伝統宗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伝統宗教(でんとうしゅうきょう)とは、新しく創唱されたり布教されたりする宗教に対し、古くから信仰されている宗教である。

相対的・地域的な概念であり、何が伝統宗教であり何がそうでないかは一定ではない。たとえばカトリックプロテスタントなどのヨーロッパキリスト教は、西洋社会では伝統宗教だが、近代に布教されたアフリカでは伝統宗教ではなく、現地の古くからの宗教であるアニミズムが伝統宗教である[1][2]

伝統宗教に対する伝統宗教でない宗教が近代の創唱宗教の場合、「新宗教」と呼ばれる。

伝統宗教の例[編集]

キリスト教[編集]

仏教[編集]

主要な仏教[編集]

日本仏教[編集]

日本の仏教系伝統宗教は十三宗五十六派とされている。

民族宗教[編集]

神道[編集]

その他の民族宗教[編集]

その他の伝統宗教[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]