新川和江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新川 和江(しんかわ かずえ、1929年4月22日 - )は、日本の詩人

息子に作曲家編曲家キーボーディスト新川博がいる。

略歴[編集]

茨城県結城市出身。県立結城高等女学校(のちの茨城県立結城第二高等学校)卒業。小学校のころより野口雨情などの童謡に親しみ、定型詩などを作る文学少女だった。女学校在学中、近くに疎開してきた詩人の西條八十に詩の手ほどきを受けた。

卒業して17歳で新川淳と結婚後、上京し、詩の投稿を始める。1953年、最初の詩集『睡り椅子』を刊行。新鮮で自由な感覚で、母性愛や男女のさまざまな愛の姿をうたう。巧みに使われる比喩表現が特徴。1983年、吉原幸子と共に女性のための詩誌「現代詩ラ・メール」を創刊。1993年の終刊まで女性詩人の活動を支援した。

その詩は多くの作曲家によって歌にされており、中には息子の博の手によるものもある。飯沼信義「うつくしい鐘が…」や鈴木輝昭「良寛」のように、作曲家のために詩を書き下ろしたものも少なくない。

産経新聞の『朝の詩(うた)』の選者としても知られている。常連の投稿者の一人である柴田トヨを高く評価した。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 絵本「永遠」新川和江詩集 地球社 1959
  • ローマの秋・その他 思潮社 1965
  • かわいい魔女 新書館 1966
  • わたしの愛は… 新書館 1968
  • ひとりで街をゆくときも 新書館 1969
  • 恋人たち 詩集 サンリオ山梨シルクセンター出版部 1971
  • 草いちご 山梨シルクセンター出版部 1972
  • 明日のりんご 新書館 1973
  • 海と愛 新川和江詩集 山梨シルクセンター出版部 1973
  • 土へのオード13 サンリオ出版, 1974 (現代女性詩人叢書)
  • 新川和江詩集 思潮社 1975 (現代詩文庫
  • 花ろうそくをともす日 詩集結婚 サンリオ出版 1975
  • 野のまつり 教育出版センター 1978 (少年少女の詩集シリーズ)
  • 愛がひとつの林檎なら 季節の恋詩 大和書房 1978
  • 夢のうちそと 花神社 1979
  • 水へのオード16 花神社 1980
  • 渚にて 新川和江詩集 沖積舎 1982
  • 花嫁の財布 文化出版局 1983
  • 新選新川和江詩集 思潮社 1983 (新選現代詩文庫)
  • 朝の詩 花神社 1983
  • ヤァ!ヤナギの木 教育出版センター 1985 (ジュニア・ポエム双書)
  • いっしょけんめい 母と子の詩 フレーベル館 1985
  • ひきわり麦抄 花神社 1986
  • 朝ごとに生まれよ、私 海竜社 1986
  • 新川和江文庫 1-5 花神社 1988-89
  • はね橋 花神社 1990
  • 春とおないどし 花神社 1991
  • 星のおしごと 大日本図書 1991 (小さい詩集)
  • 新川和江詩集 続 思潮社 1995 (現代詩文庫)
  • わたしを束ねないで ザイロ 1996
  • けさの陽に 花神社 1997
  • 地球よ 岩崎書店 1997 (美しい日本の詩歌)
  • わたしは、此処 花神社 1999
  • いつもどこかで 大日本図書 1999 (詩を読もう!)
  • はたはたと頁がめくれ… 花神社 1999
  • 新川和江全詩集 花神社 2000
  • これはこれは 玲風書房 2000
  • お母さんのきもち 小学館 2001
  • 生きる理由 花神社 2002
  • それから光がきた 理論社 2004 (詩と歩こう)
  • 人体詩抄 玲風書房 2005
  • 詩の履歴書 「いのち」の詩学 思潮社 2006 (詩の森文庫)
  • 記憶する水 思潮社 2007
  • 詩が生まれるとき みすず書房 2009
  • ブック・エンド 思潮社 2013

共著[編集]

その他、児童文学の再話、アンソロジー編纂等多数。

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]