AFC U-16女子選手権2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
AFC U-16女子選手権2017
2017 AFC U-16 Women's Championship
2017 เอเอฟซี U-16 หญิงแชมป์
大会概要
開催国 タイ王国の旗 タイ
日程 2017年9月10日 - 23日
チーム数(1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  北朝鮮 (3回目)
準優勝  韓国
3位  日本
4位  中国
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 69点
(1試合平均 4.31点)
総入場者数 6,276人
(1試合平均 392人)
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・キョンヨン(9点)
最優秀選手 朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・キョンヨン
 < 20152019

AFC U-16女子選手権2017: 2017 AFC U-16 Women's Championship)は、2017年9月10日から23日にかけてタイチョンブリーで開催された第7回目のAFC U-16女子選手権である[1]。タイでの開催は2009年以来4大会ぶり2回目である。この大会は2018 FIFA U-17女子ワールドカップのアジア予選を兼ねており、本大会の上位3チームに出場権が与えられる[2]


予選大会[編集]

本大会[編集]

出場国[編集]

出場国 出場条件 出場決定日
 北朝鮮 前回大会 優勝 2016年5月19日[3]
 日本 前回大会 2位 2016年5月19日
 中国 前回大会 3位 2016年5月19日
 タイ 前回大会 4位・開催国 2016年5月19日
 ラオス 予選グループA2位 2016年9月5日[注 1]
 韓国 予選グループB1位 2016年9月5日
 バングラデシュ 予選グループC1位 2016年9月5日
 オーストラリア 予選グループD1位 2016年9月3日 

結果[編集]

日時は全て現地時間(UTC+7:00)。

グループリーグ[編集]

2017年4月28日にグループリーグの組み合わせが行われた[4]

グループ A[編集]

チーム
1  中国 3 2 1 0 15 3 +12 7
2  韓国 3 2 1 0 12 2 +10 7
3  タイ 3 1 0 2 4 9 −5 3
4  ラオス 3 0 0 3 0 17 −17 0

2017年9月10日 (2017-09-10)
17:00
中国  2 - 2  韓国
張琳艷 11分にゴール 11分
唐涵 90+3分にゴール 90+3分
レポート ファン・アヒョン 59分にゴール 59分
キム・ビトナ 68分にゴール 68分

2017年9月10日 (2017-09-10)
19:00
タイ  3 - 0  ラオス
ソンティサワー 26分にゴール 26分67分
ジーラタナパヴィブル 45分にゴール 45分
レポート
チョンブリー・スタジアム, チョンブリー
観客数: 185
主審: ケーシー・リベール(オーストラリア)

2017年9月13日 (2017-09-13)
17:00
ラオス  0 - 7  中国
レポート 韓慧敏 3分にゴール 3分
李英華 30分にゴール 30分
金菁 45+1分にゴール 45+1分
唐涵 57分にゴール 57分
張琳艷 62分にゴール 62分78分
王雨夢 89分にゴール 89分
チョンブリー体育研究所競技場, チョンブリー
観客数: 65
主審: セイン・チョ・アウン(ミャンマー)

2017年9月13日 (2017-09-13)
19:00
韓国  3 - 0  タイ
アン・セビン 58分にゴール 58分
チャン・ウニョン 62分にゴール 62分
チョ・ミジン 62分にゴール 62分
レポート
チョンブリー・スタジアム, チョンブリー
観客数: 248
主審: EDITA MIRABIDOVA(ウズベキスタン)

2017年9月16日 (2017-09-16)
18:00
タイ  1 - 6  中国
ソムノンク49分にゴール 49分 レポート 欧一垚6分にゴール 6分
ワララー30分にゴール 30分 (o.g.)
楊倩36分にゴール 36分
唐涵 56分にゴール 56分69分
張琳艷57分にゴール 57分

2017年9月16日 (2017-09-16)
18:00
韓国  7 - 0  ラオス
コ・ミンジュン 7分にゴール 7分37分85分
チョ・ミジン 37分にゴール 37分88分89分
リ・シュイン80分にゴール 80分
レポート
チョンブリー体育研究所競技場, チョンブリー
観客数: 45
主審: ケーシー・リベール(オーストラリア)

グループ B[編集]

チーム
1  日本 3 3 0 0 10 1 +9 9
2  北朝鮮 3 2 0 1 17 2 +15 6
3  オーストラリア 3 1 0 2 3 14 −11 3
4  バングラデシュ 3 0 0 3 2 15 −13 0

2017年9月11日 (2017-09-11)
17:00
北朝鮮  9 - 0  バングラデシュ
キム・キョンヨン5分にゴール 5分8分50分57分86分
リ・スギョン30分にゴール 30分90+1分
キム・ユノ33分にゴール 33分
ユン・チファ52分にゴール 52分
レポート
チョンブリー・スタジアム, チョンブリー
観客数:  パンサ・チャイサニット(タイ)
主審: 50

2017年9月11日 (2017-09-11)
19:00
日本  5 - 0  オーストラリア
大澤春花 5分にゴール 5分
富岡千宙 48分にゴール 48分
田中智子 54分にゴール 54分71分
木下桃香 84分にゴール 84分
レポート
チョンブリー体育研究所競技場, チョンブリー
観客数: 152
主審: オ・ヒョンジョン (韓国)

2017年9月14日 (2017-09-14)
17:00
バングラデシュ  0 - 3  日本
レポート 田中智子 13分にゴール 13分
 中江萌 31分にゴール 31分
山本柚月 39分にゴール 39分
チョンブリー体育研究所競技場, チョンブリー
観客数: 106
主審: マザ・ゴーバニ(イラン)

2017年9月14日 (2017-09-14)
19:00
オーストラリア  0 - 7  北朝鮮
レポート キム・キョンヨン5分にゴール 5分39分
パク・ヘギョン21分にゴール 21分
コ・ギョンフィ78分にゴール 78分
リ・スギョン86分にゴール 86分90+2分
ユン・チファ88分にゴール 88分
チョンブリー・スタジアム, チョンブリー
観客数: 75
主審: コン・ティ・ダング(ベトナム)

2017年9月17日 (2017-09-17)
18:00
北朝鮮  1 - 2  日本
キム・キョンヨン18分にゴール 18分 レポート 木下桃香 76分にゴール 76分
山本柚月 86分にゴール 86分
チョンブリー・スタジアム, チョンブリー
観客数: 105
主審: EDITA MIRABIDOVA(ウズベキスタン)

2017年9月17日 (2017-09-17)
18:00
オーストラリア  3 - 2  バングラデシュ
ヒューズ 9分にゴール 9分
コニークロス 78分にゴール 78分
サカリス 83分にゴール 83分
レポート シャムスナハア 45分にゴール 45分 (pen.)
モニカ 51分にゴール 51分
チョンブリー体育研究所競技場, チョンブリー
観客数: 157
主審: オ・ヒョンジョン (韓国)

決勝トーナメント[編集]

組み合わせ[編集]

 
準決勝決勝
 
      
 
9月20日 – チョンブリー
 
 
 中国0
 
9月23日 – チョンブリー
 
 北朝鮮1
 
 北朝鮮2
 
9月20日 – チョンブリー
 
 韓国0
 
 日本1(2)
 
 
 韓国(PK)1(4)
 
3位決定戦
 
 
9月23日 – チョンブリー
 
 
 中国0
 
 
 日本1

準決勝[編集]

2017年9月20日 (2017-09-20)
16:00
中国  0 - 1  北朝鮮
レポート リ・スギョン58分にゴール 58分 (pen.)
チョンブリー・スタジアム, チョンブリー
観客数: 1,036
主審: コン・ティ・ダング(ベトナム)

2017年9月20日 (2017-09-20)
19:30
日本  1 - 1  韓国
田中智子 46分にゴール 46分 レポート チョ・ミジン 65分にゴール 65分 (pen.)
  PK戦  
富岡千宙 成功
田中智子 ミス
伊藤彩羅 成功
岩井蘭 ミス
2 - 4 成功 リ・スイン
ミス リ・ウニョン
成功 ジャン・ユウビン
成功 コ・ミンジャン
成功 チョ・ミジン
チョンブリー・スタジアム, チョンブリー
観客数: 927
主審: マザ・ゴーバニ(イラン)

3位決定戦[編集]

2017年9月23日 (2017-09-23)
16:00
中国  0 - 1  日本
レポート 中尾萌々55分にゴール 55分
チョンブリー・スタジアム, チョンブリー
観客数: 1,677
主審: ケーシー・リベール(オーストラリア)

決勝[編集]

2017年9月23日 (2017-09-23)
19:30
北朝鮮  2 - 0  韓国
リ・スジョン 38分にゴール 38分
キム・キョンヨン87分にゴール 87分
レポート

優勝国[編集]

 AFC U-16女子選手権2017優勝国 

北朝鮮
2大会連続3回目

表彰[編集]

今大会の各種表彰は以下のように発表された[5]

大会最優秀選手 大会得点王 フェアプレー賞
朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・キョンヨン 朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・キョンヨン(9得点)  日本

2018 FIFA U-17女子ワールドカップ出場国[編集]

注記[編集]

  1. ^ グループA1位のタイは前回大会で4位となり、なおかつ開催国として出場権を得ているため2位のラオスが出場権を獲得した。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]