天才てれびくんシリーズのコーナー一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天才てれびくん > 天才てれびくんシリーズのコーナー一覧

天才てれびくんシリーズのコーナー一覧(てんさいてれびくんシリーズのコーナーいちらん)は、『天才てれびくんシリーズ』内のコーナーの一覧。

アニメ[編集]

関連企画
備考
  1. 『天才てれびくんMAX』(2003年度 - 2010年度)はアニメ枠なし。代わりに金曜日の『天才ビットくん』→『ビットワールド』でアニメを放送(2010年度は放送なし)。
  2. 『大!天才てれびくん』は2011年度に「大天才テレビジョン アニメ制作部」を半年間放送した後、同じ月曜日に2011年10月10日からアニメ枠が復活。以降、2012年度は3作品、2013年度は2作品の放送。
  3. 2014年度 - 2021年度は放送枠を本編から切り離した「天てれアニメ」枠で放送。
  4. 2022年度はアニメ枠なし。「天てれアニメ」として放送していた2作品は放送時間を変更したうえで単独番組扱いに変更される。

人形劇[編集]

天てれ第2部[編集]

本編 年度 月曜18:45 - 18:54 火曜18:45 - 18:54 水曜18:45 - 18:54
Let's 2014 [D] 東京特許許可局 [A] 超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ [A] くつだる。
2015 [D] 念力家族 [A] おまかせ!みらくるキャット団
[A] どちゃもん じゅにあ [A] 探偵チームKZ事件ノート
2016 [D] 念力家族 [A] 少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん [A] ねこねこ日本史
[A] どちゃもん じゅにあ
YOU 2017 [C] わらたまドッカ〜ン
2018
2019
[A] ブレーカーズ
hello, 2020
[A] ふしぎ駄菓子屋 銭天堂
2021 [A] 宇宙なんちゃら こてつくん
備考
天てれ第2部の本放送は1年間で32回(3か月間で8回相当)[1][2]
再放送の日程は一部の回を除き、『Let's天才てれびくん』『天才てれびくんYOU』と同日。
2016年10月3日 - 5日は『わらたまドッカ〜ン』のパイロット版を放送。
2019年3月11日 - 20日は『てれび戦士特別ミッション パラスポーツを調査せよ!』を放送。
2019年12月23日 - 25日は『Eうた♪ドラマ「歌のおじさん Eたん」』を放送のため番組休止(別枠扱い)。
天てれ第2部は2022年3月30日をもって終了となるが、その時点で放送されている3番組は放送時間を変更したうえで単独番組として継続する。
NHK Eテレ 月曜 - 水曜18:45 - 18:54
前番組 番組名 次番組
天てれ第2部
ピタゴラスイッチ
※18:40 - 18:50
忍たま乱太郎
※18:50 - 19:00

1993年度[編集]

天才てれびくん「メディアタワー

コーナー
特別企画

1994年度[編集]

天才てれびくん「メディアステーション

コーナー
特別企画

1995年度[編集]

天才てれびくん「メディア砂漠

コーナー
特別企画

1996年度[編集]

天才てれびくん「パラレルワールド

コーナー
特別企画

1997年度[編集]

天才てれびくん「パラレルワールド

コーナー
特別企画

1998年度[編集]

天才てれびくん「エエカゲンニ星

コーナー
特別企画

1999年度[編集]

天才てれびくんワイド「地球帰還ロケット

コーナー
特別企画

2000年度[編集]

天才てれびくんワイド「高層マンションの屋上

コーナー
特別企画

2001年度[編集]

天才てれびくんワイド「天才丸

コーナー
特別企画

2002年度[編集]

天才てれびくんワイド「メディアステーション

コーナー
特別企画

2003年度[編集]

天才てれびくんMAX「ハイパーキングダム学園

コーナー
特別企画

2004年度[編集]

天才てれびくんMAX「プラズマ界

コーナー
特別企画

2005年度[編集]

天才てれびくんMAX「ユゲデール王国

コーナー
特別企画

2006年度[編集]

天才てれびくんMAX「ユゲデール王国

コーナー
特別企画

2007年度[編集]

天才てれびくんMAX「ナンダーMAX

コーナー
特別企画

2008年度[編集]

天才てれびくんMAX「ナンダーMAX

コーナー
  • 日付変更船プッカリーノ
  • 天てれドラマ
  • ミュージックてれびくん
  • ウキウキ木曜!(木曜生放送)
  • MAXバッジ争奪 ゲームバトル
  • 天てれツアー旅ッQ
  • スクラップQ
  • 紙フトタッチダウン
  • 放課後コロシアム
  • 天てれミッション
  • 天てれ部活動 熱血!!漫才部
  • いい!TV
  • どこでも行きマウス!チュー太郎
  • 天てれ式大辞天
  • 未来レスキュー作戦会議
  • おたより紹介しようかい!
  • ワンミニッツ・クエスチョン
  • 天てれゼミナール
    不定期に水曜日に放送されていた。固い頭をやわらか~くするのが目的。あべこうじが教師に扮して様々なお題をてれび戦士に出す。このコーナーで、伊藤元太が元太大先生というキャラで、銅像のような格好で出演したことがある。普段は全く動かないが、面白い回答をした場合に、両腕で丸を作ったり、無駄な動作を加えるなどのリアクションをするという設定。ただ、このキャラが誕生した由来は不明。渡邉聖斗が出演した時、教師役のあべが「僕なら絶対に丸出してない」と発するなど、あべが彼を毛嫌いする様子が伺える場面が多々見られる。
  • 天才!ファクトリー
    ヒロ委員長(安田大サーカスHIRO)がとある工場の「工場長」に扮して、てれび戦士が披露するネタを「返品」及び「出荷」に独断で判定する。返品なら画面左側へ流され、出荷なら同右へ流される仕組み。てれび戦士が立っているところは、動く歩道のような装置の上に、更にCGで動くように見せている。最後には、工場長が判断を下した理由を一言呟く。
  • ガチブリろうか
    CGを駆使してモナ・リザに扮したダンチョ団長(安田大サーカスの団長)が、画面奥から歩いてくるてれび戦士(1人)に突然話しかけて、アドリブで受け答えをする。
  • 中学生スペシャル〜おれたちイケてる男子〜
    2008年11月24日 - 11月26日放送。中学1年のてれび戦士の内、小関裕太千葉一磨武田聖夜が「イケてる男子代表」として出演。全3回の放送内で真のイケてる男子を決めるのが、チェックガールズと称された、川﨑樹音細田羅夢藤井千帆の3名。尚、この3名以外にも、女子では長谷川あかりもチェックガールズとは別に、とあるドッキリ企画の仕掛け人として出演し、男子ではコーナーとコーナーの合間にタイトルコール役として笠原拓巳が出演している。尚、このコーナーの仕切り役に、CGキャラ(もんじ)を担当している、声優の久嶋志帆も参加している。
  • モテモテ団
    2009年1月21日放送。「カッコよくなって女の子にモテたい」と思っている男子たちが、モテモテ団団長の安田裕己のもとで修行する、というコーナー。登場した団員は、渡邉聖斗、千葉一磨、小関裕太、島田翼吉野翔太、伊藤元太、黒川明人(新人)の7名。内、渡邉聖斗、黒川明人を除く5名が伊藤元太の『セレ部』の女子たちの会話から手に入れた情報をもとに『カッコいい告白の仕方』を披露。結果として、インパクトのあった島田翼の『ダンスで告白』を実際にセレ部の女子たちにも全員で披露したが、反応はイマイチで「何かかわいそう」とまで言われてしまった。そして、番組の最後には、『モテモテ団への励ましのお便り』が募集された
特別企画

2009年度[編集]

天才てれびくんMAX「高層ビルの屋上

コーナー
特別企画

2010年度[編集]

天才てれびくんMAX「天てれ学園

コーナー
特別企画

2011年度[編集]

大!天才てれびくん「大天才テレビジョン

コーナー
特別企画

2012年度[編集]

大!天才てれびくん「大天才テレビジョン

コーナー
特別企画

2013年度[編集]

大!天才てれびくん「大天才テレビジョン

コーナー
特別企画

2014年度[編集]

Let's天才てれびくん「第5やたがらす丸

コーナー

2015年度[編集]

Let's天才てれびくん「第5やたがらす丸

コーナー
派生番組

2016年度[編集]

Let's天才てれびくん「第5やたがらす丸

コーナー
派生番組

2017年度[編集]

天才てれびくんYOU「守守団

コーナー
派生番組

2018年度[編集]

天才てれびくんYOU「守守団

コーナー
派生番組

2019年度[編集]

天才てれびくんYOU「守守団

コーナー
特別企画

2020年度[編集]

天才てれびくんhello,「電空

コーナー

2021年度[編集]

天才てれびくんhello,「電空

コーナー
特別企画

2022年度[編集]

天才てれびくんhello,「電空

コーナー

脚注[編集]

  1. ^ 東京特許許可局』は全31回。高校野球放送延長のため第1回の放送を1週間延期。
  2. ^ 2019年度の『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん』第4期は9か月間で全24回。

外部リンク[編集]