スマールタ派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スマルタ派から転送)
移動先: 案内検索
スマールタの司祭(西インド・1855-1862年)

スマールタ派: Smārta、スマールタ)は、ヒンドゥー教における宗派の1つ。

「スマールタ」とは「スムリティ」(伝承文献)を奉じるバラモン達であり、「スマールタ」達の伝統に則った信仰のあり方を指して、スマールタ派と呼ぶ。ゆえに、正統派のヒンドゥー諸学派はすべてスマールタ派でもある。[1]

特徴としては、他の宗派と異なり、特定の神のみを奉じることはせず、代表的な5神、ヴィシュヌシヴァシャクティガネーシャスーリヤ(あるいは、ここにスカンダを加えた6神)を、不可分一体的な最高神として平等に奉じる。

不二一元論を唱えたシャンカラによって確立されたとされる[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]