サンテリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンテリアの儀式風景(キューバ、2011年)

サンテリアまたはサンテリーア(Santería)は、主に西アフリカのヨルバ人の民俗信仰と、カトリック教会、スピリティズム(心霊主義/別名カルデシズム)などが混交して成立したキューバ人の民間信仰混淆宗教

入門の儀式や厄よけの儀式を執り行う司祭をサンテーロ(男)、サンテーラ(女)と呼ぶ。彼らは宝貝(カラコル)を使った占いを行なう。また、同様に、サンテリアへの入門の儀式や厄よけの儀式、イファ占いを行なう司祭を、特別にババラウォと呼ぶ。ババラウォとは、司祭(ラウォ)の父(ババ)という意味で、最高位の司祭のことである。彼らはエコレと呼ばれるチェ—ンか、インキンと呼ばれるココナッツの実を16個使って、イファ占いを行なう。

なお、ハイチブードゥー教ブラジルカンドンブレマクンバなどはサンテリアの仲間である。

キューバではサンテリアのみならず、パロ(パロ・モンテ、パロ・マヨンベ)やアバクワ、ブードゥー教といった別種のアフロ・キューバ信仰も盛んである。

著名な信者[編集]