国分寺台中央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 千葉県 > 市原市 > 国分寺台中央
国分寺台中央
—  町丁  —
市原市役所「中央公園側より(2017年3月12日撮影)」
国分寺台中央の位置(千葉県内)
国分寺台中央
国分寺台中央
国分寺台中央の位置
座標: 北緯35度29分55.76秒 東経140度6分56.26秒 / 北緯35.4988222度 東経140.1156278度 / 35.4988222; 140.1156278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Ichihara, Chiba.svg 市原市
人口 (2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 - 計 4,560人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 290-0073[2]
市外局番 0436[3]
ナンバープレート 袖ヶ浦

国分寺台中央(こくぶんじだいちゅうおう)は、千葉県市原市の地名。現行行政地名は国分寺台中央一丁目から国分寺台中央七丁目。区画整理の後にこの地名になり、前の住所は根田である。郵便番号は290-0073[2]

概要[編集]

国分寺台の中央にある。

かつては家はなく平地だけであった(1960年頃)。[4][5]
事実上の中心地である。また、新興住宅地である。

北は北国分寺台、北西は西国分寺台、西は惣社、南は南国分寺台、東は東国分寺台、北東は山田橋と接している。[6]

地価[編集]

千葉県市原市国分寺台中央5丁目12番12で61,100円である。[7]

歴史[編集]

江戸時代は上総国市原郡に属していた。1889年(明治22年)4月1日の町村制施行により市原村に編入。

1956年(昭和31年) 3月25日五井町へ編入し、1963年(昭和38年)5月1日に市制を施行して市原市が発足、五井町消滅。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
国分寺台中央一丁目 312世帯 678人
国分寺台中央二丁目 334世帯 771人
国分寺台中央三丁目 263世帯 531人
国分寺台中央四丁目 247世帯 573人
国分寺台中央五丁目 259世帯 651人
国分寺台中央六丁目 245世帯 627人
国分寺台中央七丁目 326世帯 729人
1,986世帯 4,560人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
国分寺台中央一丁目 一部 市原市立国分寺台東小学校 市原市立国分寺台中学校
一部 市原市立国分寺台西中学校
国分寺台中央二丁目 全域
国分寺台中央三丁目 全域
国分寺台中央四丁目 全域
国分寺台中央五丁目 全域 市原市立国分寺台西小学校
国分寺台中央六丁目 全域
国分寺台中央七丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

鉄道駅はないが最寄りは五井駅または上総村上駅である。

バス[編集]

運営会社はすべて小湊バスである。

系統 経由 行き先 参考
五01 アリオ市原 五井駅東口
五22 君塚2丁目 五井駅西口
五01 五11 市原市役所 国分寺台
五22 市原市役所 山倉こどもの国 1日4本のみ

[9]

道路[編集]

国道県道ともに通っていない。

  • 市道1号線川岸西広線(市役所通り)[10]

施設[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]