北村菜々美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北村 菜々美 Football pictogram.svg
名前
愛称 ななみ、おまさ、まさちゃん、ななちゃん[1]
カタカナ キタムラ ナナミ
ラテン文字 KITAMURA Nanami
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-11-25) 1999年11月25日(21歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
身長 162cm[1]
体重 49kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
ポジション MF, DF
背番号 14
利き足 右足[2]
ユース
日本の旗 大阪苅田JSC
2012 日本の旗 セレッソ大阪レディース
2013 日本の旗 セレッソ大阪堺ガールズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2020 日本の旗 セレッソ大阪堺レディース 95 (14)
2021- 日本の旗 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
代表歴2
2021- 日本の旗 日本 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月21日現在。
2. 2021年7月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

北村 菜々美(きたむら ななみ、1999年11月25日 - )は、大阪府出身の女子サッカー選手。日テレ・東京ヴェルディベレーザ所属。サッカー日本女子代表。登録ポジションはミッドフィールダーサイドハーフインサイドハーフ)。

経歴・人物[編集]

大阪府出身。小学校の時に正覚寺フットボールクラブ、大阪苅田ジュニアサッカークラブでサッカーを始める。

羽衣国際大学に在学する(2021年4月現在)学生である[3]

2011年夏に神戸新聞社後援の「第14回神鍋ジュニアサッカーサマーカーニバル」に参加し、女子敢闘賞を受賞している[4]。また同年10月に大阪府サッカー協会主催の「OFAセントラルトレセン 女子U-12」に選抜された経験がある[5]

セレッソ大阪堺レディース[編集]

2012年、現在のセレッソ大阪堺レディースであるセレッソ大阪レディースに入団。

2014年、チャレンジリーグ第20節、中学3年生でセレッソ大阪堺レディースの選手としてデビュー[6]

2018年、左サイドバックでプレーし、スピードを生かしたドリブルや連携プレーを見せリーグ戦全試合に出場した[7]

2019年、自身最多のリーグ戦3得点を記録。

2020年、自身最多を更新するリーグ戦4得点を記録。9年間育ったセレッソから日テレ・東京ヴェルディベレーザに完全移籍する事が発表された[8]

日テレ・東京ヴェルディベレーザ[編集]

2021年日テレ・東京ヴェルディベレーザに加入した[9]

日本代表[編集]

年代別代表では2016年U-17日本女子代表のアメリカ遠征が初召集[10]で、カーソンでのU-18大韓民国女子代表戦で後半開始から冨田実侑と交代して出場したのが最初のキャリアである[11]。同年9月の2016 FIFA U-17女子ワールドカップではグループリーグ2試合と準決勝、決勝で先発フル出場した[12]

2017年、U-19日本女子代表に選出されてAFC U-19女子選手権2017に出場し、本大会では4試合に左サイドバックとして先発フル出場してアジア制覇を成し遂げた[13]

2018年U-20日本女子代表に選出され、2018 FIFA U-20女子ワールドカップに出場。本大会では準決勝(イングランド戦)を除く5試合に先発フル出場、準々決勝のドイツ戦でダメ押しとなる宝田沙織のゴールをアシストするなど活躍[14]セレッソ大阪堺レディースでチームメイトの宝田沙織林穂之香と共に日本の初優勝に貢献した。シーズン終了後の2019年1月のなでしこジャパン候補合宿に招集され、これがセレッソ大阪堺レディース初のなでしこジャパン招集となった[15]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2014 セレッソ大阪堺レディース 25 チャレンジ 5 0 - - 5 0
2015 チャレンジWEST 11 2 - - 11 2
2016 17 なでしこ2部 12 2 9 1 1 0 22 3
2017 16 2 8 1 2 0 26 3
2018 7 なでしこ1部 18 1 8 2 2 0 28 3
2019 なでしこ2部 16 3 4 0 2 1 22 4
2020 なでしこ1部 17 4 - 3 0 20 4
2021-22 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 14 WE
通算 日本 1部 35 5 8 2 5 0 48 7
日本 2部 49 7 21 2 5 1 75 10
日本 3部 11 2 - - 11 2
総通算 95 14 29 4 10 1 144 19

タイトル[編集]

代表[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2021 7 0
通算 7 0

(2021年7月30日現在)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 北村 菜々美選手 | 日テレ・東京ヴェルディベレーザ / Nippon TV Tokyo Verdy Beleza” (日本語). www.verdy.co.jp. 2021年4月13日閲覧。
  2. ^ 『PlenusなでしこリーグPlenusチャレンジリーグ オフィシャルガイドブック2018 30周年特別号』ぴあ、2018年、70頁。ISBN 978-4-8356-3432-6
  3. ^ 羽衣国際大学 (2021年4月9日). “『なでしこジャパン(日本女子代表)国際親善試合 パラグアイ戦』に本学学生の北村 菜々美選手が出場!” (日本語). www.hagoromo.ac.jp. 2021年5月5日閲覧。
  4. ^ 第14回神鍋ジュニアサッカーサマーカーニバル 82チームで熱戦! 優勝は宇治翔FC(6年生以下A)、三樹平田SC(4年生以下A) ニチレクジュニアサッカー
  5. ^ OFAセントラルトレセン 女子U-12 (PDF) 大阪府サッカー協会
  6. ^ チャレンジリーグ第20節”. セレッソ大阪スポーツクラブレディースブログ. 2021年8月23日閲覧。
  7. ^ 「1試合ごとにできることが増える」。今季2勝目のC大阪堺レディース、好転のきっかけを作った3つの要素”. Yahooニュース. 2021年8月23日閲覧。
  8. ^ 北村菜々美選手 日テレ・東京ヴェルディベレーザへ完全移籍決定のお知らせ”. セレッソ大阪. 2021年8月23日閲覧。
  9. ^ 北村菜々美選手移籍加入のお知らせ 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2021-01-21
  10. ^ U-17日本女子代表 アメリカ遠征 活動レポート3日目(2/9)” (日本語). JFA|公益財団法人日本サッカー協会 (2016年2月10日). 2021年5月5日閲覧。
  11. ^ U-17日本女子代表 初戦を白星で飾る 日本サッカー協会 2016-02-12
  12. ^ 決勝戦(朝鮮民主主義人民共和国 - 日本) 日本サッカー協会
  13. ^ U-19日本女子代表 大会連覇、5度目の優勝に輝く~AFC U-19女子選手権~ 日本サッカー協会 2017-10-30
  14. ^ 【U-20女子W杯】ヤングなでしこがドイツに完勝! 2大会連続でベスト4進出! サッカーダイジェストWEB 2018-08-18
  15. ^ セレッソ大阪堺レディース 北村菜々美選手 なでしこジャパン(日本女子代表候補)メンバーに選出”. まいど!セレッソ. 2021年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]