ロバート・ルーカス (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ルーカス
ニュー古典派マクロ経済学
生誕 1937年9月15日(77歳)
ワシントン州ヤキマ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カーネギーメロン大学
シカゴ大学
研究分野 マクロ経済学(新しい古典派)
母校 シカゴ大学
影響を
受けた人物
アーノルド・ハーバーガー
H・グレッグ・ルイス
ミルトン・フリードマン
実績 合理的期待仮説
ルーカスの批判
貨幣の中立性
受賞 ノーベル経済学賞 (1995)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1995年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:合理的期待仮説の理論を発展、応用し、1970年代以降の財政・金融政策などマクロ経済理論に大きな影響を与えた事を称えて

ロバート・ルーカス(Robert Emerson "Bob" Lucas, Jr.、1937年9月15日 - )は、アメリカ合衆国経済学者シカゴ大学教授。
1995年にノーベル経済学賞を受賞した。2002年アメリカ経済学会会長。妻のナンシー・ストーキーも経済学者である。

略歴[編集]

研究・主張[編集]

  • 1970年代にケインズ経済学を事実上葬った人物とされている[1]。彼は1970年代に最も影響力の大きかった経済学者の一人で、それまでケインズ経済学が主流だったマクロ経済学理論の流れを変え、マクロ経済のモデルはミクロ経済学的基礎に立脚すべきであると主張した。またルーカス自身は、金融危機時には財政政策がマネーの消失を緩和する効果があることを認めている[1]
  • 合理的期待仮説合理的期待)による推計を信じ、「ルーカスの批判」と呼ばれる経済方針を確立した。その中で、インフレーション失業率のような一見明らかに見える関係性も経済政策を変えることによって変化させることができると主張した。合理的期待形成の初期の論文の多くは、『景気循環論の研究』(1981年)と、T・J・サージェントと編集した『合理的期待形成と計量経済学的計算』(1981年)の論文集に翻刻されている。ルーカスによる「合理的期待形成」に関する研究は、FRB議長のジャネット・イエレンに影響を与えている[2]。合理的期待に基づく経済モデルは、インフレ目標が消費者・企業の意思決定に影響を与え、政策担当者の目標達成を促すと想定している[2]
  • 宇沢弘文とともに資本蓄積に関するルーカス-ウザワ・モデルや「ルーカスパラドックス」も提唱している。

批判[編集]

  • 政治学者・経済学者の小室直樹は「ルーカスを初めとした合理的期待学派は、正気の沙汰とは思えない。狂気か?カルト教団か?」と述べている[3]。小室は「古典派は余りに合理的な「経済人」を仮定するという理由でよく批判されるが、合理的期待学派のモデルとする経済人は、古典派どころではなく、全知全能に近い「経済人」なのである。その経済人は将来に対して不偏な予測ができる。また、すべての経済理論を利用できる。このような予測をするためには、膨大なコストと時間をかける必要があるが、コストも時間もゼロであると仮定されている」と述べている[4]。小室は「全盛を極めたルーカス派にとって転機となったのは、数学が得意なことで有名なルーカスの論文に数学的誤りが発見されたことだった。これがきっかけとなり理論的批判も行われるようになった」と述べている[4]

人物[編集]

  • ルーカスは、自身の理論が経済思想に大きく貢献し、ノーベル賞に値するという強い自信を持っていたが、自身の離婚の条件の中に、ノーベル賞受賞から期待される賞金を、元妻となる配偶者と分け合う約束を含めていた[5]。1980年代末にに離婚した前妻のリタ・ルーカスは、離婚の際に「ロバートがノーベル賞を受賞した場合は賞金の50%を渡す」という条件をつけ(条件の有効期限は1995年10月31日)、ちょうど7年後(離婚条件失効するわずか3週間前)の1995年にロバートはノーベル経済学賞を受賞し、リタは賞金額の半分を手にした[6]。ルーカスは「約束は約束だ。こんなすごい賞を貰ったんだ。これくらいで嫌な気分にならない」と述べている[6]
  • 彼は、歴史学から経済学に転じたのは、自分が、「擬似マルクス主義」者だったからだと述べている[7]。ルーカスは、経済は歴史の真の原動力になると信じていて、経済学を極めた後で歴史学に戻ろうと計画している。

主要論文・文献[編集]

(日本語翻訳)

  • 『マクロ経済学のフロンティア』、清水啓典訳、東洋経済新報社、1988年

(原書)

  • Lucas, Robert (1972). "Expectations and the Neutrality of Money". Journal of Economic Theory 4: 103–124.
  • Lucas, Robert (1976). "Econometric Policy Evaluation: A Critique". Carnegie-Rochester Conference Series on Public Policy 1: 19–46.
  • Lucas, Robert (1988). "On the Mechanics of Economic Development". Journal of Monetary Economics 22: 3–42.
  • Lucas, Robert (1990). "Why Doesn't Capital Flow from Rich to Poor Countries". American Economic Review 80: 92–96.
  • Lucas, Robert (1981). Studies in Business-Cycle Theory. MIT Press. ISBN 0-262-62044-8.
  • Lucas, Robert (1995) - MONETARY NEUTRALITY Prize Lecture - 1995 Nobel Prize in economics , December 7, 1995
  • Stokey, Nancy; Robert Lucas; and Edward Prescott (1989), Recursive Methods in Economic Dynamics. Harvard University Press, ISBN 0674750969.

脚注[編集]

  1. ^ a b 第九回「経済学は有益か(その二)-ルーカスの洞察」キヤノングローバル戦略研究所(CIGS) 2009年10月16日
  2. ^ a b イエレン氏はFRB本流、連続性失われず-合理的期待を重視かBloomberg 2013年10月10日
  3. ^ 小室直樹 『経済学をめぐる巨匠たち』 ダイヤモンド社、2004年、76頁。
  4. ^ a b 小室直樹 『経済学をめぐる巨匠たち』 ダイヤモンド社、2004年、77頁。
  5. ^ マリル・ハートマッカーティ 『ノーベル賞経済学者に学ぶ現代経済思想』 日経BP社、2002年、238頁。
  6. ^ a b トーマス・カリアー 『ノーベル経済学賞の40年〈下〉-20世紀経済思想史入門』 筑摩書房〈筑摩選書〉、2012年、17頁。
  7. ^ Roberts, Russ (February 5, 2007). "Lucas on Growth, Poverty and Business Cycles". EconTalk. Library of Economics and Liberty.

外部リンク[編集]