佐々木俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐々木 俊介(ささき しゅんすけ、1967年9月27日 - )は、日本の推理小説作家、構成作家。

青森県青森市出身、青森県立青森南高等学校から専修大学文学部国文学科へ入学。
同校卒業後に小劇団を主宰、演劇活動を経て、ミステリ作家を志す。[1]

1995年、第6回鮎川哲也賞東京創元社主催)にて佳作入選、同応募作『繭の夏』でデビュー。

寡作という表現では言い表せないほどの寡作作家であり、第2長編『模像殺人事件』を発表したのはデビューから9年後の2004年末のことである。なお、『模像殺人事件』は『2006本格ミステリ・ベスト10』(原書房)において年間ランキング第10位に選出された。

2016年8月、第3長編『魔術師』をHP上で無償公開。

近年はBSジャパン『欧州 美の浪漫紀行』シリーズなど構成作家としても活動している。

作品リスト[編集]

単行本
  • 繭の夏
  • 模像殺人事件
短編
  • 飛べない虫 - 『創元推理』10 1995年秋号に掲載
ウェブ掲載

脚注[編集]

  1. ^ ミステリマガジン』(2005年3月号)内「ミステリアス・ジャム・セッション」でのインタビューより

外部リンク[編集]

  • 仮面幻戯』 - Webミステリーズ!のウェブ連載小説