宗教一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宗教の一覧(しゅうきょうのいちらん)

宗教・宗派(教派・分派)[編集]

凡例: 日本語名 (英語名)

編注:英語名は英語版ウィキペディアにリンクされています。日本語ページがあるものについては、中のページに各国語のページのリンクを転載しました。日本語の解説がないものについては英文の記事を読むことができます(一部、記事が空の場合があります)。また、英語からの翻訳をして日本語の記事として追加することもできます。

古代宗教[編集]

ユダヤ教[編集]

キリスト教系[編集]

キリスト教[編集]

キリスト教系新宗教[編集]

その他[編集]

イスラーム[編集]

インド宗教[編集]

ヒンドゥー教[編集]

  • バラモン教(ブラーフマニズム、ヴェーダの宗教) - 古代インドの民族宗教。広義のヒンドゥー教に含まれる。司祭階級バラモン(ブラフミン)を階級の頂点とする。1世紀から3世紀頃は、仏教の興隆に押されて振るわず。4世紀頃にヒンドゥー教(狭義)に発展・継承される。

インドの自由思想家[編集]

ヴェーダ聖典の権威を認めない立場の思想家

(因習に縛られることなく、商工業が盛んな都市国家で活躍し、多くの自由思想家がいて、原始仏教聖典では「六十二見(思想)」としてまとめられているが、ジャイナ教を含めた以下の六師が有名である。六師外道(仏教以外の教え)とも呼ばれる。)

  • プーラナ・カッサパの無道徳論(道徳否定論)
  • パクダ・カッチャーヤナの要素集合説
  • マッカリ・ゴーサーラのアージーヴィカ教(運命決定論)
  • アジタ・ケーサカムバリンの唯物論(快楽主義)
  • サンジャヤ・ベーラティプッタの懐疑論

ジャイナ教[編集]

ジャイナ教は、24人の聖人であるティールタンカラを持つ宗教で、マハーヴィーラを最新かつ最後のティールタンカラとする。バラモン教よりも古いとされる場合もある。Jainismも参照。

シク教[編集]

ゾロアスター教[編集]

仏教[編集]

ゴータマ・ブッダを開祖とする宗教。

バラモン教に対してはヴェーダの権威を否定し、祭式万能主義・バラモン至上主義に反対の意を表した。このためバラモン教側からは虚無主義ナースティカ)と誤解され批判された。

二大潮流
教えの分類

インド仏教[編集]

仏教学では原始仏教部派仏教大乗仏教に大別。

  • 中期仏教(後1世紀 - 7世紀中葉)
  • 後期仏教(7世紀中葉 - 14世紀)
    • 部派仏教、後期大乗仏教、密教

南伝仏教[編集]

北伝仏教[編集]

西アジアの宗教[編集]

中央アジアの宗教[編集]

東アジアの宗教[編集]

その他[編集]

精神修養[編集]

土着宗教など[編集]

ネオペイガニズム[編集]

アフロ・クレオール宗教[編集]

サタニズム系[編集]

秘教[編集]

神秘主義[編集]

パロディー宗教[編集]

諸形態[編集]

非宗教、反宗教、メタ宗教[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]