一時所得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一時所得(いちじしょとく)は、所得税における課税所得の区分の一つであって、利子所得配当所得不動産所得事業所得給与所得退職所得山林所得及び譲渡所得以外の所得のうち、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で労務その他の役務又は資産の譲渡の対価としての性質を有しないものをいう。(所得税法第34条一項)

一時所得に該当する例[編集]

次のような収入は、一時所得の課税対象とされる。(所得税法基本通達34-1,2)

宝くじの当選金、心身に受けた損害に対する賠償金や慰謝料は非課税とされる。

課税方式[編集]

  • 総収入金額 - その収入を得るために支出した金額 - 特別控除額(上限50万円) = 一時所得の金額 となる。
  • 一時所得の金額の1/2に相当する額 が課税対象となる。
  • 一時所得は総合課税である。課税対象額が他の所得と合算され、総所得金額へ集計される。
※所得税法第34条一項

関連項目[編集]

外部リンク[編集]