似鳥鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
似鳥 鶏
(にたどり けい)
誕生 (1981-03-20) 1981年3月20日(37歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2007年 -
ジャンル 推理小説
代表作 戦力外捜査官シリーズ
主な受賞歴 鮎川哲也賞佳作入選(2006年)
デビュー作 『理由あって冬に出る』(2007年)
公式サイト 無窓鶏舎
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

似鳥 鶏(にたどり けい、1981年3月20日[1] - )は、日本の小説家推理作家千葉県生まれ、在住[2]千葉大学教育学部卒業[1]北海道大学法科大学院在学中に小説家デビュー[1]

2006年、『理由(わけ)あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞に佳作入選し[3][4]2007年に同作品で小説家デビュー。2014年、『昨日まで不思議の校舎』で2014大学読書人大賞の最終候補作となる[5]

エピソード[編集]

理由あって冬に出る[編集]

第16回鮎川哲也賞佳作入選作。

あらすじ

―某市立高校の芸術棟にはフルートを吹く幽霊が出るらしい。妙な噂のせいで、部員が練習に来なくなってしまった。責任感の強い吹奏楽部高島部長は、幽霊の噂を否定すべく、意を決して部員の秋野麻衣、そして本編語り手、《僕》こと葉山を伴って夜の芸術棟に張る。しかし予想に反して、幽霊は出た―。同じ日に部室に泥棒に入られた演劇部部長の柳瀬文芸部部長、博識の三年生伊神先輩を巻き込んで、にわか高校生探偵団が結成される。コミカルな青春ミステリ。

  • 鮎川哲也賞応募時、この作品の時代設定は作者の高校生時代と同じ頃(つまり今から十数年前)であり、母校の校舎が解体されると聞いた主人公が当時を回想するという形になっていたが、同賞の選考委員の意見もあり、現在の話に変更された。筆者は実際に母校の校舎が解体されると聞き、それへの哀悼の意を込めたかったのだという。
  • toi8の装画による表紙では、主人公とおぼしき少年とともに眼鏡をかけた少女が立っているが、主な登場人物の中に、眼鏡に関する特徴の記述のある者が見あたらないため、一部で論議を呼んでいる。以降の巻の表紙にもこの少女は存在し、次巻である『さよならの次にくる〈卒業式編〉』の表紙において「手紙」を持っている。その次の『さよならの次にくる〈新学期編〉』では、表紙にこの少女が存在するだけでなく、作品中に眼鏡をかけた少女が主要人物として登場し重要な役割を果たしている。なおけーしんによるキャラクターデザインでは明確に眼鏡はかけていない。

作品リスト[編集]

単著[編集]

市立高校シリーズ[編集]

装画:toi8けーしん

  • 理由(わけ)あって冬に出る(2007年10月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-47301-3
  • さよならの次にくる〈卒業式編〉(2009年6月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-47302-0
  • さよならの次にくる〈新学期編〉(2009年8月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-47303-7
  • まもなく電車が出現します(2011年5月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-47304-4
    • 収録作品:まもなく電車が出現します / シチュー皿の底は並行宇宙に繋がるか? / 頭上の惨劇にご注意ください / 嫁と竜のどちらをとるか? / 今日から彼氏
  • いわゆる天使の文化祭(2011年12月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-47305-1
  • 昨日まで不思議の校舎(2013年4月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-47306-8

装画:けーしん

  • 家庭用事件(2016年4月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-47307-5
    • 収録作品:不正指令電磁的なんとか / 的を外れる矢のごとく / 家庭用事件 / お届け先には不思議を添えて / 優しくないし健気でもない

楓ヶ丘動物園シリーズ[編集]

装画:スカイエマ

戦力外捜査官シリーズ[編集]

装画:烏羽雨

御子柴シリーズ[編集]

装画:丹地陽子

  • シャーロック・ホームズの不均衡(2015年11月 講談社タイガ ISBN 978-4-06-294004-7)
    • 収録作品:雪の日は日常にさよなら / シャーロック・ホームズの産卵 / 世界は名探偵でできている / 貴きものは頭部を狙う
  • シャーロック・ホームズの十字架(2016年11月 講談社タイガ ISBN 978-4-06-294050-4
    • 収録作品:強酸性湖で泳ぐ / 争奪戦の島 / 象になる罪

その他[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が似鳥鶏の作品

エッセイ・その他[編集]

単著未収録短編[編集]

映像化作品[編集]

テレビドラマ

メディア出演[編集]

朗読化作品[編集]

  • 理由(わけ)あって冬に出る(2007年10月 創元推理文庫)が株式会社アールアールジェイにより朗読化されている。朗読者は別府なるみ

「kikubon(キクボン)」にて現在配信中である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 会員名簿 似鳥鶏|日本推理作家協会
  2. ^ 無窓鶏舎
  3. ^ 第16回 鮎川哲也賞 | 東京創元社
  4. ^ ダ・ヴィンチ』2017年7月号. KADOKAWA. pp. 32. 
  5. ^ 「大学読書人大賞」―大学読書人大賞―大学文芸部イチオシの本
  6. ^ 東京創元社|Webミステリーズ!(似鳥鶏)
  7. ^ エンターテインメント 宮崎美子のすずらん本屋堂 | BS11

外部リンク[編集]