神城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神城駅
駅舎(2009年8月11日)
駅舎(2009年8月11日)
かみしろ
Kamishiro
16 南神城 (2.4km)
(1.5km) 飯森 14
所在地 長野県北安曇郡白馬村大字神城[1]
駅番号 15
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大糸線
キロ程 55.2km(松本起点)
電報略号 シロ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[2]
乗車人員
-統計年度-
37人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1930年昭和5年)10月25日[3]
備考 簡易委託駅[1]
標高:746.2m[1]
テンプレートを表示
ホーム

神城駅(かみしろえき)は、長野県北安曇郡白馬村大字神城飯田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大糸線である[1]駅番号は「15」である[4]

歴史[編集]

神城駅での開業セレモニー

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、2面3線のホームを持つ地上駅[2]互いのホームは跨線橋で連絡している[要出典]。ホームの長さが7両分しかないため、当駅にかつて停車していた9両編成の特急「あずさ」は両端の3・11号車はドアカットしていた[2]山側の1線は飯森駅方面からしか発着できず架線もないため、もっぱら保線車両や除雪車両の留置に使われる[要出典]

現在の駅舎は地元住民や企業が建設費を捻出して建設されたものである[1]

白馬駅管理の簡易委託駅[1]業務は白馬五竜観光協会に委託されている。POS端末が設置されている[要出典]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行き先
1 大糸線 上り 信濃大町穂高豊科松本方面
2 大糸線 下り 白馬南小谷方面

利用状況[編集]

2017年度の乗車人員は1日平均37人。

乗車人員推移
年度 1日平均人員
2000 100[12]
2001 91[13]
2002 84[14]
2003 89[15]
2004 81[16]
2005 82[17]
2006 73[18]
2007 73[19]
2008 68[20]
2009 63[21]
2010 56[22]
2011 58[23]
2012 58[24]
2013 54[25]
2014 48[26]
2015 48[27]
2016 46[28]
2017 37[29]

駅周辺[編集]

住宅がやや多い。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
神城駅前 信州まつもと空港 南安タクシー 予約制[30]
白馬五竜バス停
(国道148号上
駅より徒歩約3分)
中央高速バス
新宿-安曇野・白馬線
バスタ新宿新宿駅 京王バス東
アルピコ交通
アルピコ交通東京
白馬-成田空港線 成田国際空港 アルピコ交通東京 冬季運行
白馬-羽田空港線 羽田空港 アルピコ交通東京
羽田京急バス
冬季運行
東京-白馬線
(白馬スノーマジック号)
東京駅日本橋口 アルピコ交通 冬季運行
大阪・京都-白馬線 京都駅八条口・新大阪駅 阪急三番街高速バスターミナル アルピコ交通
アルピコ交通大阪
季節運行
長野-白馬線 美麻・千見 長野駅東口 アルピコ交通
松本-白馬線
(白馬スノーマジック号)
松本インター前 松本バスターミナル アルピコ交通 冬季運行


隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
大糸線
快速
簗場駅 - 神城駅 - 白馬駅
普通
南神城駅 - 神城駅 - 飯森駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 信濃毎日新聞社出版部 『長野県鉄道全駅 増補改訂版』 信濃毎日新聞社、2011年7月24日、118頁。ISBN 9784784071647
  2. ^ a b c d 『週刊 JR全駅・全車両基地』36号 松本駅・穂高駅・姨捨駅ほか70駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年4月21日、26頁。
  3. ^ a b c d 『東筑摩郡松本市塩尻市誌 第三巻 現代下』 東筑摩郡・松本市・塩尻市郷土資料編纂会、1965年。
  4. ^ 大糸線に「駅ナンバー」を導入します (PDF)”. 東日本旅客鉄道 (2016年12月7日). 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ 諸河久 松本典久 『JRローカル線』 保育社、1994年。ISBN 978-4586508587
  6. ^ 白馬村の歩み”. 白馬村役場. 2015年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月22日閲覧。 “神城駅前広場”
  7. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  8. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  9. ^ “41人けが、全壊34棟 長野北部地震、余震70回に”. 中日新聞 (中日新聞社). (2014年11月24日)
  10. ^ “長靴姿で登校、大糸線が一部再開 県神城断層地震”. 中日新聞 (中日新聞社). (2014年11月26日)
  11. ^ “JR大糸線、全線復旧 15日ぶり、高校生ら歓迎” 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (2014年12月8日)
  12. ^ 各駅の乗車人員 2000年度 - 東日本旅客鉄道
  13. ^ 各駅の乗車人員 2001年度 - 東日本旅客鉄道
  14. ^ 各駅の乗車人員 2002年度 - 東日本旅客鉄道
  15. ^ 各駅の乗車人員 2003年度 - 東日本旅客鉄道
  16. ^ 各駅の乗車人員 2004年度 - 東日本旅客鉄道
  17. ^ 各駅の乗車人員 2005年度 - 東日本旅客鉄道
  18. ^ 各駅の乗車人員 2006年度 - 東日本旅客鉄道
  19. ^ 各駅の乗車人員 2007年度 - 東日本旅客鉄道
  20. ^ 各駅の乗車人員 2008年度 - 東日本旅客鉄道
  21. ^ 各駅の乗車人員 2009年度 - 東日本旅客鉄道
  22. ^ 各駅の乗車人員 2010年度 - 東日本旅客鉄道
  23. ^ 各駅の乗車人員 2011年度 - 東日本旅客鉄道
  24. ^ 各駅の乗車人員 2012年度 - 東日本旅客鉄道
  25. ^ 各駅の乗車人員 2013年度 - 東日本旅客鉄道
  26. ^ 各駅の乗車人員 2014年度 - 東日本旅客鉄道
  27. ^ 各駅の乗車人員 2015年度 - 東日本旅客鉄道
  28. ^ 各駅の乗車人員 2016年度 - 東日本旅客鉄道
  29. ^ 各駅の乗車人員 2017年度 - 東日本旅客鉄道
  30. ^ 信州まつもと空港 シャトル便 予約サイト”. 安曇野市観光協会. 2018年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]