細野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
細野駅
ホームと待合室(2009年9月24日)
ホームと待合室(2009年9月24日)
ほその - Hosono
安曇追分 (2.9km)
(1.0km) 北細野
所在地 長野県北安曇郡松川村字東川原
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大糸線
キロ程 22.8km(松本起点)
電報略号 ホソ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
56人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1915年大正4年)9月29日[1]
備考 無人駅
標高:576.8m
テンプレートを表示
駅名標(2008年12月13日)

細野駅(ほそのえき)は、長野県北安曇郡松川村字東川原[注釈 1]にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大糸線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅信濃大町駅管理の無人駅である[要出典]

利用状況[編集]

「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

駅周辺[編集]

目の前は田んぼである。住宅は少ない。駅前にはバス路線が通っていない。 最寄りのバス停は駅すぐ北にある踏切を西へ行ったところにある細野交差点付近に村福祉バスのバス停がある。 踏切を渡った時、南東にある道の駅構内から新宿行き(乗車のみ)高速バスが発着している。白馬方面は降車のみ扱い。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
大糸線
快速
通過
普通
安曇追分駅 - 細野駅 - 北細野駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 字の「東川原」は通称の町名である。松川村は全域が字なしの地域である。
  2. ^ 大糸線は南小谷駅でJR東日本とJR西日本に分割された[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『東筑摩郡松本市塩尻市誌 第三巻 現代下』 東筑摩郡・松本市・塩尻市郷土資料編纂会、1965年。
  2. ^ 大町市史編纂委員会 『大町市史 第四巻 近代・現代』 大町市、1985年9月1日。
  3. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  4. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  5. ^ 近藤禎夫 安藤陽 『JRグループ 「民営化」に活路を求めた基幹鉄道』 大月書店、1990年9月。ISBN 978-4272102037
  6. ^ 長野県統計書(平成22年度版) - 長野県

関連項目[編集]

外部リンク[編集]