永谷敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

永谷 敬三(ながたに けいぞう、1937年 - )は日本のカナダ国籍の経済学者ブリティッシュコロンビア大学名誉教授、ブラウン大学経済学博士

人物[編集]

福岡県福岡市博多生まれ[1]広島県立廿日市高等学校を経て、1959年一橋大学経済学部卒業。中山伊知郎ゼミ出身。大蔵省入省後、1963年からハワイイースト・ウエスト・センター給費生となり佐藤隆三に師事して新古典派経済学を学ぶ。1965年からフルブライト奨学生としてブラウン大学に留学し、1968年6月に修了。最短記録で経済学博士の学位を取得した。指導教授はジェローム・ステイン[2]

1968年からブリティッシュコロンビア大学教授。1979年にカナダ国籍を取得。1997年神戸大学経済学部教授、2000年退官、神戸大学名誉教授[3]。2004年流通科学大学学長。1991年にはCANADIAN ECONOMIC ASSOCIATION VICE PRESIDENTも務めた。経済学研究を行う側ら、日本の米国追従姿勢の批判を行う。

著書[編集]

  • 『貨幣経済の理論』創文社, 1977.1
  • 『金融論』マグロウヒル好学社, 1982.9.
  • 『カナダ住みたい国』六興出版, 1989.5
  • 『カナダから経済学者が見たなかなかの国ニッポン』中央経済社, 1998.7
  • 『日本経済学』中央経済社, 1999.10
  • 『危うし「人の国」ニッポン』日本評論社, 2001.4
  • 『入門情報の経済学』東洋経済新報社, 2002.3
  • 『経済学で読み解く教育問題』東洋経済新報社, 2003.2
  • 『これからだ!日本経済』朝日新聞社, 2004.4.

脚注[編集]

  1. ^ [1]大阪ロータリークラブ
  2. ^ 「永谷敬三先生の経済学」北九州市立大学
  3. ^ 「名誉教授・特別功労者・功労者」神戸大学