吉野駅 (福岡県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉野駅
駅舎
駅舎
よしの
Yoshino
JB24 渡瀬 (2.8km)
(2.4km) 銀水 JB26
所在地 福岡県大牟田市大字倉永[1]
駅番号 JB  25 
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 JB鹿児島本線
キロ程 141.9km(門司港起点)
電報略号 シノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
508人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1991年平成3年)3月16日[1]
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示

吉野駅 (よしのえき)は、福岡県大牟田市大字倉永にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線である[1]。駅番号はJB25

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

駅の所在地は「倉永」だが、実際には倉永地区と吉野地区の境目に位置する。倉永地区には既に西鉄天神大牟田線によって倉永駅が設置されていたため、吉野地区の住民の請願によって「吉野駅」と命名された。近鉄吉野線にも同じ駅名が存在するが、JR線にはなかったためそのまま「吉野駅」となった。

「吉野」は甘木山原野開発して出来た土地で、「その土地(原野)が吉祥の地になりますように」と願って名づけられた地名である。吉野山吉野神宮等との関係はない。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。互いのホームは跨線橋で連絡している[1]。2番ホーム銀水寄りに、明光学園敷地内に直結する改札口が設けられており[1]、朝のみ開放されている。

大牟田観光協会が駅業務を行う簡易委託駅[3]。また近距離きっぷの自動券売機が設置されている。SUGOCAの利用が可能であるが、カード販売は行わずチャージのみ取り扱いを行う。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 JB 鹿児島本線 下り 大牟田熊本八代方面
2 上り 久留米鳥栖博多方面

利用状況[編集]

2018年度の1日平均乗車人員は508人である[4]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2001年(平成13年)

1,260
2002年(平成14年) 1,176
2003年(平成15年) 1,100
2004年(平成16年) 1,126
2005年(平成17年) 1,141
2006年(平成18年) 1,151
2007年(平成19年) 1,176
2008年(平成20年) 1,172
2009年(平成21年) 1,115
2010年(平成22年) 1,068
2011年(平成23年) 939
2012年(平成24年) 981
2013年(平成25年)

2014年(平成26年)
2015年(平成27年)
2016年(平成28年) 491
2017年(平成29年) 546
2018年(平成30年) 508

駅周辺[編集]

大牟田市の北部にあり、周辺は住宅地となっている。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
JB 鹿児島本線
快速
通過
区間快速(一部列車のみ停車)・普通
渡瀬駅 (JB24) - 吉野駅 (JB25) - 銀水駅 (JB26)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『週刊 JR全駅・全車両基地』33号 熊本駅・嘉例川駅・大畑駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月31日、22頁。
  2. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2009年3月3日) 
  3. ^ JR銀水駅・吉野駅業務引継ぎ式/大牟田市観光情報サイト おおむたnavi - 大牟田観光協会
  4. ^ 駅別乗車人員(平成30年度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 吉野駅(駅情報) - 九州旅客鉄道