佐藤隆三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 隆三(さとう りゅうぞう、1931年7月5日[1] - )は日本の経済学者。専門は理論経済学、中でも経済成長理論。ニューヨーク大学C.V.スター冠講座名誉教授。

人物[編集]

秋田県湯沢市高松出身。ブラウン大学教授を経て、ニューヨーク大学レナード・スターン経営大学院C.V.スター冠講座教授、同大学日米経営経済研究所所長、ハーバード大学ケネディスクール兼任教授、東京大学大学院経済学研究科客員教授を歴任。元全米経済研究所(NBER)研究理事。

経済成長に関する独自の論文を執筆したことに加えて、ポール・サミュエルソンハル・ヴァリアン等、欧米の経済学者の著書を翻訳したことでも知られる。門下に永谷敬三ブリティッシュコロンビア大学名誉教授)等がいる[2]

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『経済成長の理論』(勁草書房, 1968年)
  • 『ニュー・マクロエコノミクス』(マグロウヒル好学社, 1982年)
  • 『Me社会とWe社会――アメリカ主義・日本主義・資本主義』(日本経済新聞社, 1983年)
  • 『技術変化と経済不変性の理論――リー群論の応用』(勁草書房, 1984年)
  • 『技術の経済学――戦略としてのテクノロジーゲーム』(PHP研究所, 1985年)
  • 『M&Aの経済学――Merger & Acquisition』(TBSブリタニカ, 1987年)
  • 『アメリカ豊かなる没落――ボストンからのエッセイ』(日本経済新聞社, 1988年)
  • 『菊と鷲』(講談社, 1990年/講談社文庫, 1993年)
  • 『アメリカ・豊かさの教訓――エコノミストが見た日本の未来』(PHP研究所, 1993年)
  • The Chrysanthemum and the Eagle: the Future of U.S.-Japan Relations, (New York University Press, 1994).
  • Growth Theory and Technical Change, (Edward Elgar, 1996).
  • 『日本経済再建論』(日本放送出版協会, 1996年)
  • Production, Stability, and Dynamic Symmetry, (Edward Elgar Pub., 1999).
  • Biased Technical Change And Economic Conservation Laws ,(Research Monographs in Japan-U.S. Business and Economics)
  • 『メジャー級アメリカ経済学に挑んで――学究生活50年の軌跡』(日本評論社、2011年)

共著[編集]

  • Research and Productivity: Endogenous Technical Change, with Gilbert S. Suzawa, (Auburn House Pub. Co., 1983).
  • ラビ・バトラ)『大恐慌との対決』(実業之日本社, 1988年)
  • Symmetry and Economic Invariance: An Introduction, with Rama V. Ramachandran, (Kluwer Academic Publishers, 1998).

共編著[編集]

  • Technology, Organization, and Economic Structure: Essays in Honor of Prof. Isamu Yamada, co-edited with Martin J. Beckmann, (Springer-Verlag, 1983).
  • 大来佐武郎)『貿易フリクション――世界は経済戦争に入るか』(有斐閣, 1983年)
  • Economic Policy and Development: New Perspectives, co-edited with Toshio Shishido, (Auburn House, 1985).(『世界経済の生きる道――経済政策と開発・大来佐武郎博士古稀記念』サイマル出版会, 1987年)
  • Trade Friction and Economic Policy: Problems and Prospects for Japan and the United States, co-edited with Paul Wachtel, (Cambridge University Press, 1987).
  • Unkept Promises, Unclear Consequences: U.S. Economic Policy and the Japanese Response, co-edited with John A. Rizzo, (Cambridge University Press, 1988).
  • Beyond Trade Friction: Japan-U.S. Economic Relations, co-edited with Julianne Nelson, (Cambridge University Press, 1989).
  • Conservation Laws and Symmetry: Applications to Economics and Finance, co-edited with Rama V. Ramachandran, (Kluwer Academic Publishers, 1990).
  • Japan, Europe, and International Financial Markets: Analytical and Empirical Perspectives, co-edited with Richard M. Levich and Rama V. Ramachandran, (Cambridge University Press, 1994).
  • Trade and Investment in the 1990s: Experts Debate on Japan-U.S. Issues, co-edited with Rama V. Ramachandran and Myra Aronson, (New York University Press, 1996).
  • Global Competition and Integration, co-edited with Rama V. Ramachandran and Kazuo Mino, (Kluwer Academic Publishers, 1999).
  • Beyond Trade Friction: Japan-u.s. Economic Relations,co-edited with Julianne Nelson, (Cambridge University Press, 2006).
  • Unkept Promises, Unclear Consequences: Us Economic Policy And the Japanese Response,co-edited with John A. Rizzo, (Cambridge University Press, 2006).

訳書[編集]

  • P・A・サミュエルソン『経済分析の基礎』(勁草書房, 1967年)
  • G・ミュルダール『経済学説と政治的要素』(春秋社, 1967年)
  • M・フリードマン『実証的経済学の方法と展開』(富士書房, 1977年)
  • A・J・カリヤー『社会保障の経済学』(時潮社, 1977年)
  • A・B・アトキンソン『不平等の経済学』(時潮社, 1981年)
  • ジェローム・L・スタイン『マネタリズムとケインジアン理論の統合』(春秋社, 1981年)
  • レスター・C・サロー『デンジャラス カレンツ――流砂の上の現代経済』(東洋経済新報社, 1983年)
  • P・A・サミュエルソン『サミュエルソン日本の針路を考える』(勁草書房, 1984年)
  • ヘンリー・カウフマン『カウフマンの警告』(オータス研究所, 1986年)
  • ハル・R・ヴァリアン『ミクロ経済分析』(勁草書房, 1986年)
  • ラビ・バトラ『1990年の大恐慌』(オータス研究所, 1987年)
  • インゴ・ウォルター『シークレット・マネー』(春秋社, 1987年)
  • ウィリアム・ブレイト,ロジャー・W・スペンサー編『経済学を変えた七人――栄光のノーベル経済学賞受賞者』(勁草書房, 1988年)
  • パット・チョート, J・K・リンガー『ハイフレックス社会――明日のアメリカ経済のあり方』(勁草書房, 1989年)
  • ヘンリー・ロソフスキー『ロソフスキー教授の大学の未来へ――ハーヴァード流大学人マニュアル』(TBSブリタニカ, 1992年)
  • ジャグディシュ・バグワティ『危機に立つ世界貿易体制――GATT再建と日本の役割』(勁草書房, 1993年)
  • ロバート・ラム『甦るアメリカ的経営――CEOの企業戦略』(オータス研究所, 1994年)
  • ハル・R・ヴァリアン『入門ミクロ経済学』(勁草書房, 2000年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.320
  2. ^ 「永谷敬三先生の経済学」北九州市立大学