ラグナル・フリッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラグナル・フリッシュ
生誕 1895年3月3日
ノルウェー,オスロ(Christiania)
死没 1973年1月31日(77歳)
ノルウェー, オスロ
国籍 ノルウェーの旗 ノルウェー
研究機関 オスロ大学
研究分野 計量経済学
母校 オスロ大学
影響を
与えた人物
トリグヴェ・ホーヴェルモ
実績 計量経済学
生産理論
受賞 リンチェイ国家アカデミーからアントニオ・フェルトリネッリ賞 (1961年)
ノーベル経済学賞 (1969年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1969年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:経済過程の分析に対する動学的モデルの発展と応用を称えて

ラグナル・アントン・キティル・フリッシュ(Ragnar Anton Kittil Frisch、1895年3月3日 - 1973年1月31日)は、ノルウェーオスロ出身の経済学者である。「計量経済学」の先駆者であり、この学名も彼が名づけたものである。また、マクロ経済ミクロ経済の二分法を考案したのも彼と言われている。

生涯[編集]

業績[編集]

フリッシュは経済学の分野においていくつかの重要な発展に貢献し、計量経済学マクロ経済学などの新語を創出した。フリッシュが1926年に発表した消費者理論に関する論文では新ワルラス理論の構築に貢献し、1965年には生産理論を定式化した。計量経済学の分野では、1927年には時系列分析1934年には線形回帰分析に関する研究を行った。また、フリッシュが1933年に研究したインパルス伝播の景気循環理論は、現代の新古典派経済学の景気循環理論の原則の1つとなった。

フリッシュは計量経済学のモデルを政府の経済企画部門や経済会計部門に紹介する役割を果たした。フリッシュは計量経済学会の創設者の1人であり、20年以上に渡って計量経済学会誌の編集者としても活躍した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]