アンソニー・アトキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サー・アンソニー・アトキンソン
ネオ・ケインジアン
生誕 (1944-09-04) 1944年9月4日
イギリス
死没 (2017-01-01) 2017年1月1日(72歳没)
国籍 イギリス
研究機関 ナフィールド・カレッジ、オックスフォード大学
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
研究分野 所得分布
貧困
ミクロ経済学
母校 ケンブリッジ大学
影響を
受けた人物
ジェイムズ・ミード
影響を
与えた人物
トマ・ピケティ
エマニュエル・サエズ
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

トニー・アトキンソンことサー・アンソニー・バーンズ・アトキンソンSir Anthony Barnes "Tony" Atkinson CBE, 1944年9月4日 - 2017年1月1日)は、イギリス経済学者であり、LSE教授でもある。

アトキンソンは1960年代から所得格差問題や公共経済学についての研究をはじめ、2015年時点ではこの分野での重鎮と考えられている[1][2]。『21世紀の資本』で著名なトマ・ピケティにも大きな影響を与えた。ピケティは、アトキンソンは所得と富の歴史についての研究の第一人者であると述べている[1]

略歴[編集]

ケンブリッジ大学を卒業後、ケンブリッジのセント・ジョンズ・カレッジフェローとなり、所得格差や公共経済学の問題に取り組む。その後、エセックス大学の教授となる[2]。1973年にMITの客員教授に就任する。2000年にナイトの称号が与えられ、その翌年にレジオンドヌール勲章が授けられた[3]

2015年にEIB賞を受賞した。クリストファー・ピサリデスは、アトキンソンの直感は経済理論や政策に非常に大きな影響を与えていると述べた[4]

2017年1月1日に死去[5]。72歳没。

研究分野[編集]

アトキンソンの研究は富や所得の分布のみならず、貧困問題、欧州の社会政策、公共・厚生経済学など多岐にわたり[3]、格差や社会保障の分野では最も影響力のある学者と見なされていた。数多くの学術論文、研究書、教科書を執筆したが、『21世紀の不平等』をのぞいてはほとんど一般向けの啓蒙書は発表しなかった[6]

主張[編集]

経済政策には関心が高く、労働党のアドバイザーを歴任した[6]

政策提言[編集]

2014年にはInequality: What Can Be Done? (邦題『21世紀の不平等』)を啓蒙書として発表し、そこでイギリスを念頭に置いて15の政策提言を行っている。その内容は「労働者の雇用を増大させる技術革新を行う」「ステークホルダー間での適切な権力バランスの実現」「最低賃金での公的雇用保証」「最低賃金以上の報酬慣行規範」「成人した時点での全員への最低限相続の実施」「ソブリン・ウエルス・ファンドの投資による国の資産増大」「所得税累進性向上」「個人所得税の勤労所得割引の実施」「相続税の確実な徴収」「累進的な固定資産税の実施」「全児童への児童手当の給付」「何らかの社会的貢献を条件としたベーシック・インカム」「富有国のODAの目標額を国民総所得の1%に引き上げ」などである[7]。アトキンソンはこれらの提言において福祉国家論を強固に主張し[6]、これらの提言に対して予想される反論に実証的に応答している[6][8]

主な著作[編集]

Books[編集]

  • Atkinson, Anthony B.; Harrison, Allan J. (1978). Distribution of personal wealth in Britain. Cambridge New York: Cambridge University Press. ISBN 9780521217354. 
  • Atkinson, Anthony B.; Stiglitz, Joseph E. (1980). Lectures on public economics. London New York: McGraw-Hill Book Co. ISBN 9780070841055. 
  • Atkinson, Anthony B. (1983). The economics of inequality. Oxford Oxfordshire New York: Clarendon Press Oxford University Press. ISBN 9780198772088. 
佐藤隆三高川清明訳『不平等の経済学』(時潮社,1981年)
  • Atkinson, Anthony B. (1995). Incomes and the welfare state: essays on Britain and Europe. Cambridge New York: Cambridge University Press. ISBN 9780521557962. 
丸谷泠史訳『アトキンソン教授の福祉国家論』(晃洋書房,2001年)
  • Atkinson, Anthony B. (1996). Public economics in action: the basic income/flat tax proposal. Oxford New York: Oxford University Press. ISBN 9780198292166. 
  • Atkinson, Anthony B. (1999). The economic consequences of rolling back the welfare state. Cambridge, Massachusetts: MIT Press. ISBN 9780262011716. 
  • Atkinson, Anthony B.; Bourguignon, François (2000). Handbook of income distribution. Amsterdam New York: Elvesier. ISBN 9780444816313. 
  • Atkinson, Anthony B; Stern, Nicholas H.; Glennerster, Howard (2000). Putting economics to work: volume in honour of Michio Morishima. 22. London: London School of Economics and Political Science, and the STICERD – Suntory-Toyota International Centre for Economics and Related Disciplines. ISBN 9780753013991. 
  • Atkinson, Anthony B. (2004). New sources of development finance. Oxford New York: Oxford University Press. ISBN 9780199278558. 
  • Atkinson, Anthony B.; Piketty, Thomas (2007). Top incomes over the Twentieth Century: a contrast between Continental European and English-speaking countries. Oxford New York: Oxford University Press. ISBN 9780199286881. 
  • Atkinson, Anthony B. (2008). The changing distribution of earnings in OECD countries. Oxford New York: Oxford University Press. ISBN 9780199532438. 
  • Atkinson, Anthony B.; Piketty, Thomas (2010). Top incomes: a global perspective. Oxford New York: Oxford University Press. ISBN 9780199286898. 
  • Atkinson, Anthony B. (2014). Public economics in an age of austerity. New York: Routledge. ISBN 9781138018150. 
  • Atkinson, Anthony B. (2014). Inequality: What Can Be Done?. Harvard University Press. pp. 384. ISBN 9780674504769. 
山形浩生森本正史訳『21世紀の不平等』(東洋経済新報社,2015年)

Chapters in books[編集]

  • Atkinson, Anthony B. (2002), “Globalization and the European welfare state at the opening and the closing of the twentieth century”, in Kierzkowski, Henryk, Europe and globalization, Houndmills, Basingstoke, Hampshire New York: Palgrave Macmillan, pp. 249–273, ISBN 9780333998397 
  • Atkinson, Anthony B. (2008), “Concentration among the rich”, in Davies, James B, Personal wealth from a global perspective, Oxford New York: Oxford University Press, pp. 64–89, ISBN 9780199548897 
  • Atkinson, Anthony B. (2009), “Welfare economics and giving for development”, Arguments for a better world: essays in honor of Amartya Sen | Volume I: Ethics, welfare, and measurement, Oxford New York: Oxford University Press, pp. 489–500, ISBN 9780199239115 

Journal articles[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sir Anthony Atkinson and the curious optimism of the godfather of inequalityB. Chu, The Independent, News, 29 May 2015
  2. ^ a b Sir Tony AtkinsonNuffield College, University of Oxford, People
  3. ^ a b Professor Tony AtkinsonLondon School of Economics, Staff Biography
  4. ^ Tackling Inequality: Tony Atkinson Wins the EIB PrizeA.J.G. Brown, The Huffington Post, 6 Aug 2015
  5. ^ “Anthony Atkinson The economist who battled against inequality has died”. Luxemburger Wort. Luxemburger Wort. (2017年1月2日). http://www.wort.lu/en/panorama/anthony-atkinson-the-economist-who-battled-against-inequality-has-died-586a518453590682caf17284 2017年1月3日閲覧。 
  6. ^ a b c d 橘木俊詔 『21世紀日本の格差』 岩波書店、2016年、31〜33。
  7. ^ アトキンソン 『21世紀の不平等』 山形浩生、森本正史(訳)、東洋経済新報社、2015年12月11日
  8. ^ 荻上チキ. “書評:21世紀の不平等 [著]アンソニー・B・アトキンソン”. 朝日新聞社. 2017年3月7日閲覧。