川澄浩平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川澄 浩平(かわすみ こうへい、1986年[1]-)は、日本の小説家推理作家北海道出身[1]北海学園大学経済学部経済学科卒業[1][2]

2014年、週刊少年ジャンプで行われたストキンPで努力賞を受賞[3]。その後、漫画原作者として読み切り漫画2本を担当した[4]。2018年、『探偵は教室にいない』で第28回鮎川哲也賞を受賞[1]

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 探偵は教室にいない (2018年10月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02559-5)
  • 探偵は友人ではない (2020年11月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02817-6)

漫画原作[編集]

  • 妄想を喰らう(漫画:若尾和洋、「少年ジャンプNEXT!!」2014年 vol.5掲載)
  • 異能刑事とデイドリーマー(漫画:中島真、「少年ジャンプNEXT!!」2015年 vol.3掲載)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 第28回 鮎川哲也賞”. 東京創元社. 2019年9月25日閲覧。
  2. ^ 北海学園大学学報第116号
  3. ^ 週刊少年ジャンプ 2014/04/14 メディア芸術データベース
  4. ^ [受賞記念]第28回鮎川哲也賞 川澄浩平 インタビュー Webミステリーズ!

外部リンク[編集]