ジャン=ジャック・ラフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャン=ジャック・ラフォン(Jean-Jacques Laffont、1947年 - 2004年[1])はフランスの経済学者。公共経済学インセンティブの理論、規制の経済学、開発経済学情報の経済学についての研究を行った。産業経済研究所(Institut D'Economie Industrielle, IDEI)の創設者でもある。

2014年にノーベル経済学賞を受賞したジャン・ティロールとの産業組織論に関する共同研究でも知られ、経済学者の依田高典は「もしも存命であれば(ノーベル経済学賞を)共同受賞したことだろう」と述べた[1]

経歴[編集]

著作[編集]

200以上の学術論文を出版している。研究領域は広く、ゲーム理論契約理論情報の経済学計量経済学開発経済学に及ぶ。

単著[編集]

  • Effets Externes et Theorie Economique (Editions du CNRS, 1977)
  • Essays in Economics of Uncertainty (Harvard University Press, 1980)
  • Fondements de l'Economie Publique - Vol.1, (Economica, 1982)
  • Economie de l'Incertain et de l'Information - Vol.2, (Economica, 1985)
  • Incentives and Political Economy, (Oxford University Press, 2000)
  • Applied Incentive Theory, (Peking University Press, 2001)
  • Theoretical Incentive Theory (Peking University Press, 2001)
  • Regulation and Development, (Cambridge University Press, 2005)

共著[編集]

  • ジェリー・グリーンIncentives in Public Decision-Making (North-Holland, 1979)
  • ジャン・ティロールA Theory of Incentives in Procurement and Regulation, (MIT Press, 1993)
  • (クローディア・セニク=レイニー) Price Controls and the Economics of Institutions in China, Development Centre Studies, (OECD Publishing, 1997)
  • ジャン・ティロールCompetition in Telecommunications, series Munich Lectures in Economics, (MIT Press, 1999)
  • (デイヴィッド・マルティモール) The Theory of Incentives: The Principal-Agent Model, (Princeton University Press, 2001)
  • (ファリッド・ガスミ、マーク・ケネット、ウィリアム・シャーキー) Cost Proxy Models and Telecommunications Policy: A New Empirical Approach to Regulation, (MIT Press, 2002)

編著[編集]

  • Aggregation and Revelation of Preferences, (North-Holland, 1979)
  • (J.P. フローレンス、M.イヴァルディ、F.ライズニー) Microeconometrics: Surveys and Applications, (Basil Blackwell, 1990)
  • (M. モロー) Dynamics, Incomplete Information and Industrial Economics, (Basil Blackwell, 1991)
  • Advances in Economic Theory: Proceedings of the Sixth World Congress of the Econometric Society, (Cambridge University Press, 1992)
  • (P. ベアト) Competition Policy in Regulated Industries: Approaches for Emerging Economies, (The Johns Hopkins University Press, 2002)

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 依田高典「2014年ノーベル経済学賞 ジャン・ティロール―現実へのビジョンに支えられた理論家」、『経済セミナー』第682巻、日本評論社2015年、 80-83頁。

外部リンク[編集]