない。通常の乗車方法で利用可能である。
  • 赤磐市穂崎駐車場
    • 赤磐市穂崎の山陽自動車道高架下にパーク・アンド・バスライド用の無料駐車場が整備された。
    • 「新道穂崎」「新道穂崎下」バス停から乗車する。特に指定の乗車券等は必要ない。通常の乗車方法で利用可能である。

関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “宇野バス運賃が全国民間最安に 1キロ当たり23.2円”. 山陽新聞. (2015年10月2日). http://www.sanyonews.jp/article/237917 2018年5月16日閲覧。 
  2. ^ “民間バス事業者で最低運賃になりました” (プレスリリース), 宇野自動車, (2015年10月1日), http://www.unobus.co.jp/uboshirase20151001.html 2015年10月7日閲覧。 
  3. ^ a b 路線バスの運賃どう決まる? 民間で「日本最低運賃」のバス会社に聞く”. 乗りものニュース (2018年2月5日). 2018年5月16日閲覧。
  4. ^ a b 2013年3月12日より宇野バスでハレカがご利用頂けます!!宇野バス ニュースリリース 2013年3月1日
  5. ^ 宇野バスで無料Wi-Fi始まります!”. Sujiya Systems. 2016年11月14日閲覧。
  6. ^ 新入社員 宇野バス太郎 表町BCで案内業務を開始宇野バスHP 2015年12月16日閲覧
  7. ^ 宇野バス ロケーションサービス "バスまだ?"宇野バスHP 2016年3月15日閲覧
  8. ^ 全国のバスマニアが涙…宇野バスの位置情報システムが超マニアック”. withnews. 朝日新聞社 (2016年3月17日). 2018年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]