ヴェーダの宗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴェーダの宗教ヴェーダ教(英:Vedic Religions[1])は、古代インドの聖典であるヴェーダ群を起源とする宗教を指す。バラモン教は、実質的にヴェーダに説かれる祭祀を行う人々の宗教を指す意味で使われることが多いので、ヴェーダの宗教(ヴェーダ教)という言い換えはあまり用いられず、バラモン教の方が一般的である[1]

ヒンドゥー教と訳される英語のHinduismは、最も広い意味・用法では、インドにあり、また、かつてあったもの一切が含まれ、インダス文明まで遡るものであり[2]、一般的にはアーリア民族のインド定住以後、現代まで連続するインド的伝統を指す[2]。イギリス人は、このうち仏教以前に存在したバラモン中心の宗教をバラモン教(英:Brahmanism、ブラフミンの宗教)、バラモン教のヴェーダ時代の宗教思想をヴェーダの宗教(ヴェーダ教)と呼んだ[2]

歴史[編集]

バラモン教[編集]

バラモン教は、司祭階級バラモン(ブラフミン)を特殊階級として、神に等しい存在として敬う。ブラフミンは、宇宙の根本原理ブラフマンと同一であるとされ、生けにえなどの儀式を行うことができるのはブラフミンだけだとされる。

1世紀から3世紀にかけて、仏教に押されたバラモン教が衰退した後、4世紀頃にバラモン教を中心にインドの各民族宗教が再構成されヒンドゥー教に発展する。この際、主神が、シヴァヴィシュヌへと移り変わる。バラモン教やヴェーダにおいては、シヴァやヴィシュヌは脇役的な役目しかしていなかった。 シヴァは別名を1000も持ち、ヴィシュヌは10の化身を持つなど、民族宗教を取り込んだ形跡が見られる。

15世紀イスラムにインドが支配された時代に、一般のヒンドゥー教徒はイスラムの支配にしたがったが、イスラムへの従属をよしとしない一派としてグル・ナーナクによりシク教が作られた。

アンチ・ヴェーダの新宗教[編集]

紀元前5世紀頃に、北インドのほぼ同じ地域で、仏教ジャイナ教をはじめとした、アンチ・ヴェーダの新宗教がいくつか誕生するが現在まで続いているのはそのうちの仏教とジャイナ教だけである。

ヴェーダに対峙する仏教は、バラモン教の基本のひとつであるカースト制度を否定した。すなわち司祭階級バラモン(ブラフミン)の優越性も否定した。しかし、ゴータマ・ブッダの死後において、バラモン自身が仏教の司祭として振舞うなど、バラモン教が仏教を取り込んで、バラモンの特殊な地位を再確保しようという政治的な動きもあった。

また、ゴータマ・ブッダは唯一神の存在を自分の宗教の一部としては認めなかった。ただしゴータマ・ブッダの死後、バラモン教の神が仏法守護神や眷属として取り込まれて行った。従って仏教はバラモン教に対峙して発展したが、民衆の間に広まっていくに連れ、バラモン教の神々を吸収して行ったのである。

もう一つのアンチ・ヴェーダであるジャイナ教の開祖マハーヴィーラは、彼以前に23人のティールタンカラ(祖師)がおり、24祖とされた。ティールタンカラ自身はヴェーダの宗教の一部であったと思われる。マハーヴィーラが24人目のティールタンカラの生まれ変わりであると認定された後に、ジャイナはバラモン教から独立したとする説もある。また、マハーヴィーラとゴータマ・ブッダは、同時代、同地域に生きており、ジャイナ教の伝説ではゴータマ・ブッダ自身も24人目の最後のティールタンカラとなることを望んでいたと言われ、マハーヴィーラに負けたとされている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 古宇田亮修「ヒンドゥー教における身の処し方 -âšrama‐説を中心に-」大正大学綜合佛教研究所公開講座 2002年12月4日
  2. ^ a b c 川崎信定著 『インドの思想』 放送大学教育振興会、1997年