この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ポポンデッタ (鉄道模型店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社ポポンデッタ
 ポポンデッタ秋葉原店(本社ビル)
 ポポンデッタ秋葉原店(本社ビル)
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田三丁目3番3号
Rail Way BLD
設立 2002年9月
(創業:1999年11月11日
業種 小売業
法人番号 1010001090971
事業内容 鉄道模型、鉄道書籍の買取、販売
代表者 代表取締役 太田和伸
外部リンク http://www.popondetta.com/
テンプレートを表示

ポポンデッタは、日本鉄道模型専門店である。

概要

1999年平成11年)にインターネット通信販売による鉄道模型店として創業。後に東京都渋谷区に店舗を構え、その後は日本全国各地に鉄道模型店を展開し、主に鉄道模型や鉄道書籍の買取、販売を行う。フランチャイズによる鉄道模型とミニカーの買取専門店や、カフェも展開している。

社名の由来は熱帯魚ポポンデッタ・フルカタから[1][2]。創業当時の鉄道模型という趣味に対する印象については、一般にも幅広く認知されるようにた現在とは異なり、当時はまだ「暗い」といった印象が根強く「家族と一緒に、彼女と一緒に模型店に行こうよ、と言ったときに、鉄道要素の強い名前だと『そんなの嫌よ』で終わってしまうんじゃないかと考えた」といい、そこで、もう一つの趣味であった熱帯魚の中から「元気の良さに肖ろう」と名付けたという[1]

沿革

1999年11月、税理士の太田和伸が創業[1]。当初は家族経営、つまりファミリー企業であった。
2002年(平成14年)、東京都渋谷区に最初の店舗となる渋谷店(のちに閉店)を開設、同年11月に有限会社に改組[1]。2003年(平成15年)、2015年現在本社を置く秋葉原店を東京都千代田区外神田に開設した[1]。2004年(平成16年)には株式会社に再び改組している。
2005年(平成17年)、東京都渋谷区に買取専門の「ポポンデッタクラスタ」が開設された。これはポポンデッタの直営ではなくフランチャイズ運営によるもので、「ポポンデッタクラスタ」で買取られた商品はポポンデッタで販売されている。
2006年(平成18年)、東京都板橋区に実験店舗として「ポポンデッタミニ」下赤塚店を開店した。同年、大阪市浪速区に大阪日本橋店を開設。これ以降、日本各地に店舗を展開することになった。同年10月には秋葉原店が新築されたビルへ移転した。同店舗には太田の公認税理士事務所を千代田区神田神保町より移転し、併設している。
2011年(平成23年)には東京都千代田区有楽町に、鉄道をコンセプトとしたカフェ「スチームロコモティブ」を開店した。
2016年10月8 - 9日 - アミュプラザ博多でイベント開催に伴い、「あそぼーい!ポポンデッタ号」を博多駅 - 大分駅にて貸切運行。[3]
2016年12月23日 - 吉池8Fに「バーガーパブシュッシュポポン御徒町店」開店。2日間、イベントでトークショーとミニライブが開催され出演者は野月貴弘堀込聖美山本紗由美安井愛南田裕介久野知美[4][5][6]

店舗

本社ビルである秋葉原・Rail Way BLD
ポポンデッタ川崎アゼリア店
川崎アゼリア店のレンタルレイアウト
ポポンデッタ(2019年2月現在・45店舗)
北海道・東北3店舗、関東23店舗、中部8店舗、関西6店舗、中国3店舗、九州2店舗
鉄道模型堂(1店舗)
東武百貨店池袋のみ
飲食店(4店舗)

イオンモールKYOTOららぽーと富士見はポポンデッタに併設

総店舗数は、飲食店を含め全国に49店舗(併設店除外)が所在する。直営店以外にフランチャイズの店舗も存在する。

多くのポポンデッタではNゲージレンタルレイアウトを設置しており、来店者が持参した車両を走行させることができるほか、店舗にて車両の貸し出しも行われる。大型店ではラジコン自動車プラレールのコースを設置しており、来店者が持参した車両を走行させることができる。1時間コースと、初めて鉄道模型で遊ぶ人向けの20分体験運転コースがある。20分コース限定のスタンプカードでスタンプを集めるとNゲージと交換できる。店頭で税込3,000円以上の購入でレンタルレイアウト15分無料券が配布される。レンタルレイアウトは店頭と電話で席の予約が可能である。

多くのポポンデッタでは古物商の許可を受けており、店頭や郵送、出張買取も行なっている。Nゲージのほか書籍やプラレール、ストラクチャー、鉄道グッズなど鉄道関連製品の買取を行なっている。また、不定期でプラレールを新品Nゲージと交換できるキャンペーンを実施している。

多くの鉄道模型製品で定価より20%割引した価格で販売されている。また一部製品では早期に予約した場合、先行予約が適用されて25%割引となる。

実質的な本店である秋葉原店(東京都千代田区)は2003年4月に開店。当初は1階に事務所、2階に店舗とレンタルレイアウトを構えており、店内にて中古鉄道模型の店頭オークションを行っていた。2005年に近隣のビル内へ一時移転し、跡地に本社と一体化した新店舗ビル (Rail Way BLD.) が新築された。現店舗は地下1階 - 地上3階が鉄道模型店で、4階以上はポポンデッタ事務所と税理士事務所となっている。

現行店舗の詳細については公式サイト「店舗一覧」を参照。「鐵道模型堂」という屋号を用いる店舗もある。その他、鉄道模型、鉄道関連のイベントにも随時臨時出店している。[7]

コラボレーション店舗

小田急トレインギャラリー(海老名)
ビナウォーク6番館」2階に2011年3月18日開店。小田急電鉄の資料が展示されており[8]、模擬運転台もある。
京王トレインパーク(八王子)
京王八王子ショッピングセンターに2011年9月16日開店。太田が京王電鉄ユーザーが縁で、京王の全面的な協力の下、出店が実現した[9]京王資料館に所蔵されている資料が店内に展示されている。
東武鉄道ギャラリー(浅草)
浅草EKIMISE7F。元北海道物産店に出店。東武鉄道の製品が中心で、東武8000系電車の運転台のレイアウトコースがある。
西武トレインミュージアム(川越)
本川越駅駅ビル西武本川越ペペ3階。2012年10月12日開店。西武鉄道の資料が展示されている[10]
東海道線ギャラリー(静岡)
静岡パルシェに出店。

カフェ&バー

UCCフーズとポポンデッタとのコラボレーションによる、鉄道をコンセプトとした店舗「Cafe & Bar STEAM LOCOMOTIVE」(東京都千代田区)を運営している。2011年7月15日開店。昼間は喫茶店、夜はバーとして運営される飲食店で、店内中央には、全長20mの大型ジオラマを設置し、レンタルレイアウトとしても提供する。

同年末、ホンジュラスのコーヒー輸送列車を題材とたオリジナル製品「SLコーヒー列車セット」を発売した[11][12]

閉店店舗

渋谷店
2002年5月開店。東京都渋谷区宇田川町のビルの1室に所在したポポンデッタ初の店舗。のちに秋葉原店開店に伴い閉店した。買取・販売のみでレンタルレイアウトは設置していなかった。
ポポンデッタミニ下赤塚店
2006年2月1日開店。東京都板橋区赤塚に実験店舗として期間限定で開店し、2010年3月30日閉店。
イオンモール東浦
2008年7月18日開店。2011年6月5日閉店。
イオンモール鶴見緑地
2013年1月20日閉店。
宇都宮フェスタ
2013年4月18日開店。2015年2月1日、契約満了の為閉店。
鐡道模型堂そごう千葉店
2012年12月13日開店。2014年5月31日閉店

[13]

京急レッドトレインガーデン(品川)
2011年12月16日開店。SHINAGAWA GOOS2階の京浜急行電鉄のギャラリー『京急レッドトレインガーデン』に併設されていた[14]川崎アゼリア開店により2015年春に閉店[15]
常磐線ヒストリックギャラリー
旧土浦店(2009年7月24日開店)を、2012年2月25日に東日本旅客鉄道(JR東日本)とのコラボレーション店舗としてベルチ土浦に移転リニューアルした[16][17]。店内の一部に、常磐線の鉄道史料や、E657系を紹介・展示するスペースと普通列車グリーン車の座席を設置していた。セブンパーク アリオ柏内に新規開店に伴い2017年1月15日閉店[18]
イオンモール和歌山
2014年3月16日開店[19]。2017年5月31日閉店[20]
くずは
2014年3月12日開店。2017年8月20日閉店。
鐵道模型堂池袋東武店
2013年3月開店。2018年9月閉店。

製品

当初は新品販売と中古買取・販売のみであったが、秋葉原店でのジオラマ製作の講習会と同時に自社オリジナル商品としてジオラマキットの発売を行った。その後はジオラマ製作用品として、LED照明キットや動物フィギュアなどの他社製品を自社オリジナルブランドにて展開している。2009年には同社10周年記念として河合商会製のディーゼル機関車と貨車のセット「グリーンスイッチャー3両セット」を発売し、その後も車両製品を発売している。2012年には廃業した河合商会の製品を引き継ぎ、自社ブランドでの発売を開始した[21]。現在では「ポポ貨車」として貨車の製品化を進めている。2018年に南海電鉄3000系こうやの製品化を発表し、2019年の発売を予定し、本格的なNゲージの製品化もスタートした。

2018年に飛鳥出版をグループ会社化し、鉄道関連書籍の出版も開始した。

近年ではポポンデッタブランドの鉄道グッズも販売しており、Tシャツや靴下、文房具などを製品化している。

主な製品

  • ぽぽらま - 河合商会製のジオラマ製作用品
  • ミニジオラマキット
  • 会津砕石合格道床バラスト - 有限会社会津砕石製の鉄道模型用のバラスト
  • ZOO - アイコム製の動物フィギュア
  • LED夜景システム
  • トキ25000グリーン - 河合商会製トキ25000の塗装変更品
  • ポポ貨車 - ポポンデッタオリジナルの貨車
  • SLコーヒー列車セット - 関水金属製ポケットラインシリーズの塗装変更品。喫茶店スチームロコモティブのコーヒー輸送列車をイメージした製品。
  • 鉄道グッズ - 鉄道イラスト入りのTシャツ(トレインTキッズ)や鉄道靴下など
  • 飛鳥出版 - 鉄道関連の書籍

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 太田和伸 (2015年6月5日). 社長は税理士!型破り鉄道模型会社の快進撃. インタビュアー:小佐野カゲトシ. 東洋経済オンライン.. http://toyokeizai.net/articles/-/71973 2015年6月6日閲覧。 
  2. ^ 太田和伸 (2007年7月20日). 鉄道模型の現在、過去、未来-ポポンデッタ社長インタビュー. (インタビュー). アキバ経済新聞.. http://akiba.keizai.biz/column/6/index.html 2015年6月6日閲覧。 
  3. ^ http://www.popondetta.com/blog/cat10/post_76.html
  4. ^ http://chouchou-popon.jp/okachimachi/index.html
  5. ^ http://railf.jp/news/2017/02/28/171500.html
  6. ^ http://popondetta.com/blog/cat83/
  7. ^ http://popondetta.com/blog/cat10/in.html
  8. ^ 3月18日(金)海老名駅前のショッピングセンター「ビナウォーク」に「ポポンデッタwith 小田急トレインギャラリー」がオープン (PDF) - 小田急電鉄ニュースリリース 2011年2月17日
  9. ^ “京王八王子SCに鉄道模型店「ポポンデッタ」-京王電鉄が全面協力”. 八王子経済新聞. (2011年9月16日). http://hachioji.keizai.biz/headline/946/ 2011年9月20日閲覧。 
  10. ^ 西武鉄道創立100周年を記念して、10月12日(金)、西武本川越ペペ3階に鉄道模型店「ポポンデッタwith 西武トレインミュージアム」がオープンします! (PDF) - 西武鉄道ニュースリリース 2012年10月2日
  11. ^ SLコーヒーストーリー
  12. ^ SLコーヒー列車セット(KATO製)発売日決定。+SLコーヒーストーリー、+模型製品化の話
  13. ^ http://popondetta.com/blog/cat27/post_319.html
  14. ^ SHINAGAWA GOOSに「ポポンデッタwith京急レッドトレインガーデン」オープン! - 京浜急行電鉄ニュースリリース 2011年12月12日
  15. ^ http://www.popondetta.com/shinagawa/
  16. ^ 4階フロアに移転オープンしました! - ぶらり土浦ペルチ号(ポポンデッタペルチ土浦店店舗ブログ) 2012年2月26日
  17. ^ 土浦駅ビル「ペルチ土浦」に「ポポンデッタwith 常磐線ヒストリックギャラリー」がオープン! (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2012年2月21日
  18. ^ http://kaiten-heiten.com/popondetta-with-jobanse-hg/
  19. ^ http://popondetta.com/blog/cat83/post_307.html
  20. ^ http://popondetta.com/blog/cat4/post_116.html
  21. ^ 2012年11月の宮沢模型秋の商売繁盛応援セール(小売店対象の商談会)のポポンデッタブース内で旧・河合商会の鉄道模型部門の引継ぎを報告。RM MODELS 2013年1月号 ネコパブリッシング刊。

外部リンク