源泉徴収票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)とは、法定調書のひとつであり、日本において、給与退職手当公的年金等の支払をする者が、その支払額及び源泉徴収した所得税額を証明する書面。「給与所得の源泉徴収票」、「退職所得の源泉徴収票」、「公的年金等の源泉徴収票」の3種類がある。関連して、市町村に提出する給与支払報告書・特別徴収票・公的年金等支払報告書がある。

概要[編集]

給与所得の源泉徴収票(税務署提出用)。平成28・29年分様式

源泉徴収票は所得税法第226条の規定により、給与・退職手当・公的年金等の支払をする者が原則として2通作成し、1通は税務署へ提出し、1通は支払を受ける者に交付する義務がある。各源泉徴収票は詳細の様式が決められており、税務署への提出が必要な対象者の範囲については限定されている(所得税法施行規則第93条、第94条及び第94条の2)。

  • 給与所得の源泉徴収票」には、1月1日から12月31日までに支払われた給与等の支払金額(一般的なサラリーマンにとっての“年収”にあたる)や所得税等の源泉徴収税額が記載されている。給与等の支払をした翌年の1月31日まで(年の中途の退職者については退職日から1か月以内)に交付しなければならない。対応する市町村に提出する書類は「給与支払報告書」。
  • 退職所得の源泉徴収票」には、退職手当等の支払金額や所得税の源泉徴収税額が記載されており、退職日から1か月以内に交付しなければならない。対応する市町村に提出する書類は「特別徴収票」。
  • 公的年金等の源泉徴収票」には、1月1日から12月31日までに支払われた公的年金等の支払金額や所得税の源泉徴収税額が記載されており、支払をした翌年の1月31日までに交付しなければならない。対応する市町村に提出する書類は「公的年金等支払報告書」。

他の法定調書[編集]

源泉徴収票は給与所得・退職所得・公的年金等の支払のみに交付され、源泉徴収が義務付けられた支払の全てで交付されるものではない。源泉徴収されるが源泉徴収票が交付されない支払には、所得税法第204条に規定される報酬・料金・契約金・賞金があり、原稿料・デザイン料・講演料・プロスポーツ選手の報酬・弁護士や税理士の報酬などが該当する。

これらの支払について提出基準に該当する場合には、支払をする者は源泉徴収票に替えて、「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」(法定調書)を税務署へ提出しなければならないが、支払を受ける者に交付する義務はない(ただし、出版関係などでは慣例として支払を受ける者にも交付されている)。源泉徴収票は支払を受ける者の確定申告で必須となるが、「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」はこの限りでない。

交付等の方法[編集]

近年はIT化推進により、税務署への提出をインターネットe-Tax)や光ディスク等により行うことができる。また、受給者への交付においても、受給者の承諾を得て電磁的方式により提供することができるようになった(所得税法第226条第4項)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]