松田紫野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松田 紫野 Football pictogram.svg
名前
愛称 しの[1]
カタカナ マツダ シノ
ラテン文字 Shino MATSUDA
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (2001-03-27) 2001年3月27日(20歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
身長 160cm[1]
体重 51kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
ポジション DF
背番号 13
利き足[1]
ユース
日本の旗 柏マイティーフットボールクラブ
2013-2019 日本の旗 日テレ・メニーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2018- 日本の旗 日テレ・ベレーザ
0/0日テレ・東京ヴェルディベレーザ
18 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年11月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松田 紫野(まつだ しの、2001年3月27日 - )は、千葉県出身の女子サッカー選手。日テレ・東京ヴェルディベレーザ所属。登録ポジションはディフェンダー[1]

経歴[編集]

小学2・3年生の頃、兄の影響でサッカーを始め、柏マイティーフットボールクラブに所属。

2012年、U-12ナショナルトレセン関東に選抜[2]

2013年、日テレ・ベレーザの育成組織、日テレ・メニーナに所属。

2019年東京都立国際高等学校を卒業し[3]、同級生の黒沢彩乃菅野奏音らと共に、日テレ・東京ヴェルディベレーザに昇格した。

ユースカップ[編集]

2014年、松田の所属するメニーナが第18回全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会優勝を果たした。この大会で松田はDFとしてベンチ入りし、2試合に途中出場した[4]

2015年の第19回大会ではフル出場を果たすも、決勝でPK戦までもつれこむ激戦の上、セレッソ大阪堺ガールズに敗北[5]

2016年の第20回大会以降、松田はキャプテンを任され、第20回大会では2回戦敗退、第21回大会では3位と、優勝できずにいた[6][7]。松田が高校3年生時の第22回大会でもキャプテンとして全試合に出場。メニーナに4年ぶり8度目となる大会優勝をもたらした[8]

皇后杯[編集]

第37回皇后杯でメニーナは5大会ぶりの出場を果たすも、2回戦で実業団チームのノジマステラ神奈川相模原に敗れた。第38回から第40回までキャプテンを務めたが、最高戦績は第40回皇后杯の2回戦敗退で終わった[9][10][11]。日テレ・東京ヴェルディベレーザに昇格した第41回大会では、決勝戦を除く4戦に出場。自身初となる皇后杯優勝を経験した[12]

国際大会[編集]

2016年、 U-17女子NTC招待メンバーに選出。翌年のAFC U-16女子選手権タイ2017では、キャプテンを務め、全試合フル出場を果たしたが、3位に終わった[13]

2018年2018 FIFA U-17女子ワールドカップにもキャプテンとして全試合出場[14]。準々決勝でニュージーランドにPK戦の末敗れ、ベスト8に終わった。

AFC U-19女子選手権2019では、4試合に出場し、日本の同大会での4連覇に貢献した[15]

人物[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2015 日テレ・メニーナ 11 - - - 1 0 1 0
2016 6 - - 1 0 1 0
2017 - - 1 0 1 0
2018 日テレ・ベレーザ 24 なでしこ1部 0 0 3 0 0 0 3 0
2019 13 3 0 9 0 4 1 16 1
2020 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 15 0 - 5 0 20 0
2021-22 WE
通算 日本 1部 18 0 12 0 9 1 39 1
日本 その他 - - 3 0 3 0
総通算 18 0 12 0 12 1 42 1

タイトル[編集]

代表[編集]

クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 松田 紫野選手 | 日テレ・東京ヴェルディベレーザ / Nippon TV Tokyo Verdy Beleza” (日本語). www.verdy.co.jp. 2021年5月4日閲覧。
  2. ^ 2012ナショナルトレセンU-12 関東”. ジュニアサッカーニュースDB. 2020年12月8日閲覧。
  3. ^ 卒業&新たな生活へ”. 一般社団法人日本女子サッカーリーグ. 2020年12月7日閲覧。
  4. ^ 第18回全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  5. ^ 第19回全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  6. ^ 第20回全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  7. ^ 第21回全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  8. ^ 第22回全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  9. ^ 皇后杯 JFA 第38回全日本女子サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  10. ^ 皇后杯 JFA 第39回全日本女子サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  11. ^ 皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  12. ^ 皇后杯 JFA 第41回全日本女子サッカー選手権大会”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  13. ^ AFC U-16女子選手権タイ2017”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  14. ^ FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ 2018”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  15. ^ AFC U-19女子選手権タイ2019”. JFA. 2020年12月8日閲覧。
  16. ^ 酒井宏樹は小学生時代、柏マイティFCに所属していたため、松田の先輩にあたる。
  17. ^ ブログ:同期4人”. 一般社団法人日本女子サッカーリーグ. 2020年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]