南大町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南大町駅
待合室(2009年9月24日)
待合室(2009年9月24日)
みなみおおまち
Minami-Ōmachi
信濃常盤 (3.1km)
(1.1km) 信濃大町
所在地 長野県大町市大町大新田町
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大糸線
キロ程 34.0km(松本起点)
電報略号 ミオ←ミヲ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
158人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1935年昭和10年)2月1日[1][2]
備考 無人駅[1]
* 1937年に昭和駅から改称[2]
標高:710.2m
テンプレートを表示

南大町駅(みなみおおまちえき)は、長野県大町市大町大新田町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大糸線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームがカーブしているため、列車が当駅に停車する際には車掌が常に注意を促す案内をしている。

信濃大町駅管理の[要出典]無人駅である[1]

利用状況[編集]

「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

駅周辺[編集]

南大町駅周辺。昭和電工の工場と高瀬川が見える[7]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
大糸線
快速
通過
普通
信濃常盤駅 - 南大町駅 - 信濃大町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大糸線は南小谷駅でJR東日本とJR西日本に分割された[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 大町市史編纂委員会 『大町市史 第四巻 近代・現代』 大町市、1985年9月1日。
  2. ^ a b c d 『東筑摩郡松本市塩尻市誌 第三巻 現代下』 東筑摩郡・松本市・塩尻市郷土資料編纂会、1965年。
  3. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  4. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  5. ^ 近藤禎夫 安藤陽 『JRグループ 「民営化」に活路を求めた基幹鉄道』 大月書店、1990年9月。ISBN 978-4272102037
  6. ^ 長野県統計書(平成22年度版) - 長野県
  7. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1977年撮影)。
  8. ^ a b c 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]