飛鳥部勝則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飛鳥部 勝則
(あすかべ かつのり)
誕生 阿部 勝則
(あべ かつのり)
(1964-10-18) 1964年10月18日(54歳)
新潟県南魚沼郡塩沢町(現:南魚沼市
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 新潟大学大学院教育学研究科修了
活動期間 1998年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 第9回鮎川哲也賞(1998年)
デビュー作 『殉教カテリナ車輪』(1998年)
テンプレートを表示

飛鳥部 勝則 (あすかべ かつのり、本名:阿部 勝則(あべ かつのり)、1964年10月18日 - )は、日本小説家推理作家洋画家新潟県南魚沼郡塩沢町生まれ。

経歴[編集]

新潟県立六日町高等学校新潟大学教育学部卒業、新潟大学大学院教育学研究科修了。

県立高校の美術教師として働くかたわら、洋画家として独立展、西脇市サムホール大賞展、県展、県芸展などに入選する。

1998年、『殉教カテリナ車輪』で第9回鮎川哲也賞を受賞し、同年9月に作家デビュー。同作は「このミステリーがすごい!」で第12位、「本格ミステリ・ベスト10」で第3位と高く評価される。2002年銀座にある画廊宮坂で個展を開く。

2005年、『誰のための綾織』に三原順の漫画『はみだしっ子』に類似した表現があると読者から指摘があり、絶版・回収となった。

作風[編集]

デビュー作『殉教カテリナ車輪』で、絵画図版を用い、図像学を本格的に推理小説に導入。その後、『バベル消滅』や『ヴェロニカの鍵』などの本格物を発表し、『レオナルドの沈黙』は名探偵物。また『N・Aの扉』『冬のスフィンクス』などの幻想小説風の推理小説や『ラミア虐殺』といった怪奇SFよりの推理小説が平行して書かれ、『鏡陥穽』は長編ホラー。短編は怪奇的なものが多く、「お菊さん」「王国」といった作品を《異形コレクション》に発表。「プロセルピナ」や「デッサンが狂っている」などの短編では、ホラーと本格物が融合。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が飛鳥部勝則の作品

  • 異形コレクション
    • 玩具館(2001年9月 光文社文庫)「お菊さん」
    • マスカレード(2002年1月 光文社文庫)「呼ばれる」
    • 恐怖症(2002年5月 光文社文庫)「シルエット・ロマンス」
    • キネマ・キネマ(2002年9月 光文社文庫)「あなたの下僕」
    • 獣人(2003年3月 光文社文庫)「白い猫」
    • グランドホテル(2003年6月 光文社文庫)「辿り着けないかもしれない」
    • 教室(2003年9月 光文社文庫)「花切り」
    • 黒い遊園地(2004年4月 光文社文庫)「番人」
    • 蒐集家(コレクター)(2004年8月 光文社文庫)「プロセルピナ」
    • アート偏愛(フィリア)(2005年12月 光文社文庫)「デッサンが狂っている」
    • 進化論(2006年8月 光文社文庫)「読むべからず」
    • 伯爵の血族 紅ノ章(2007年4月 光文社文庫)「王国」
    • ひとにぎりの異形(2007年12月 光文社文庫)「とりつく」
    • 幻想探偵(2009年2月 光文社文庫)「バグベア」
    • 怪物團(2009年8月 光文社文庫)「洞窟」
    • 憑依(2010年5月 光文社文庫)「穴」
    • 物語のルミナリエ(2011年12月 光文社文庫)「幽霊に関する一考察」
  • ザ・ベストミステリーズ 2005 推理小説年鑑(2005年7月 講談社)「プロセルピナ」
    • 【改題】隠された鍵 ミステリー傑作選(2008年11月 講談社文庫)「プロセルピナ」
  • ミステリ・オールスターズ(2010年9月 角川書店 / 2012年9月 角川文庫)「羅漢崩れ」
  • 『このミステリーがすごい!』大賞STORIES(2010年11月 宝島社)「フィフス」
  • ベスト本格ミステリ2011(2011年6月 講談社ノベルス)「羅漢崩れ」
    • 【改題】からくり伝言少女(2015年1月 講談社文庫)

関連項目[編集]