堺泉北有料道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般有料道路
地域高規格道路
堺泉北有料道路
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
大阪府道36号標識
E90 堺泉北有料道路
地図
堺泉北有料道路をふくめた阪神地域の主な有料道路
路線延長 7.0 km
開通年 1991年 - 1993年
起点 大阪府泉大津市助松JCT
終点 堺市中区堺JCT
接続する
主な道路
記法
阪神高速4号湾岸線
E26 阪和自動車道
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
大阪府道36号泉大津美原線と併走する
堺泉北有料道路(高架上)
大阪府和泉市上町)

堺泉北有料道路(さかいせんぼくゆうりょうどうろ)は、大阪府高石市から大阪府堺市中区に至る有料道路府道36号泉大津美原線、新道、高架部)である。

なお、全線が地域高規格道路の計画路線としての堺泉北道路(法定路線名)に指定されている [1]。料金が均一100円であるため「100円高速」という名で呼ばれることがある。

高速道路ナンバリングによる路線番号は、E90が割り振られている[2][3]

概要[編集]

全線に亘って、府道36号泉大津美原線の新道の中央部に、1986年(昭和61年)12月から約4年をかけて建設された。 

阪和自動車道及び阪神高速4号湾岸線とを直結して、関西国際空港へのアクセス道路(特に大阪府の北部及び東部、奈良県北部、京都府滋賀県兵庫県南部内陸部および北部、中国地方東海地方北陸地方方面から)としての役割を果たしている。

自動車専用道路ではないが、自動車専用道路と同等の通行規制がなされている。なお、案内標識は青色のものが採用されている。

規格など[編集]

  • 道路構造令 : 第4種第1級
  • 車線数 : 完成4車線(一部を除く)
  • 設計速度 : 60km/h
  • 事業費 : 208億円[4]
詳細は車線・最高速度を参照。

通過自治体[編集]

  • 大阪府
    • 高石市(助松JCTの一部) - 泉大津市(助松JCT) -
      高石市(助松出入口) - 和泉市 - 泉大津市 - 和泉市 - 泉大津市(本線の一部) -
      高石市(綾園出入口) - 泉大津市(本線の一部) - 高石市 - 泉大津市 - 高石市 - 泉大津市 - 和泉市 - 泉大津市 - 高石市 - 泉大津市 - 和泉市(本線の一部) - 高石市 - 泉大津市 - 和泉市 -
      高石市(取石出入口) - 和泉市(本線の一部) - 高石市 - 和泉市 - 高石市 - 和泉市 - 堺市西区(本線の一部) - 和泉市 -
      堺市西区(菱木出入口、菱木本線料金所、大平寺出入口) -
      堺市中区(平井出入口、平井本線料金所、堺JCT)

接続高速道路[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである区間は既開通区間に存在する。
  • (数字)は、他路線の番号。
  • 英略字は以下の項目を示す。
    JCT:ジャンクション、TB:本線料金所
  • 全ての出入口(「ランプ」とも表記される)は、府道36号泉大津美原線(新道、一般部)と接続しているため、接続路線名からは除外している。なお、間接接続する路線名は括弧内に表記している。
  • 全線、大阪府内に所在。所在地の詳細に関しては、通過自治体を参照。
IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
の距離
備考 所在地
←関西空港・泉佐野方面 - 阪神高速4号湾岸線 - 大阪市内・神戸方面→
(4-11) 助松JCT 阪神高速4号湾岸線 0.0 [5]無料区間 泉大津市
- 助松出入口 府道204号堺阪南線 - 堺方面 高石市
- 綾園出入口 国道26号 (0.0) 助松方面
- 取石出入口 国道26号 - 堺方面
- 菱木出入口 府道216号和田福泉線 - 堺方面 堺市 西区
- 菱木本線料金所 - 堺方面
助松方面は廃止
- 太平寺出入口 府道61号堺かつらぎ線 - 助松方面
料金所は入口のみ
- 平井出入口 (4.7) 助松方面
料金所は入口のみ
中区
- 平井本線料金所 - 助松方面
(14) 堺JCT E26阪和自動車道(松原方面) 7.0 ハーフJCT
阪和自動車道 松原・吹田方面

SA・PA[編集]

堺泉北有料道路内には休憩施設は存在しない。

歴史[編集]

道路管理者[編集]

所轄警察[編集]

車線・最高速度[編集]

  • 取石出入口はJR阪和線を跨ぐ高架上にあり、並行する府道36号泉大津美原線(新道、一般部)を含めた幅員が狭い(片側2車線分の幅員はあるが、流入路及び流入路の余裕が少ない)ため、本線が片側1車線となる。
区間 車線
上下=上+下
最高速度 備考
助松JCT-取石出入口 4=2+2 60km/h
取石出入口付近 2=1+1
取石出入口-平井出入口 4=2+2
平井出入口-堺JCT 2=1+1

料金[編集]

  • 助松JCT-綾園出入口 : 無料
  • 綾園出入口-堺JCT : 有料(均一制、普通車100円)
    • 2006年(平成18年)2月8日ETCを導入した。平井入口の料金所ではETC無線通行は不可能であったが、2016年 (平成28年)2月12日より、ETC無線通行が可能となった。

交通量[編集]

平日24時間交通量(台)(上下合計)[7]

  • 斜字は推計値を示す。
料金 区間 平成17年度
(2005年度)
平成22年度(2010年度) 備考 所在地
台数 混雑度
無料[8] 助松JCT-助松出入口 47,318 41,745 0.75
0.73
0.70
0.73
大阪府
無料 助松出入口-綾園出入口
有料 綾園出入口-取石出入口
取石出入口-菱木出入口
菱木出入口-大平寺出入口
大平寺出入口-平井出入口
平井出入口-堺JCT

脚注[編集]

  1. ^ 地域高規格道路”. 国土交通省近畿地方整備局道路部. 2012年6月12日閲覧。
  2. ^ 高速道路ナンバリング一覧”. 国土交通省. 2017年3月3日閲覧。
  3. ^ 高速道路ナンバリング路線図”. 国土交通省. 2017年3月3日閲覧。
  4. ^ 大阪府/堺泉北有料道路”. 大阪府都市整備部. 2012年6月14日閲覧。
  5. ^ 南海本線との立体交差路である為。助松JCT利用時は阪神高速の通行料が要る
  6. ^ 阪和道本線料金所ノンストップ通行開始 (PDF)”. 西日本高速道路、大阪府道路公社. p. 1 - 7 (2006年1月19日). 2012年6月14日閲覧。
  7. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(大阪府) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 45, 47. 2012年6月14日閲覧。
  8. ^ 阪神高速4号湾岸線に接続するため、阪神高速道路の料金が必要。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]