R. G. D. アレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
R.G.D.アレン
Sir Roy George Douglas Allen
ローザンヌ学派(パレート派)
1978年当時のアレン
生誕 (1906-06-03) 1906年6月3日
イングランドの旗 ウスターシャー州ウスター
死没 (1983-09-29) 1983年9月29日(満77歳没)
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究機関  LSE
研究分野  数理経済学、統計学、数学
受賞  CBE
テンプレートを表示

R. G. D. アレン(ロイ・アレン、Sir Roy George Douglas Allen、1906年6月3日 - 1983年9月29日)は、イギリスのWorcesterに生まれた経済学者ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の教授であった。専門は、数理経済学統計学数学である。

略歴[編集]

業績[編集]

ジョン・ヒックスとともに、ローザンヌ学派の成果を世界に紹介するのに貢献した。ヒックスと共著で1934年のEconomicaに発表した論文"A Reconsideration of the Theory of Value"は、効用最大化から需要関数を導く方法を導入し、それに伴う収入と代替効果の分解を示した(スルツキー方程式)。これは新古典派経済学における「パレート派」復活を引き起こした。

有名な1938年の著書は、次世代のために数学的基礎を敷いたもので、「代替の部分弾力性」を始めとする目新しい概念を導入している。

後の業績はもっぱら統計学についてのもので、特に小売価格と指標の問題を扱っていた。アーサー・ボウリーと共同で行った1935年の有名な家計支出調査と予算分析は、経験的ミクロ経済学の先駆的な試みであった[1]

著作[編集]

日本語訳[編集]

原書[編集]

  • Family Expenditure, with A.L. Bowley, 1935.
  • Mathematical Analysis for Economists, 1938.
  • Statistics for Economists, 1949.
  • Mathematical Economics, 1956.
  • Macroeconomic Theory, 1967.
  • Index Numbers in Theory and Practice, 1975.
  • Introduction to National Accounts Statistics, 1980.

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]