レオニート・カントロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Leonid Kantorovich
Leonid Kantorovich 1975.jpg
Leonid Kantorovich in 1975
生誕 (1912-01-19) 1912年1月19日
ロシア帝国, サンクトペテルスブルク
死没 1986年4月7日(1986-04-07)(74歳)
ソビエト連邦,ロシア,モスクワ
国籍 ソビエト連邦
研究分野 数学
出身校 レニングラード大学
博士課程
指導教員
Grigorii Fichtenholz
Vladimir Smirnov
主な業績 線形計画法
カントロヴィチ定理
基準ベクトル・ラテッス (カントロヴィチ空間)
カントロヴィチ距離
カントロヴィチ不等式
近似理論
反復法
相関分析
数量解析
科学的コンピューティング
主な受賞歴 ノーベル経済学賞 (1975年)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1975年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:資源の最適配分に関する理論への貢献を称えて

レオニート・ヴィタリエヴィチ・カントロヴィチ(Leonid Vitaliyevich Kantorovich、ロシア語: Леонид Витальевич Канторович1912年1月19日 - 1986年4月7日)はロシア数学者・経済学者。

略歴[編集]

  • 1912年 サンクトペテルブルクでユダヤ人の家庭に生まれる。父は医師として活動していた。
  • 1930年 レニングラード大学(現サンクトペテルブルク大学)の数学科を卒業する。
  • 1934年~1960年 レニングラードの教授となる。
  • 1939年 軍部工学専門大学の教授となる。
  • レニングラード攻囲の間、海軍のVITUの教授となり、‘the Road of Life’(凍ったラドガ湖を渡って冬に車で輸送する氷の道)の安全性を担当した。1941年12月から1942年1月にかけて、カントロヴィチは自らラドガ湖氷上の車列の間を歩き、理論の正しさを確認した。しかし、攻囲の生存者用の食糧を乗せた多くの自動車は、ドイツの空爆によって破壊された。後に、カントロヴィチはthe Order of the Patriotic Warを授与され、レニングラード防御のためメダルを叙勲された。
  • 1961年~1971年 ソビエト科学アカデミー(The U.S.S.R. Academy of Siences)のシベリア・ブランチ(Siberian branch)で数学・経済学を研究する。
  • 1971年~1976年 国立モスクワ経済計画研究所(The Moscow's Institute of National Economic Planning)で研究をする。
  • 1975年 ノーベル経済学賞を受賞する。
  • 1986年 モスクワで死去(74歳)。

受賞[編集]

業績[編集]

主な著作[編集]

  • "Mathematical Methods of Organising and Planning Production", 1939 (repr. in Management Science, 1960).
  • "Further Development of Mathematical Methods and Prospects of their Application in Economic Planning", 1959, in Nemchimov, editor, The Use of Mathematics in Economics.
  • The Best Use of Economic Resources, 1959
  • Functional Analysis, with G.P. Akilov, 1959
  • Mathematicheskoe optimal'noe programmivoranie v ekonomike, with A.V. Gortstko, 1968.
  • Optimal'nye resheniia v ekonomike, with A.V. Gortsko, 1972
  • "Economic Problems of Scientific and Technical Progress", 1976, Scand JE
  • Essays on Optimal Planning, 1976.
  • "Moi put'v nauke", 1987, Uspechi matematicheskich nauk
  • "Mathematics in Economics: Achievements, difficulties, perspectives", 1989, AER
  • "Problemy effektivnogo ispol'zovaniia i razvitiia transporta, 1989