加島祥造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加島 祥造(かじま しょうぞう、1923年1月12日 - 2015年12月25日[1])は、日本の詩人アメリカ文学研究者翻訳家随筆家タオイスト墨彩画家。詩作のみならず、アメリカ文学の翻訳にて名声を得た後、壮年期より漢詩を経て老荘思想に大きな影響を受け、文筆のみならず絵画なども含めた幅広い創作活動や執筆活動を通して、西洋と東洋の双方を見渡す位置からタオイストとしての一貫した姿勢を私生活でも死去するまで徹底した。

翻訳関係の仕事では、訳書により、一ノ瀬直二[2]久良岐基一[3]といった別名義を用いて活動しており、死後になって、関係者よりその事実が改めて説明がなされた。

生涯[編集]

東京市神田区にて、大家族の商家の家系に生まれ育つ。東京府立第三商業学校、1946年早稲田大学文学部英文科卒。1954年フルブライト留学生としてカリフォルニア州クレアモント大学大学院修士課程修了。1955年信州大学講師、助教授、1967年横浜国立大学教育学部助教授、教授、1986年青山学院女子短期大学教授。英米文学を教える[4]

戦後、府立三商時代の同級生、北村太郎田村隆一らと共に、『荒地』同人に名を連ね、自作の詩編を寄稿する。その後、実兄の小学校時代の同級生である早川書房創業者・早川清[5]、の紹介で知り合った大久保康雄との関わりを経て、英米文学の翻訳の仕事を始め、100点以上を手がける。主なものはウィリアム・フォークナー「八月の光」「サンクチュアリ」、マーク・トウェイン、など。リング・ラードナーデイモン・ラニアンらユーモア文学の紹介にも力を注ぐ。また、『英語の辞書の話』(1983年)を講談社より出版、英語辞書に関する統合的な研究書として評価された。加島と早川との交友関係は、田村や北村を筆頭に、荒地派の詩人仲間が翻訳家としての早川書房の海外ミステリー小説の紹介を経て、翻訳家としてのキャリアも築くきっかけにもなっている。

50歳代より、横浜市在住だった高木三甫に書を習う。高木三甫、渡辺録郎や、荒地時代の友人である北村太郎、三好豊一郎疋田寛吉と「有路会」(メンバーが囲碁好きだったために囲碁を意味する烏鷺と、道がある人々の二つの意味をかけ合わせて名付けられた)をつくり、画作と書の展覧会を開いたのを契機に、数多くの個展を行うようになり、2003年には駒ケ根高原美術館にて企画展を開催した。

1990年より、自分の心の故郷として長野県駒ヶ根市に移住し、伊那谷での一人暮らしを始める。1993年、『老子道徳経』を翻訳(抄訳)した『タオ・ヒア・ナウ』(PARCO出版)を出版する。日本で初めて、老子の言葉と思想を、現代語自由詩の形によって表す。1994年、新川和江との共著の詩集『潮の庭から』で第3回丸山豊記念現代詩賞受賞。2000年、筑摩書房より老子81章の完全訳自由詩『タオ-老子』を出版、ロングセラーとなる。老子の思想を詩によって簡明に表現した画期的な仕事となった。

また、伊那谷に移住する前後より詩作活動と並行して、墨彩画の制作にも力を入れるようになり、伊那谷の心象風景や自然を描き、老子の言葉や自らの詩などを画賛に添えた。

私生活では既婚者で妻との間に息子2人を儲けており、その一人である次男・牧史は東京・銀座のギャラリーバーKajimaを営む傍ら、翻訳家としても活動している。

2015年12月25日、老衰により自宅で死去。92歳没[1]

編著書[編集]

  • 『英語の辞書の話』講談社1976年講談社学術文庫、1985年。
  • 『ジャパングリッシュ 外来語から英語へ』三天書房、1981年。
  • 『新・英語の辞書の話 引用句辞典のこと』講談社、1983年。
    • 『引用句辞典の話』講談社学術文庫、1990年。
  • 『西洋ユーモア名句講座』立風書房、1984年。
  • 『フォークナーの町にて』みすず書房、1984年。
  • 『アメリカン・ユーモアの話』講談社、1986年。『アメリカン・ユーモア』中公文庫。
  • 『英語の中の常識 パートリッジ『引用句辞典』から』上下、大修館書店、1986年 - 1987年。
  • 『ユーモア名句&ジョーク』(編)講談社 1986年。
  • 『研究社カタカナ英語辞典』研究社出版、1987年。ISBN 4-327-46107-5
  • 『会話を楽しむ』岩波新書、1991年。
  • 『翻訳再入門』志村正雄共著 南雲堂、1992年。
  • 『英語名言集』岩波ジュニア新書、1993年。
  • 『カタカナ英語の話 英語と日本語をつなぐバイパス』南雲堂、1994年。
  • 『わたしが人生について語るなら 未来のおとなへ語る』ポプラ社、2010年。 - 児童向け。
  • 『わたしが人生について語るなら』ポプラ社、2011年。ISBN 978-4591122495 - 大人向けとなっているが児童向けの本と内容はほぼ同じ。2013年に新書化。
  • 『大の字の話 いちばん楽な姿勢』飛鳥新社、2013年。
  • 『アー・ユー・フリー? 自分を自由にする一〇〇の話』小学館、2014年。
  • 『老子と生きる谷の暮らし』河出書房新社、2014年。
  • 『「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい』集英社新書、2014年。

詩集・詩画集・訳詩集[編集]

  • 『晩晴』思潮社、1985年。
  • 『白鳥と鷹と 20世紀英国抒情詩抄』 青山学院女子短期大学学芸懇話会、1989年。
  • 『潮の庭から 詩集』新川和江共著、花神社、1993年。
  • 『倒影集』(編著)書肆山田、1993年。
  • ポー詩集』岩波文庫、1997年。
  • イエーツ詩集』思潮社海外詩文庫、1997年。新書版
  • 『離思』思潮社、1998年。
  • 『心よ、ここに来ないか 詩画文集』日貿出版社、1998年。
  • 袁枚 十八世紀中国の詩人』アーサー・ウェイリー古田島洋介共訳、平凡社東洋文庫、1999年。
  • 『寄友』(編著)書肆山田、2000年。
  • 『加島祥造が詩でよむ漢詩 陶淵明から袁枚まで』里文出版、2003年。
  • 『大きな谷の歌 詩画集』里文出版、2003年。
  • 『加島祥造詩集 現代詩文庫』思潮社、2003年。
  • 『加島祥造セレクション 1 最後のロマン主義者 イエーツ訳詩集』港の人、2007年。
  • 『加島祥造セレクション 2 秋の光』港の人、2007年。
  • 『求めない』小学館、2007年。
  • 『加島祥造セレクション 3 大鴉 ポー訳詩集』 港の人、2009年。
  • 『美のエナジー 加島祥造詩画集』二玄社、010年。
  • 『小さき花 画文集』 書.金澤翔子泰子共著、小学館、2010年。
  • 『受いれる』小学館、2012年。
  • 『ひとり』淡交社、2012年。

老子関連[編集]

  • 『タオ ヒア・ナウ』老子、PARCO出版、1993年。
  • 『伊那谷の老子』淡交社、1995年。朝日文庫、2004年。
  • 『老子と暮らす 知恵と自由のシンプルライフ』光文社、2000年。光文社知恵の森文庫、2006年。
  • 『タオ 老子』筑摩書房、2000年。ちくま文庫、2006年。
  • 『いまを生きる 六十歳からの自己発見』岩波書店、2001年。『老子までの道』朝日文庫、2007年。
  • 『タオにつながる』朝日新聞社、2003年。朝日文庫、2006年。
  • 『タオと谷の思索』海竜社、2005年。
  • 『肚 老子と私』日本教文社、2005年。 / 『HARA 腹意識への目覚め』朝日文庫、2008年。
  • 『エッセンシャルタオ 老子』講談社、2005年。
  • 荘子 ヒア・ナウ』PARCO出版、2006年。
  • 『ほっとする老子のことば いのちを養うタオの智慧』二玄社、2007年。
  • 『静かさにかえる』風雲社、2007年。帯津良一対談
  • 『LIFE』PARCO出版、2007年。
  • 『私のタオ 優しさへの道』筑摩書房、2009年。
  • 『優しさと柔らかさと 老子のことば』メディアファクトリー、2011年。
  • 『『老子』新訳 名のない領域からの声』地湧社、2013年。
  • 『禅とタオ』板橋興宗共著、佼成出版社、2012年。

翻訳[編集]

一ノ瀬直二名義分は項目一ノ瀬直二を参照。

加島祥造名義[編集]

久良岐基一名義[編集]

  • 死は熱いのがお好き エドガー・ボックス(ゴア・ヴィダル) 著,久良岐基一 訳 早川書房 1960 (世界ミステリシリーズ)
  • 10プラス1 エド・マクベイン 著,久良岐基一 訳 早川書房 1963 (世界ミステリシリーズ) のち文庫
  • 八千万の眼 エド・マクベイン 著,久良岐基一 訳 早川書房 1967 (世界ミステリシリーズ) のち文庫
  • カリブの監視 エド・マクベイン 著,久良岐基一 訳 早川書房 1967 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
  • 命果てるまで エド・マクベイン 著,久良岐基一 訳 早川書房 1979 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 拳銃 エド・マクベイン 著,久良岐基一 訳 早川書房 1980 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

論文[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]