千国駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千国駅
千国駅(2010年8月)。左側の建物が駅舎
千国駅(2010年8月)。左側の建物が駅舎
ちくに
Chikuni
白馬大池 (3.3km)
(1.4km) 南小谷
所在地 長野県北安曇郡小谷村大字千国乙
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大糸線
キロ程 68.7km(松本起点)
電報略号 クニ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
2人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1962年昭和37年)12月25日[1]
備考 無人駅
標高:539.6m
テンプレートを表示
ホーム(2010年8月)
駅舎とE127系

千国駅(ちくにえき)は、長野県北安曇郡小谷村大字千国乙にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大糸線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。開業当初も単式ホームであったが、列車増加に対応するため、昭和50年代末期に交換設備を増設し相対式ホーム2面2線となった。その後、2005年平成17年)10月に再び旧下り本線のみを用いた単式ホームに変更された。

南小谷駅管理の無人駅。駅舎はコンクリート製の簡素なものである。トイレ無し[要出典]

利用状況[編集]

「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

駅周辺[編集]

周りは山に囲まれている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
大糸線
快速
通過
普通
白馬大池駅 - 千国駅 - 南小谷駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大糸線は南小谷駅でJR東日本とJR西日本に分割された[4]

出典[編集]

  1. ^ a b 『東筑摩郡松本市塩尻市誌 第三巻 現代下』 東筑摩郡・松本市・塩尻市郷土資料編纂会、1965年。
  2. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  3. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  4. ^ 近藤禎夫 安藤陽 『JRグループ 「民営化」に活路を求めた基幹鉄道』 大月書店、1990年9月。ISBN 978-4272102037
  5. ^ “41人けが、全壊34棟 長野北部地震、余震70回に”. 中日新聞 (中日新聞社). (2014年11月24日)
  6. ^ “JR大糸線、全線復旧 15日ぶり、高校生ら歓迎” 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (2014年12月8日)
  7. ^ 長野県統計書(平成22年度版) (PDF) 197ページ - 長野県
  8. ^ 長野県統計書(平成23年度版) (PDF) 197ページ - 長野県

関連項目[編集]

外部リンク[編集]