目的税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

目的税(もくてきぜい)とは、その使途を特定して徴収される租税特定財源とも。特別会計にて処理されることが多い。

課税主体による分類[編集]

国の法定目的税[編集]

地方道路税電源開発促進税など

地方の法定目的税[編集]

道府県[編集]

水利地益税狩猟税法定外目的税

市町村[編集]

国民健康保険税都市計画税入湯税など

道路特定財源[編集]

揮発油税自動車重量税自動車税は目的税ではなく普通税だが、道路特定財源となっている。

性格による分類[編集]

  • 価格代替
  • 負担配分
  • 課税都合

論争[編集]

道路特定財源の提案時には、目的税制度は一般会計の外に会計を設けるものであり憲法違反であるという論争がなされている。紆余曲折を経て道路特定財源制度は成立した。