京都コミュニティ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特定非営利活動法人
京都コミュニティ放送
愛称 京都三条ラジオカフェ
コールサイン JOZZ7AY-FM
周波数/送信出力 79.7 MHz/20 W
本社・所在地
〒604-8082
京都府京都市中京区三条通御幸町
東入弁慶石町56番地1928ビル1階
設立日 2001年(平成13年)9月
開局日 2003年(平成15年)3月31日
演奏所 所在地と同じ
送信所 京都市下京区中堂寺南町134
リサーチパーク京都高度技術研究所
中継局 なし
放送区域 中京区、下京区の各一部
ネット配信 ListenRadio
SimulRadio
TuneInなど
公式サイト 京都三条ラジオカフェ
公式サイト

特定非営利活動法人京都コミュニティ放送(きょうとコミュニティほうそう)は、京都府京都市中京区下京区の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 京都三条ラジオカフェ(きょうとさんじょうラジオカフェ)の愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

日本初の特定非営利活動法人(NPO法人)によるコミュニティ放送局である。 サービスエリアは京都市の一部地域および周辺地域、エリア内人口は約100万人、エリア内世帯数は約44万世帯 [1]

Radio Mix Kyoto(コミュニティラジオ京都)と有本積善社(FMまいづる)との間で放送事業の連携協定「コミュニティラジオアライアンス京都」を設立[2]した。

役員

理事長

副理事長

沿革[編集]

  • 2001年(平成13年)9月 - 特定非営利活動法人京都コミュニティ放送設立
  • 2002年(平成14年)3月5日 - 特定非営利活動法人京都コミュニティ放送設立の認証
  • 2003年(平成15年)
  • 2017年(平成29年)
    • 3月31日 - コミュニティラジオ アライアンス京都設立[4]

番組[編集]

3分単位で決められた放送利用料を支払うことで、誰でも番組を制作し放送することが出来る。そのため3・6分番組をはじめ番組数は非常に多く、また利用期間の関係から番組の入替わりが激しい。 再放送契約を行っている番組に関しては、本放送とは別の時間帯に再放送が行われる。 番組が入っていない時間帯はフィラーとなる。

USTREAM配信が行われている。

過去の番組の例[編集]

  • Crossroad Station 797
  • Football Thursday
  • 京都三条ラジオカフェニュース(ボランティアアナウンサーが担当。原稿は京都新聞より提供を受けている。)

聴取率[編集]

2005年(平成17年)4月に京都コミュニティ放送が京都市内の176人を対象に実施したラジオ聴取率調査[5]では、県域放送のα-STATIONが支持を集めていることがわかる。ただし、この調査は京都市内の民放局のみを対象としていることから、NHK大阪府の放送局(ABCMBSOBCなど)の支持層を考慮する必要がある。

  • α-STATION - 32.9%
  • KBS京都 - 10.8%
  • FM845 - 2.3%
  • 京都三条ラジオカフェ - 5.1%

脚注[編集]

  1. ^ 京都三条ラジオカフェについて 2013年3月12日更新 京都三条ラジオカフェ(Internet Archiveのアーカイブ:2013年4月8日収集)
  2. ^ 京都のコミュニティーFM3局が新組織設立、連携強化へ 京都新聞 2017年4月1日
  3. ^ 京都府で4番目のコミュニティ放送局に予備免許 近畿総合通信局 報道資料 平成15年1月16日(Internet Archiveのアーカイブ:2003年6月22日収集)
  4. ^ 「コミュニティラジオアライアンス京都」設立記念イベント 京都三条ラジオカフェ 2017年3月23日(同上:2018年6月12日収集)
  5. ^ 媒体資料 京都三条ラジオカフェ(同上:2007年11月7日収集) (PDF)

関連項目[編集]

鹿児島県の4コミュニティ放送局(FMかのやFMきもつきFM志布志・たるみずまちづくり放送)を統括するNPO法人。京都三条ラジオカフェ設立に携わった人物が鹿児島出身でNPO法人の設立にも関与している。

外部リンク[編集]