イオンモール太田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール太田
ÆON MALL OTA
AEON Mall Ota.jpg
店舗概要
所在地 373-0808
群馬県太田市石原町81[1]
座標 北緯36度17分38.5秒 東経139度24分1.6秒 / 北緯36.294028度 東経139.400444度 / 36.294028; 139.400444座標: 北緯36度17分38.5秒 東経139度24分1.6秒 / 北緯36.294028度 東経139.400444度 / 36.294028; 139.400444
開業日 2003年平成15年)12月5日[1]
施設管理者 イオンモール株式会社
設計者 株式会社大本組[2]
施工者 株式会社大本組[2]
敷地面積 120,008[3]
延床面積 95,969[3]
商業施設面積 60,504[3]
中核店舗 イオン太田店
店舗数 ÆONと170の専門店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 4,200台[1]
商圏人口 約67万人、約23万世帯[2]
最寄駅 太田駅
(路線バスで約10分)
最寄IC 太田桐生IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg

イオンモール太田(イオンモールおおた)は、群馬県太田市石原町に所在するイオンモール株式会社が運営するモール型ショッピングセンターである。

概要[編集]

2003年平成15年)12月5日(プレオープンは同年12月3日)、イオンモールにおいては群馬県内初のリージョナル型ショッピングセンター(RSC:広域商圏型SC)としてオープンした。

建物はエンクローズドモール型で、全長217mのモール部の中央通路(2階部分)の天井をガラス張りとしており、吹き抜け部の高さは16m、1階部分の通路幅は8mを確保している[2]。店舗面積は60,504[3]、駐車場収容台数は4,200台[1]で、ハートビル法認定店舗でもある[3]

敷地内にはモールとは別に温泉施設やガソリンスタンドも設置されている。また、モールの前を国道122号と太田市道太田環状線(太田環状線)が走っているが、2008年3月8日に北関東自動車道太田桐生ICが開通し、なおかつ国道122号に接続するため、週末には店舗周辺が混雑し、駐車場もほぼ満車となる。

来場者は、群馬県内では太田市のほか伊勢崎市桐生市みどり市館林市[4][5]邑楽郡大泉町、邑楽郡邑楽町からの来客が多く、隣接県では栃木県足利市[6][7][8]などからの来客が多い。

オープン時は群馬県唯一のモール型ショッピングセンターであったが、群馬県内2店舗目として2006年10月20日に「イオンモール高崎」がオープンし、2007年3月10日には「けやきウォーク前橋」、2008年11月20日には伊勢崎市に「スマーク伊勢崎」がオープンした。近県でも2007年11月2日には同じ国道122号沿線である埼玉県羽生市に「イオンモール羽生」がオープンしている。

太田市とその周辺地域には外国人が多く居住しているため、日本国外の製品も販売されている。また、かつて太田駅前南口にはユニー太田店が出店していたが、当モールが開業してからは客数が減少し、併設のベルタウンとともに2007年1月14日に閉店となった。

沿革[編集]

主なテナント[編集]

2012年8月3日現在[10]

核店舗はイオン太田店である。専門店テナントはおよそ170店舗(2010年4月23日現在)が出店している[3]

出店テナント全店の一覧・詳細情報については公式サイト「ショップガイド」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

イオン太田店[編集]

1階は「食料品と美と健康・暮らしのフロア」、2階は「ファッションとキッズ・ホームファッションのフロア」である[2]。 1階売場は開業当初24時間営業を実施していた[2]

駐車場[編集]

モールの3・4階が立体駐車場となっているほか、モールの東西地上部に大型駐車場が設置されている。バリアフリー対応の駐車区画も用意されている。詳細は公式サイト「駐車場のご案内」を参照。

トイレ[編集]

各フロアに「みんなのトイレ」と称する多機能トイレが設置されており、一部はオストメイト対応となっている[10]。1階サウスモール部には子供専用の「キッズトイレ」が設置されている[1]

交通アクセス[編集]

矢島タクシーにより東武鉄道 太田駅から当モールまでの路線バスが運行されている。詳細は公式サイト「バスのアクセス」を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]