ラファエル・サバチニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラファエル・サバチニRafael Sabatini1875年4月29日 - 1950年2月13日サバティーニ表記もある)は、イタリアイェージ生まれのイギリス小説家。『スカラムーシュ』『キャプテン・ブラッド』などの歴史小説で知られる。

イタリア人の父と、イギリス人の母の間に生まれる。両親ともオペラ歌手で、後に教師となった。

イングランドで祖父と同居し、ポルトガルスイスの学校に通ったことで彼は、若くして多くの言語にさらされ、17歳にして5か国語をマスターしていたとされる。イングランドに定住するために戻った彼は急速に第6の言語、英語を身につけた。

1890年代から短編を書き始め、最初の小説は1902年に出版された。1904年に出版された『居酒屋の騎士』以後次々と歴史小説を発表。初期の作品の中で最も有名なものは1915年の『海鷹』(The Sea Hawk)である。しかし作品はヒットせず、長く不遇の時代を過ごしたが、1921年の『スカラムーシュ英語版』(Scaramouche)の大ヒットによって国際的なベストセラー作家になった。 また1922年に発表した『キャプテン・ブラッド英語版』(Captain Blood)は同じく大ヒット作となった。これにより初期の作品の全てが再版された。

1905年にルス・ゴード・ディクスンと結婚。その後離婚して、1935年にクリスティーヌ・ディクスンと再婚し、イギリス市民となってヘレフォードシャークリフォードに住んだ。

サバチニは多作でも知られ、ほぼ毎年、新しい本をプロデュースした。31編の小説、8つの短編集、6冊のノンフィクション本、また多くの単行本未収載の短編や芝居をプロデュースしている。「スカラムーシュ」や「キャプテン・ブラッド」のような大ヒット作を世に現すことはなかったが、続く10年間、人気作家であり続けた。1940年代になると、病気のためにそれまでよりも執筆のペースは遅くなったものの、執筆をやめることはなかった。

1950年2月13日、スイスで死去。スイスのアデルボーデンに埋葬された。

『海鷹』は1940年に、『キャプテン・ブラッド』は1935年、1950年に、『スカラムーシュ』は1933年、1952年に映画化されている。

作品[編集]

スカラムーシュ・シリーズ[編集]

  • 『スカラムーシュ』Scaramouche (1921)
  • Scaramouche the King-Maker (1931)

キャプテン・ブラッド・シリーズ[編集]

  • Tales of the Brethren of the Main (1920–1921年にPremier Magazine誌に発表された短編小説シリーズ。短編の内の2作は、Captain Blood Returnsに収められている)
  • 『キャプテン・ブラッド』Captain Blood (または、Captain Blood: His Odyssey)(1922)
  • Captain Blood Returns (または、The Chronicles of Captain Blood)(1931)(収録作品の内、The Treasure Shipは、2004年に独立して単行本化)
  • The Fortunes of Captain Blood (1936)

長編3作の、Captain Blood、Captain Blood Returns、The Fortunes of Captain Bloodは、ストーリー上の繋がりはない。各短編は、これらの作品の時代を舞台にしている。

その他の長編[編集]

  • The Lovers of Yvonne (または、The Suitors of Yvonne)(1902)
  • 『居酒屋の騎士』The Tavern Knight (1904)
  • Bardelys the Magnificent (1906)
  • The Trampling of the Lilies (1906)
  • Love-At-Arms: Being a narrative excerpted from the chronicles of Urbino during the dominion of the High and Mighty Messer Guidobaldo da Montefeltro (1907)
  • The Shame of Motley (1908)
  • St. Martin's Summer (または、The Queen's Messenger)(1909)
  • Mistress Wilding (または、Anthony Wilding)(1910)
  • The Lion's Skin (1911)
  • The Strolling Saint (1913)
  • The Gates of Doom (1914)
  • 『海鷹』The Sea Hawk (1915)
  • The Snare (1917)
  • Fortune's Fool (1923)
  • The Carolinian (1924)
  • Bellarion the Fortunate (1926)
  • The Nuptials of Corbal (1927)
  • The Hounds of God (1928)
  • The Romantic Prince (1929)
  • The Reaping (1929)
  • The King's Minion (または、The Minion)(1930)
  • The Black Swan (1932)
  • The Stalking Horse (1933)
  • Venetian Masque (1934)
  • Chivalry (1935)
  • The Lost King (1937)
  • The Sword of Islam (1939)
  • The Marquis of Carabas (または、Master-At-Arms)(1940)
  • Columbus (1941)
  • King In Prussia (または、The Birth of Mischief)(1944)
  • The Gamester (1949)

短編集[編集]

  • The Justice of the Duke (1912)
  • The Banner of the Bull (1915)
  • Turbulent Tales (1946)(カリオストロ伯爵を題材にした作品と、キャプテン・ブラッド1作を含む)

没後刊行作品集[編集]

  • Saga of the Sea (1953)(The Sea Hawk, The Black Swan, Captain Bloodのオムニバス)
  • Sinner, Saint And Jester: A Trilogy in Romantic Adventure (1954)(The Snare, The Strolling Saint, The Shame of Motleyのオムニバス)
  • In the Shadow of the Guillotine (1955)(Scaramouche, The Marquis of Carabas, The Lost Kingのオムニバス)
  • A Fair Head of Angling Stories (1989)
  • The Fortunes of Casanova and Other Stories (1994)(1907–1921,1934年発表からのオリジナル編集)
  • The Outlaws of Falkensteig (2000)(1900–1902年発表からのオリジナル編集)
  • The Camisade: And Other Stories of the French Revolution (2001)(1900–1916年発表からのオリジナル編集)

戯曲[編集]

  • The Tyrant: An Episode in the Career of Cesare Borgia, a Play in Four Acts (1925)

編著アンソロジー[編集]

  • A Century of Sea Stories (1935)
  • A Century of Historical Stories (1936)

ノンフィクション[編集]

  • The Life of Cesare Borgia (1912)
  • Torquemada and the Spanish Inquisition: A History (1913)
  • The Historical Nights' Entertainment (1917)
  • The Historical Nights' Entertainment – Series 2 (1919)
  • The Historical Nights' Entertainment – Series 3 (1938)
  • Heroic Lives (1934)

邦訳作品[編集]

長編[編集]

  • 「スカラムーシュ」 Scaramouche (1921) :東京創元社、潮出版社、三笠書房、第三文明社などから刊行されている。

短編[編集]

  • 「カザノヴァのアリバイ」 Casanova's Alibi :日本版EQMM 1958/8 No.26
  • 「時の主」 The Lord of Time :創元推理文庫

ジュブナイル[編集]

  • 『紅バラの騎士』:偕成社(スカラムーシュの改題)
  • 『海のたか』 The Sea Hawk(1915):講談社