勧修寺ただ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「勸修寺婧子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

勧修寺 婧子(かじゅうじ ただこ、安永9年11月6日1780年12月1日) - 天保14年3月21日1843年4月20日))は、光格天皇典侍で、仁孝天皇の生母。

幼名は操(みさお)、別名に冬子。に、新典侍(しん てんじ)、宰相典侍(さいしょう てんじ)、権中納言典侍(ごんちゅうなごん てんじ)、三位局(さんみの つぼね)など。

死後准三后女院を追贈、院号東京極院(ひがし きょうごく いん)。

徳川家康の子である松平信康(妻は織田信長の娘である徳姫)、督姫結城秀康徳川頼宣の子孫であるため、仁孝天皇以降の天皇とその子孫にあたる現在の皇族(男性皇族との婚姻により皇族になった女性皇族を除く)は織田信長と徳川家康の子孫にもあたる(ちなみに、大正天皇の皇后である貞明皇后も徳川家康の子である結城秀康、徳川秀忠徳川義直、織田信長の妹のお市の方の子孫であるため、その方面からも家康、織田家の血が流れている)。詳細はこちら

来歴[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]