中村和哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 和哉 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナカムラ カズヤ
ラテン文字 NAKAMURA Kazuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-09-28) 1961年9月28日(57歳)
出身地 大阪府
身長 180cm
体重 72kg
選手情報
ポジション GK
ユース
1977-1979 北陽高校
1980- 大阪商業大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1992 読売クラブ 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中村 和哉(なかむら かずや、1961年9月28日 - )は、大阪府出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションは、ゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

1983年に読売クラブへ入団。この年の読売は、前年度まで所属していた二人のGK(高田喜善、中山良夫)が揃って退団し、新人GKのみという異例の事態にあったが、中村はリーグ戦全試合にフル出場して読売の日本サッカーリーグ(JSL)初優勝に貢献し、新守護神としての座を確固たるものとした。翌1984年は監督のルディ・グーテンドルフがユーゴスラビアから招聘したGKヴィエラン・シィムニッチ英語版とのポジション争いになったが、シィムニッチの出場はわずか1試合に留まり、中村は残る17試合全てでゴールマウスを守ってリーグ戦二連覇を果たした。1985年に藤川孝幸が台頭し、1986年に後の日本代表GK菊池新吉が入団すると次第に出場機会は減少したが、その後もバックアッパーとして読売GK陣を支え続けた。

引退後は指導者の道へ進み、東京ヴェルディのアマチュアチームなどを指導。1999年には日本女子代表でGKコーチを務めた。2010年、東京Vのスタッフを退任[1]

2012年、SC相模原のGKコーチに就任。また、この年は層の薄かったGKの補充要員として出場選手登録もされ、50歳での「現役復帰」となったが、公式戦に出場することはなかった。翌年以降は選手登録を解除され、本職であるコーチ専任となった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1983 読売 2 JSL1部 18 0 3 0 3 0 24 0
1984 21 17 0 2 0 4 0 23 0
1985 1 10 0 0 0 0 0 10 0
1986-87 0 0 0 0 0 0 0 0
1987-88 6 0 0 0 0 0 6 0
1988-89 5 0 2 0 0 0 7 0
1989-90 22 0 0 0 0 0 0 0 0
1990-91 21 0 0 0 0 0 0 0 0
1991-92 0 0 0 0 0 0 0 0
2012 相模原 27 関東1部 0 0 - - 0 0
通算 日本 JSL1部 56 0 7 0 7 0 70 0
日本 関東1部 0 0 - - 0 0
総通算 56 0 7 0 7 0 70 0

その他の公式戦

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j “契約満了スタッフのお知らせ” (プレスリリース), J's GOAL, (2010年12月10日), http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00111346&keyword=&team=441&year=2010 2016年2月9日閲覧。 
  2. ^ a b “スタッフ紹介”. MKサッカースクール. http://mkfootball.com/staff.html 2016年2月9日閲覧。 

関連項目[編集]