背教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

背教(はいきょう、ギリシャ語:αποστασία、英語: Apostasy)とは教え、宗教教義教理などに背くことである。

宗教[編集]

キリスト教[編集]

背教者[編集]

背教者(lapsi)の区分。

  1. 供犠者(sacrificati) 偶像にいけにえをささげた者。 
  2. 供香者(thurificati)偶像に焼香した者。
  3. 供え者奉納所持者(libellatici) 証明書の所持者。

聖書[編集]

新約聖書使徒行伝21:21、第二テサロニケ2:3にこの語がある。

カトリック教会[編集]

マカバイ2:15もあげる。ドナトゥス派が背教グループから離教グループになったとみなしている[1]

日本[編集]

中田信蔵は『背教者列伝』で徳富蘇峰を批判した。内村鑑三の弟子である小山内薫は『背教者』を書いた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 現代カトリックp.536-537
  2. ^ 岩波p.869

参考文献[編集]

  • 日本基督教協議会文書事業部コンコーダンス 編さん『聖書語句大辞典』(1959年、教文館)
  • 大貫隆・宮本久雄・名取四郎・百瀬文晃 編集『岩波キリスト教辞典』(2002年、岩波書店)
  • ジョン A.ハードン 著 編さん/浜寛五郎 翻訳『現代カトリック事典』(1982年、エンデルレ書店)
  • 岩下壮一『アウグスティヌス神の国』(1935年、復刊1985年、岩波書店〈大思想文庫6〉)