森谷明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森谷 明子
(もりや あきこ)
誕生 1961年????
日本の旗 神奈川県
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 早稲田大学第一文学部卒業
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 鮎川哲也賞(2003年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

森谷 明子(もりや あきこ、1961年[1] - )は日本小説家推理作家神奈川県生まれ[2]早稲田大学第一文学部卒業[3]2003年紫式部探偵役とした王朝ミステリ、『千年の黙 異本源氏物語』で第13回鮎川哲也賞を受賞してデビュー(作品名は、応募当時の『異本・源氏藤式部の書き侍りける物語』から改題されている)。

図書館への勤務歴があり、「」に小説の主題が当てられることが多い。また、第2作『れんげ野原のまんなかで』は、大の本好きである新米図書館司書を主人公とした「日常の謎」ミステリである。

作品リスト[編集]

秋葉図書館シリーズ[編集]

その他の作品[編集]

  • 千年の黙 異本源氏物語(2003年10月 東京創元社 / 2009年6月 創元推理文庫)
  • 七姫幻想(2006年2月 双葉社 / 2009年1月 双葉文庫
  • 深山に棲む声(2009年2月 双葉社 / 2013年3月 双葉文庫)
  • 矢上教授の午後(2009年7月 祥伝社 / 2012年4月 祥伝社文庫
  • 葛野盛衰記(2009年10月 講談社
  • 白の祝宴 逸文紫式部日記(2011年3月 東京創元社 / 2015年7月 創元推理文庫)
  • 緑ヶ丘小学校大運動会(2011年7月 双葉社 / 2014年6月 双葉文庫)
  • 望月のあと 覚書源氏物語『若菜』(2011年12月 東京創元社 / 2018年6月 創元推理文庫)
  • FOR RENT —空室あり—(2012年10月 幻冬舎文庫
  • 春や春(2015年5月 光文社 / 2017年5月 光文社文庫
  • 南風吹く(2017年7月 光文社)
  • 矢上教授の「十二支考」(2018年8月 祥伝社)
  • 涼子点景1964(2020年1月 双葉社)

アンソロジー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 春や春/森谷明子/著 本・コミック : オンライン書店e-hon
  2. ^ 古典文学から広がる楽しみ | オンライン書店 Honya Club.com
  3. ^ 緑ケ丘小学校大運動会/森谷明子/著 本・コミック : オンライン書店e-hon

外部リンク[編集]