エフエムもりぐち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社エフエムもりぐち
愛称 FM-HANAKO
(エフエムハナコ)
コールサイン JOZZ7AA-FM
周波数/送信出力 82.4 MHz/10 W
本社・所在地
〒570-0038
大阪府守口市河原町10-15
テルプラザ内225
設立日 1993年(平成5年)4月12日
開局日 1993年7月20日
演奏所 大阪府守口市河原町8-22
守口文化センター内
送信所 大阪府守口市八雲中町3-1-1
パナソニック㈱本社内
中継局 なし
放送区域 守口市、門真市の各一部
公式サイト http://fmhanako.jp/
守口文化センター(FM-HANAKOのスタジオがこの地下及び1階にある)
FM-HANAKOのスタジオ風景(地下)
FM-HANAKOのスタジオ風景(1F=2014年10月設置)

株式会社エフエムもりぐちは、大阪府守口市および門真市の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 FM-HANAKO(エフエムハナコ)の愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

1992年(平成4年)の放送法施行規則改正[1]で制度化されたコミュニティ放送の西日本第1号(全国では第1号の北海道函館市FMいるかに次ぐ第2号)として1993年(平成5年)7月に開局した。 1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災発生時点で近畿地方に所在していた唯一のコミュニティ放送局である。

聴取可能エリアは守口市(約7万世帯、人口約14万5千人)・門真市(約6万1千世帯、人口約12万7千人) (平成28年4月現在)を中心に北は枚方市高槻市、南は大阪市生野区東大阪市(東部の一部地域)、東は四條畷市(東部の一部地域)、西は大阪市東淀川区都島区とされているが、このほかに大阪市の鶴見区旭区東成区城東区寝屋川市大東市(南部一部は除く)のほぼ全域が可聴範囲、吹田市茨木市、東大阪市の西部の一部地域などではカーラジオで聴取可能な地域がある [2]としている。

群馬県太田市おおたコミュニティ放送(FM TARO)とは、太郎と花子という意味合いから、姉妹局の関係である。

  • 放送時間は24時間(5:00基点。日曜日深夜 - 月曜日未明も放送)。自社スタジオからは主に日中(7:00 - 19:00までの範囲内)に放送しており(FM-HANAKOの放送番組一覧参照)、平日は帯ワイド番組を集中的に編成(「さわやかワイド82.4」は土・日を含む全曜日放送)している。夜から翌朝にかけてはミュージックバードの番組を放送。
  • スタジオはオープンスタジオとなっており、文化センターの休館日(原則毎週木曜日(祝日の場合次の平日)と年末年始)以外は自由に見学をすることが出来る。また地域に根ざした情報提供・番組参加を広くリスナーから呼びかけている。2014年(平成26年)10月1日から、同センター1階エントランスにもうひとつのオープンスタジオとなる「はなすスタジオ」(はなスタ)[3][4]がオープンし、センター休館日を除いたほとんどの生放送番組はこの「はなスタ」から放送されている(休館日と、一部の収録番組は従来通り地下1Fのスタジオで生放送・収録され、こちらも開館時間であれば見学可能)。
  • 特に開局記念日となる毎年7月20日前後には記念特別番組を守口市内の公共施設から、また毎年11月第1週の土・日に開かれる「守口市民祭り」では日曜日のメインイベント開催日に京阪百貨店駐車場に特設オープンスタジオを設けた長時間特番をそれぞれ公開生中継で実施。リスナー参加型イベントや歌手のミニコンサートを展開している。
  • FM文字多重放送を全国のコミュニティ放送局で初めて実施し、番組連動情報やニュース・天気、地域情報などを提供していた。
  • 2008年(平成20年)2月、全国のコミュニティ放送局及びNHKを除いた近畿圏のラジオ放送局としては初めて緊急地震速報の運用を導入した。
  • 2009年(平成21年)4月1日、SimulRadioのサービスに参加した。放送時間は毎日7:00 - 19:00および深夜の自社制作番組(夜間の緊急地震速報とミュージックバード配信の番組を除く。ミュージックバードも再配信が可能となっているが一部を除き当局は行っていない。)。インターネット放送ではパーソナリティの表情が見ることができた。(2014年9月まで)
  • 都市対抗野球大会パナソニック野球部(旧・松下電器野球部、門真市)が出場する場合、通常のプログラムを休止・変更してパナソニック野球部の出場試合を実況生中継する。(2007年(平成19年)9月2日の準々決勝は編成の都合により撮って出し録音放送した。葛飾エフエム放送とFM TAROとの技術協力。解説者はFM HANAKOから派遣した。)
  • CMは守口市と門真市の企業・自治体関連が多く放送されているが、パナソニックりそな銀行など地元に本社・支店を置く大手企業のものも放送される。また、ACジャパンには加盟していないため、公共広告は独自製作のものを放送するが、日本赤十字社や国政選挙期間中の政党など一般の民放で放送されるものも放送される。
  • 2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の際は、3月18日までの1週間、生ワイド番組を全て休止して地震関連の情報を中心とした番組編成に特化した。

番組一覧[編集]

自社製作番組[編集]

平日
  • さわやかワイド824
毎日早朝からお昼にかけて。当局唯一の全曜日対応ワイド番組。途中に守口市・門真市の広報番組をフロート番組として挿入
  • 平日:第1部7:00 - 9:55・第2部11:00 - 13:55
  • 土曜:第1部7:30 - 9:55・第2部11:00 - 14:55
  • 日曜:第1部7:30 - 10:55・第2部12:00 - 14:55
元々、早朝は全曜日対応の「おはようHANAKOです」、昼は平日が「お昼はまるまる824!」、土曜日が「はなまるサタデー」、日曜日は「ジモットサンデー」というワイド番組だったが、それらを2009年度から統合し、平日は約5時間、土曜日は約6時間半、日曜は約5時間半のワイド番組として一新し、パーソナリティーも全ての時間帯で統一した。
  • 全員集合!!井戸端倶楽部(月曜 - 木曜10:00 - 10:55) サービスエリア内のリスナー(特に奥さん方)が中心となって日々の暮らしに役立つ話題をリスナーの情報提供とともにつづる。2010年度から一時期、火曜 - 金曜の放送で、2009年度までは現行と同じだった。
  • 佐ん吉・ちょうばのラジオDESSE!!(金曜10:00 - 10:55) 米朝事務所所属の若手落語家桂佐ん吉桂ちょうばがパーソナリティを務めるトークバラエティ。コミュニティ放送では珍しくスポーツ新聞からの最新のスポーツエンターテインメントニュースのコーナーを設けている。
  • しあわせ歌BOX(月曜14:00-14:55)
    • 「カラオケ天国」「カラオケプロムナード」から続くリスナーのカラオケを聞く番組
  • アフタヌーン・レーダー(火曜14:00-14:30)
  • 川口哲也の演歌街道(水曜14:00-14:55)
  • 夢香とドリームファンタジー(木曜14:30-14:55 再放送日曜18:30-19:00)
  • プロムナード824(平日15:00 - 19:00)
    • もりかど探偵団(原則として第2・4・5週の金曜15:35頃-16:50頃。再放送は毎週土曜22:00-23:30と日曜23:00-24:30で、直近の放送がなかった週は前週の内容をそのまま再放送するため、同じ内容が最大本放送を入れて5回流れる)
週末
  • とびっきりサンデー(日曜11:00 - 11:55)
  • かつては第2・4週放送。
  • 4週目のみKiYOAlias
  • ラグタイム〜バリアーフリー放送企画(第1・3週土曜10:00 - 10:55)
  • こころの歌〜HANAKO ホームミュージック(第2・4・5週土曜10:00 - 10:55)
  • Fun Fun シネルフレ(土曜23:30-24:00 再放送日曜18:00-18:30)
  • 疋田哲夫の哲ちゃんの"哲学"(土曜24:00 - 24:30)BAN-BANラジオでも先行ネットで放送。
  • てんぱるサンデー(日曜15:00 - 16:00) サービスエリア内の10、20代、さらに30代まで幅広い人たちによって企画、展開されるトーク番組である。
過去
  • Sista FiveのちゃっとチャットGO!GO!(火曜14:00 - 14:30、再放送土曜23:30 - 24:00)
  • こちら824生ラジオ(平日午後)
  • やまなのぶっちゃけトーク(土曜15:00 - 17:00)
  • りんくるJAM(土曜15:00 - )
  • カラオケ・プロムナード(土曜17:00 - 19:00) リスナーから応募されたカラオケを放送
  • MCタイム(日曜16:00 - 17:00)「FM HANAKOサポートショップ(サポショップ)」加盟店舗で配布するステッカーにあるメッセージカードに寄せられたお便りやリクエスト、情報を紹介

市政番組[編集]

守口市(守口市広報の時間)
  • 「さわやかワイド824」への内包
    • 毎日8:00 - 8:45(もりぐちトピックス・市民演奏コーナー・暮らしの家庭百科)
    • 平日12:00 - 12:45(市民演奏コーナー・守口市からのお知らせ・いきいきライフもりぐち・もりぐち伝言板)
    • 土・日12:00 - 12:15
  • 「プロムナード824」への内包
    • 平日18:00 - 18:20(守口市からのお知らせ・もりぐち文学散歩道・もりぐち電話訪問)
門真市(みんなのかどま)
  • 毎日9:15 - 9:28(門真市からのお知らせ、ワクワクかどま 「さわやかワイド824」への内包)
  • 平日15:03 - 15:30(元気トークかどま、門真市からのお知らせ、ワクワクかどま 「プロムナード824」への内包)

PCMタイム[編集]

ミュージックバード配信

●:インターネット聴取可

5:00 - 6:40 ※途中飛び降り[編集]

ゴールデン歌謡演歌

19:00 - 21:00[編集]

この枠は主として演歌・歌謡曲を重視した内容となっている。

  • 歌の交差点(月 - 木) 各曜日に個性的な演歌歌手を起用して演歌・歌謡曲をたっぷり聴かせる
  • ゴールデン歌謡演歌(月曜を除く平日再放送)
  • 青春のポップス~GS編(月曜)
  • 川崎浩の歌謡ルネサンス(金曜)
  • スター名曲選(土曜)
  • KAYO-ENKA今週のベスト30(日曜 - 22:00)

21:00 - 22:00[編集]

深夜[編集]

  • 歌謡演歌ニューリリース
  • ●佐々木秀実 生きてりゃいいさ
  • ●石井里佳 レトロスタイル
  • ●Music&More
  • ●MUSIC LEGEND
  • POPS REFRAIN
  • ●ミッドナイト・スクウェア
  • ●JAZZ VOCAL ターンテーブルの夜
  • BALLADE
  • SWING EASY

その他のネット番組[編集]

開局10周年記念番組「HANAKOは続くよ、どこまでも」[編集]

西日本初のコミュニティ放送局として開局10周年を迎えたことを記念して、2003年(平成15年)7月19日14時から20日14時までの24時間に渡って放送を行った特別番組。

毎年7月20日の開局記念日に合わせて公開放送を実施するなどの特別番組を集中して編成しているが、この番組では通常生放送を行わない夜間・深夜から早朝にかけての生放送を初めて実現。縁のある歴代パーソナリティーが多数総出演して過去の番組から特に選りすぐられた名場面を録音テープを交えて展開した。また、サービスエリアである守口市、門真市の全町からリクエストを募る「全部の町からちょうだいリクエスト」なる企画や市民参加型の企画も放送された。

パーソナリティー一覧(カッコ内は主要担当番組)

7月19日

  • 14:00 - 17:00 大槻直美(看板アナウンサー)
  • 17:00 - 19:00 近藤栄(大阪の中波ラジオのパーソナリティーを担当し、開局当初から「プロムナード824・水曜」などを担当)
  • 19:00 - 21:00 やまなひとふみ(週末のトークバラエティー「やまなのぶっちゃけトーク」)
  • 21:00 - 24:00 島よしのり、東中あけみ(開局当初から「プロムナード824・金曜」などを担当。島は関西の放送局のパーソナリティーやCMナレーターとしても知られる)

7月20日

  • 0:00 - 3:00 山サキ久美子(「お昼はまるまる824」)
  • 3:00 - 6:00 川中博子(「プロムナード824」当初は火曜日→2014年12月現在は水曜日。また現在[いつ?]は月曜日の「お昼はまるまる824」にも出演するなど名物パーソナリティーの一人)
  • 6:00 - 9:00 浜野京子(「おはようHANAKOです」担当)
  • 9:00 - 11:00 上田彰(「プロムナード824・月曜」 関西ではテレビのナレーション出演多数)
  • 11:00 - 12:30 野々村ひとみ(開局当初「カラオケ天国」など担当)、前田勝久(開局当初から同局の番組に率先的に出演。現在[いつ?]は「プロムナード824・金曜」担当。また開局記念特番や守口市民祭りの長時間特番でも総合司会を務める)
  • 12:30 - 14:00 宮森敦子(「おはようHANAKOです」「お昼はまるまる824」など)

この24時間特番終了後の7月20日14:00〜16:00には守口市の三洋電機本社屋内「e-Cafe」から開局10周年記念公開生放送「HANAKO 10年目のバースデー」を放送した。ここではクイズ大会や歌手のライブ等も開かれた。

脚注[編集]

  1. ^ 平成4年郵政省令第2号による放送法施行規則改正
  2. ^ 聴取可能エリア FM-HANAKO(Internet Archiveのアーカイブ:2016年8月23日収集)
  3. ^ つぃっぷる 倉田かなの投稿 2014年9月30日
  4. ^ 新サテライトスタジオ愛称発表 スタッフ日記 2014年9月16日

外部リンク[編集]