伊部駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊部駅
Bizen-yaki Traditional Pottery Center Bizen Okayama pref Japan01bs5.jpg
北口
いんべ
Imbe
西片上 (2.2km)
(4.0km) 香登
所在地 岡山県備前市伊部1685-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 N 赤穂線
キロ程 34.5km(相生起点)
播州赤穂から24.0km
電報略号 イヘ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
449人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1958年昭和33年)3月25日
備考 簡易委託駅
みどりの券売機プラス
和気駅の駅員が巡回
テンプレートを表示

伊部駅(いんべえき)は、岡山県備前市伊部にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)赤穂線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

プラットホーム

相対式2面2線のホームを持つ地上駅で、行違い可能駅である。互いのホームは跨線橋で結ばれている。開業当初は、2面3線のホーム(下りホームが島式)であり、現在の北口に備前片上駅伊里駅と同様の平屋の駅舎があり、跨線橋はなくホームへの行き来は構内の踏切を渡っていた。後に南寄りの1線は撤去され、伊部駅南ふるさと交流センターを併設した南口が完成すると連絡通路や自転車置き場となった。一方、北口は1987年昭和62年)に備前焼伝統産業会館の1階に移設されている。

東岡山駅が管理し、備前市が窓口業務を受託する簡易委託駅だが、周辺の簡易委託駅を管理する営業管理室があり、その中に直営のみどりの窓口も設置され、平日に営業していたが2019年3月1日をもってみどりの窓口の営業を終了し、翌3月2日からみどりの券売機プラスに移行し、別途金額式近距離券に加えてICOCA定期券・磁気定期券と無記名ICOCAの購入に対応した多機能券売機も導入された(定期券の購入のみクレジットカードにも対応)。2006年平成18年)3月までは土曜日も営業していた。毎年10月第3土・日曜については備前焼まつりのため多数の応援職員が出て窓口営業を行う。

2018年平成30年)9月のICOCAエリア拡大・統合により、当駅にもICカード読取専用機とICカードチャージ機が設置され、ICOCAの利用が可能となった。

国道2号国道250号に面する北口と、南口があり、どちらも委託の窓口が設けられていたが、3月31日で販売を終了した。券売機の収入の一部を受け取る形で簡易委託扱いが継続されているかは不明。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 N 赤穂線 下り 岡山福山新見方面
2 上り 播州赤穂方面

※2018年7月時点でホームにのりば番号標が整備されている。運転指令上の番線番号では上りを1番線としているが、案内上ののりば番号については他の行違い可能駅に合わせて下りホーム(南口側)を1番のりばとしている。

駅周辺[編集]

道路沿いに商店がある。町並みが拡がるが、山間の小さな平地のためそれほど大きいわけではない。旧国道(山陽道)沿いには、備前焼の店が立ち並んでいる。

バス[編集]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[3]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 517
2000 497
2001 503
2002 474
2003 471
2004 446
2005 454
2006 426
2007 437
2008 456
2009 437
2010 453
2011 432
2012 434
2013 418
2014 423
2015 436
2016 443
2017 449

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
N 赤穂線
西片上駅 - 伊部駅 - 香登駅

脚注[編集]

  1. ^ JR西日本ニュースリリース
  2. ^ a b 伊部駅 駅情報:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2018年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月23日閲覧。
  3. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]