AFC U-17女子選手権2005

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AFC U-17女子選手権2005
大会概要
開催国 大韓民国の旗 韓国
日程 2005年4月16日 - 4月27日
チーム数 11 (1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  日本 (1回目)
準優勝  中国
3位  タイ
4位  韓国
大会統計
試合数 19試合
ゴール数 178点
(1試合平均 9.37点)
総入場者数 27,100人
(1試合平均 1,426人)
得点王 日本の旗 原菜摘子(12点)
最優秀選手 日本の旗 原菜摘子
2007

AFC U-17女子選手権2005: AFC U-17 Women's Championship 2005)は、2005年4月16日から4月27日にかけて、韓国で開催された[1]第1回目のAFC U-17女子選手権で、2007年に開催された次回大会からU-16にレギュレーションが変更されたため、第1回目のAFC U-16女子選手権としても位置づけられている。日本が同大会初の優勝を飾り、同国代表の原菜摘子が大会最優秀選手に選出された。

結果[編集]

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]

チーム
1  韓国 3 3 0 0 25 2 +23 9
2  タイ 3 2 0 1 19 7 +12 6
3  インド 3 1 0 2 10 13 −3 3
4  インドネシア 3 0 0 3 0 32 −32 0


韓国  15 - 0  インドネシア
チョ・ヘソク 2分にゴール 2分37分
チョン・ガウル 9分にゴール 9分13分21分
パク・チヨン 10分にゴール 10分66分
キム・スジン 15分にゴール 15分39分
キム・チョヘ 19分にゴール 19分
クウォン・ハヌル 41分にゴール 41分
ジュン・ウォンジュン 47分にゴール 47分52分
パク・チョロン 80+1分にゴール 80+1分80+3分
レポート
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 3,500人
主審: インドの旗 Bentla D'Coth

タイ  6 - 4  インド
ソーンサイ 6分にゴール 6分71分76分
チャウォン 13分にゴール 13分
ナンペン 17分にゴール 17分
ペアンテム 65分にゴール 65分
レポート ンガンゴム 40+1分にゴール 40+1分41分51分
ラジュ 46分にゴール 46分


インド  0 - 7  韓国
レポート クウォン・ハヌル 28分にゴール 28分37分
パク・チヨン 35分にゴール 35分52分
チョン・ガウル 45分にゴール 45分
チョ・ソヒョン 74分にゴール 74分
イ・エウン 79分にゴール 79分
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 2,000人
主審: 中華人民共和国の旗 Li Hong

インドネシア  0 - 11  タイ
レポート トンチョン 8分にゴール 8分55分
ナンペン 11分にゴール 11分
ケルトソンブン 12分にゴール 12分
ソーンサイ 22分にゴール 22分30分38分41分66分
パンラタメー 24分にゴール 24分
ンゴエンディ 73分にゴール 73分


韓国  3 - 2  タイ
イ・エウン 13分にゴール 13分
パク・チヨン 46分にゴール 46分
ユ・ヨンア 70分にゴール 70分
レポート ソーンサイ 31分にゴール 31分
チャウォン 75分にゴール 75分
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 2,000人
主審: 中華人民共和国の旗 Li Hong

インド  6 - 0  インドネシア
ンガンゴム 26分にゴール 26分54分
フマル 41+分にゴール 41+分
サンジャム 52分にゴール 52分
チンサム 75分にゴール 75分
デヴィ 80+1分にゴール 80+1分
レポート
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 500人
主審: 大韓民国の旗 Hong Eun-Ah


グループ B[編集]

チーム
1  日本 3 3 0 0 64 0 +64 9
2  グアム 3 1 1 1 1 18 −17 4
3  香港 3 1 1 1 3 24 −21 4
4  バングラデシュ 3 0 0 3 2 28 −26 0


香港  0 - 22  日本
レポート 原菜摘子 5分にゴール 5分30分35分
永里亜紗乃 6分にゴール 6分17分23分29分39分
小野瞳 19分にゴール 19分33分38分
與山このみ 32分にゴール 32分53分
田中明日菜 45分にゴール 45分
川村真理 45分にゴール 45分62分
内堀律子 47分にゴール 47分56分65分
堀良江 80+2分にゴール 80+2分80+3分
南海パブリックスタジアム南海郡
観客数: 1,000人
主審: 大韓民国の旗 Hong Eun-Ah



日本  24 - 0  バングラデシュ
原菜摘子 5分にゴール 5分31分37分45分49分
初見尚美 11分にゴール 11分60分
松原めぐみ 19分にゴール 19分40分
嘉数飛鳥 24分にゴール 24分31分71分80+1分
川村真理 36分にゴール 36分41+分41+分
堀良江 57分にゴール 57分61分75分76分
與山このみ 65分にゴール 65分
アクタル73分にゴール 73分 (OG)
レポート

グアム  0 - 0  香港
レポート
南海パブリックスタジアム南海郡
観客数: 300人
主審: ミャンマーの旗 Myint Daw San San


グアム  0 - 18  日本
レポート 田中明日菜 9分にゴール 9分57分82分
原菜摘子 22分にゴール 22分
小野瞳 25分にゴール 25分43分
堀良江 28分にゴール 28分38分67分
内堀律子 40分にゴール 40分41分80+1分
與山このみ 45分にゴール 45分50分
永里亜紗乃 59分にゴール 59分64分69分
川村真理 65分にゴール 65分
南海パブリックスタジアム南海郡
観客数: 1,000人
主審: 台湾の旗 Hsieh Li Chuan

香港  3 - 2  バングラデシュ
ユ・ヘイマン 37分にゴール 37分
ピンキ71分にゴール 71分 (OG)
チョン・ワイキ 80分にゴール 80分
レポート ボル 34分にゴール 34分
バグム 74分にゴール 74分
南海パブリックスタジアム南海郡
観客数: 500人
主審: ミャンマーの旗 Myint Daw San San


グループ C[編集]

チーム
1  中国 2 2 0 0 34 0 +34 6
2  チャイニーズタイペイ 2 1 0 1 7 7 0 3
3  シンガポール 2 0 0 2 0 34 −34 0

中国  7 - 0  チャイニーズタイペイ
マ・シャオスー 11分にゴール 11分14分
リ・リン 32分にゴール 32分38分
リ・ナン 58分にゴール 58分76分80+分
レポート
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 500人
主審: 大韓民国の旗 Han Kyung-Hwa

チャイニーズタイペイ  7 - 0  シンガポール
林曼婷 19分にゴール 19分
ライ・リチン 35分にゴール 35分56分62分76分
フン・チアチュン 38分にゴール 38分
陳曉娟 58分にゴール 58分
レポート
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 1,000人
主審: 大韓民国の旗 Han Kyung-Hwa

シンガポール  0 - 27  中国
レポート ワン・ニ 3分にゴール 3分
リ・ナン 4分にゴール 4分13分30分38分42分
リ・ウェン 6分にゴール 6分15分
ル・アイシェ 11分にゴール 11分44分69分
リ・リン 14分にゴール 14分18分20分49分68分
ジョレーン24分にゴール 24分 (OG)
マオ・アイホン 36分にゴール 36分70分
ヘ・ツェン 40分にゴール 40分71分
ワン・リンリン 73分にゴール 73分
スー・ウェンジャ 75分にゴール 75分
サンガラジョー77分にゴール 77分 (OG)

各組2位チーム[編集]

チーム
A  タイ 2 1 0 1 8 7 +1 3
C  チャイニーズタイペイ 2 1 0 1 7 7 0 3
B  グアム 2 0 1 1 0 18 −18 1
  • グループAとグループBのチームは最下位のチームとの対戦成績を除いて集計。

決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
4月24日 - 南海郡    
  韓国 0
  日本 4  
  4月27日 - 南海郡
  日本 1 (3)
    中国 1 (1)
 
3位決定戦
4月24日 - 南海郡 4月27日 - 南海郡
  中国 6   韓国 1
  タイ 0     タイ 2

準決勝[編集]


韓国  0 - 4  日本
レポート 永里亜紗乃 46分にゴール 46分52分
與山このみ 64分にゴール 64分
堀良江 78分にゴール 78分
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 4,000人
主審: インドの旗 Bentla D'Coth

中国  6 - 0  タイ
マ・シャオスー 9分にゴール 9分16分74分77分
サリアン29分にゴール 29分 (OG)
リ・リン 46分にゴール 46分
レポート
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 1,000人
主審: ミャンマーの旗 Myint Daw San San

3位決定戦[編集]


韓国  1 - 2  タイ
ジュン・ウォンジュン 68分にゴール 68分 レポート チャウォン 17分にゴール 17分
ペアンセム 65分にゴール 65分
南海スポーツパーク南海郡
観客数: 1,500人
主審: 中華人民共和国の旗 Li Hong

決勝[編集]


日本  1 - 1
(延長)
 中国
原菜摘子 51分にゴール 51分 レポート マ・シャオスー 41分にゴール 41分
  PK戦  
松原めぐみ ミス(goalkeeper save)
永里亜紗乃 成功
宇津木瑠美 成功
堀良江 成功
3 - 1 ミス(goalkeeper save) リ・シャオヤン
ミス(goalkeeper save) リ・リン
成功 リ・ナン
ミス(goalkeeper save) マ・シャオスー

優勝国[編集]

 AFC U-17女子選手権2005優勝国 

日本
初優勝

表彰[編集]

大会最優秀選手 大会得点王
日本の旗 原菜摘子 日本の旗 原菜摘子(12得点)

脚注[編集]

  1. ^ Venue AFC.com、2007年8月31日掲載、2012年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]